keroさんの面白レッスン日記(週2更新)

コメント: 1177
  • #1177

    調教されるケロ٩( ᐛ )و (金曜日, 01 7月 2022 00:45)

    今日も2時間スローフォックスをお願いしました〜
    まだまだスローが踊れない、不安ばかりなので今踊まで追加のレッスンを入れて踊り込みたいと思います。

    最初のお題は、胃袋にご飯を入れた時に重みをまっすぐにして踊ること。
    膝が曲がった状態ですが?それで良いと校長先生が言っていました。
    そして恥骨にまっすぐに下ろした重みの両サイドの足、左右の寛骨は上に上げながら踊るおいうことです。ひえ〜。今まで踊っていたダンスと全く違います。
    そしてその重みを床の下まで下ろして踊るということ。そうすると膝を曲げても床にちかくならないということです。
    二つ目のお題は、物凄く良くわかった。胃の外壁で踊るということ。それは胃の中を包むということ。包む感じはどこにも当たらないということ。床も滑るように進めていく。
    どうしてもケロは床を踏みつけてしまいます。そこでずっと前に先生のレッスンで言われた四天王が怖い顔で邪鬼を踏みつけている、けれど足をそっと浮かしている。そのことをイメージしました。ちょっと上手くいきました。
    三つ目のお題は、肩、鎖骨を合わせるということ。先生の鎖骨の端から出ないようにする。その枠の中で踊るということです。そこでケロの欠点。。。ケロはどうしても自由に動き回ってしまうようです。じっとしていない。だから先生が「ダンスというより調教している」と言っていました。リーダーと2人で漬物石の重力を使って滑るように踊ることがスローの良さのようです。また次のレッスンでも調教されます・・・(T ^ T)
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1176

    ケロナースは不感症だった(T ^ T) (水曜日, 29 6月 2022 23:05)

    水曜日の夜は校長先生のレッスンはお休みなのですが、お願いして、全然踊れないスローのレッスンを入れていただきました。感謝、感謝、感謝(๑>◡<๑)

    今年のケロは色々な面で停滞気味。そして還暦前にしてこのまま同じように生きていたら駄目だなぁ。何処かで切り替えなくっちゃ。でもどうやって?とずっと苦しんでいました。
    今日、先生にお願いしたことでちょっと見えてきました。それは・・・
    人生を看護師として生きてきたことによる弊害。女性ホルモンを凛々しくして生きてきたこと。(男性ホルモンが無い!?)そしてナース特有の感情労働。泣きたいくらい辛い時も患者の前では平静に仕事をこなすということ。校長先生が「ダンスは感情を表現しなくちゃ」「ケロさんは不感症」と言われました。あ〜、マヤさんもMOMOさんもだよ〜うしし^ ^

    これからは、普通の女性として人として生き直すことがケロの目標です。
    終末期の看取りや認知症や高齢者、障害者、難病患者さんのためにはエキスパートでいたいと思うけれど、ひとりの人間として女性としては、偏っているな〜普通でいたいな〜

    今日のお題は「女性ホルモンと男性ホルモン」「内分泌と外分泌」でした。で、けろは内分泌の周りに脂肪がついていると。痩せろということでなくて排水が詰まっているそうです。
    でこれからの目標はこの内分泌の通りを良くすること。
    それは顎先発で外を通って恥骨に巡り、そこから生殖器、腸、胃、肺などを通ってまた顎先に戻る。また顎先から発信されて恥骨に戻る。この循環です。
    そして胃から背骨の神経に広がっていくことも大事。尾骶骨から下に広がりを見せることも。反対に背骨から上に上がって見せることも。
    なんだかまだ覚えたてで不感症のケロにとって未知の世界?いやいやきっと昔の昔、若い頃には男性ホルモンもまだあって女性ホルモンも当然あって。イキイキピチピチとしていたと思います。ところが大人社会の中で、看護人生の中で何処かに置いてきてしまったようです。スローは男性は女性ホルモンでパートナーの男性ホルモンを踊らせる。女性は男性ホルモンでリーダーの女性ホルモンをつかせて踊ることもするそうです。この男性、女性ホルモンの二つが外分泌としてしっかり持っていること。つまり男性ホルモンって何?それは「距離感」だそうです。。。う〜んとリーダーにべったりついて踊ると違って、女性が男性ホルモンを使って踊るということ。そうすることでトップが大きく見えるそうです。
    明日のレッスンでも内分泌、外分泌の修行をしていきます。
    校長先生、今日はありがとうございました。ケロケロ

  • #1175

    スクールメイツのタンゴは足で繋がって踊る (火曜日, 28 6月 2022 22:57)

    今までの幾つも仕事を抱えた状態から、際限のない仕事量だけれど、仕事部屋も変わって、あらゆる重責から少しだけ解放されて、お昼休みもちゃんと取るようにして・・・
    だっけど!暑いなぁ! (T ^ T)  この夏超えられるのだろうか?
    胃の底上げて頑張ろうっ と思っていたら校長先生にその左右横の網も上げてと言われました。やったるぞぉ。 ٩( 'ω' )و

    今日のスクールメイツは全員出席でした。良かったなぁ。エンディングまで通しました。
    はるえ先生が「みんながみんなのステップを見て踊っている」と言っていました。バラバラのようです。
    校長先生は「最後までタンゴらしく踊るように」と言われました。頻繁に違うものが入るらしい・・・何?何?何?
    で、タンゴは手で踊らない。腸と生殖器と臀部と膝上。この四つで踊る。そして相手と足で繋がるということです。MOMOさんと練習です。これならドラッグも上手くできそうです。足を繋げてMOMOリーダーは一生懸命にケロを踊らせようとします。ケロもリード&フォローでMOMOリーダーに踊ってもらおうと思います。 センターで踊るから格好良く踊りたいです。( ✌︎'ω')✌︎ 今踊まで頑張ります。
    校長先生、はるえ先生、ありがとうございました〜ケロケロ

  • #1174

    2022今踊前のスリムチャンス。今年こそ٩( ᐛ )و (日曜日, 26 6月 2022 17:32)

    今踊前のスリムチャンスです。毎回、結果を出せないケロです
    校長先生も今度こそって、思っているんでしょうね〜(*´◒`*)

    痩せるお題でした。それは胃の底を大網(消化器を包む脂肪の網のことです)を使って上に引き上げるようにということでした。
    そうすることで癒着していた大網が緩んで、その脂肪がストレッチして痩せるかも?!
    そして胃の外壁と胃の中壁を使ってトレーニングです。出た汗は胃の中からの汗だそうです。頭がクラクラします。ほけ〜っと。違う世界に行ってしまったようです。
    で爪の使い方。若いキヨさんは爪の白いところを使って消化器に届くように運動していますがケロたちは、もう、もうただただ動いているだけ・・・それでは痩せない。
    消化器に届かせるようにして爪を使っていきます。
    この間のレッスンで教わったことが今日整理できました。
    それは相手と胃の外壁を合わせて、胃に中で踊るということ。爪の部分のアナログ世界。
    スローは胃の外と中とステップによって使い分けるので難しいということでした。
    なるほどです。(^.^)次のレッスンの時にまたやってみようと思います。
    校長先生、はるえ先生、ありがとうございました〜
    今年こそ、痩せそうな気がしますが、、、ソフトクリームが美味しいです( 'Θ' )ケロケロ

  • #1173

    気管支分岐部から左右のずれ (土曜日, 25 6月 2022 23:03)

    95歳のおばあちゃんが昨日、施設入所となりました。服や下着、タオルなど全てに名前を書いて持ち込みました。コロナ感染対策のために次に会えるのは3ヶ月の、それもリモート面会10分だけです。早くコロナが終息してほしいです。ϵ( 'Θ' )϶

    1時間目のはるえ先生のレッスンです。ピエロケロ頑張ります。٩( ᐛ )و
    モダンは手を離したステップでも手を組んだ時のように、リードして踊るということ。
    それが二人の外の空間を見せて踊るということ。例えば、マンボのベーシックステップでもその空気を動かすことで相手に伝わり、足を後退させたり、前進させたりできるということ。足だけで前後にしても動けない。うんうん、確かに。。。だから空気を動かす大事だな。

    校長先生とのアルゼンチンタンゴ。今まで背中を意識して踊っていましたが、今日はフロントの作り方を教わりました。それは気管支分岐点、左右に分かれる枝の内腔、それを上下にすること。それも右左だから4つの動きになるということです。
    アルゼンチンタンゴはトップバストから、この分岐点の枝の間の狭い空間で踊るということでした。
    スローフォックスは全然ダメ。前回の胃の上下を細くして踊ろうとか、色々と考えているうちによく分からなくなってしまいました。とほほ(T . T)
    で足指以外のデジタル部分の横棒で踊ることの復習です。横で踊るって難しい。どうしても前後になってしまいます。そこで気管支分岐点の左右の枝です。これを前後でなく、左右にずらすということ。そうすることでバックのネックと腰のラインが自然にずれてくる。横が使えてくる。そして分岐点から上はアナログの部分で自分で魅せるところです。
    トップバストから分岐点、肩ライン、上顎。この三層を高い位置で維持して踊ります。高い位置とは先生がお盆の上に乗せて踊るようにするからだそうです。
    スローは本当に難しいです。でも本当にスローを踊ろうとするからだろうなぁ、
    足だけで踊っているスローと違うからだろうなぁ、スローで何を魅せるのか?
    悔しいから、もう少しやってみなくちゃです。校長先生にお願いして来週のレッスンを増やしていただきました。先生のお休みの日のレッスンです。有難いです。よろしくお願いします。校長先生、はるえ先生今日も大変ありがとうございました。ケロケロ
    明日は今踊前のスリムチャンスです。じりん先生も頑張りましょう。。。( ✌︎'ω')✌︎

  • #1172

    100%のフルボディで踊らない (木曜日, 23 6月 2022 23:51)

    女も外に出たら、毎日が闘い。特に医療や介護現場は女性の多い職場なのでね〜。
    ましてや人の命や健康を携わるので責任重大です。だからこそチームワーク、役割分担が大事なのだけれど・・・
    今日の久しぶりの個人レッスン。新しいお題を沢山いただきました。
    幸せだったなぁ(*´◒`*) 
    アルゼンチンタンゴのお題は、先日のスクールメイツの指以外の踵までの串差し横棒
    その部分以外の手足の指の部分をどう使うか教わりました。串差し部分の足の甲や手のひら部分が肉体で、自分で真っ直ぐ作るところ。指の部分は機能するところでリードを受けるところ。それも手指が右耳。足指が左耳につながる。だから身体の中心で踊ることはないということです。指の引っかかりって大事だな〜
    次のお題は、ラインをどう見せるか?その掌部分は胃に当たります。胃の半分にして上下を別々にして細くする。アルゼンチンタンゴは胃の半分下の太ったところを合わせる
    スローは上下を別々に細くしていくとフルボディで踊る、苦しさがないです
    そして左右の肺、肋骨。それも肋骨上部は胸骨に、肋骨下部は腰骨につなげて
    先生のそれと合わせて串差しのようにして、、、
    そしてスウエイのことも理解できました。左右の肺の部屋の上部、もしくは下部を潰して平行四辺形をつぶす感じ。それに上下の肋骨の合わせているところ、下の上と上の下。その境に肩のラインを合わせてみるということ。今日は大、大、大収穫です!
    ケロのレッスン後はMOMOさんとヤマさんのレッスンを見学。
    スクールっていいな、学ぶっていいな。幸せな空間だなぁ〜
    校長先生、今日も大変ありがとうございました〜次も頑張りますケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1171

    足が乗っている、乗っていない、の合流点 (火曜日, 21 6月 2022 23:08)

    ケロの仕事の話
    6年間背負ってきた責任から解放されました。次世代の職員に任務交代です。
    今日、今まで不安で捨てられなかった資料の山を全部処分出来ました。
    「な〜んだ、自分だけが怖くて捨てることが出来なかっただけなんだ〜」と。立場が変わると大事に保管していた資料もただのゴミなんですね〜。
    で、今までの宝を捨てた分、いやそれ以上の新しいモノをこれからどんどん手に入れていきたい。。。還暦間近でもケロの新たな人生はまだまだ欲張りです。にゃはは〜( ´∀`)
    スクールメイツに行きました。MOMOさんと踊ることも楽しみです。
    今日は校長先生が「はい、最初から」と何度も言ってくれたので、たくさん踊れたので楽しかったです。それにどんどん新しいステップが追加されて・・・そうそう、この感じ。
    今日のお題は、はるえ先生が生徒さんの横が使えていない=校長先生のお題、足が乗っている、乗っていないの合流点です。
    足指の部分を外しての踵までの部分、横に串刺しのように横棒を相手と合わせて踊るということ。兎角、私たちは前後のまっすぐの棒で床に立ってしまいますが、そうすると一つの動作しか出来ない。このくし刺し横棒を使って踊ると相手との組体操みたい。。。
    体がバラバラに動けるということです。リーダーMOMOさんの横棒を意識して踊りました。自分自身のふらつきも少なくなります。
    個人レッスンでもやってみよ〜っと。校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜。次もよろしくお願いします。ケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1170

    水の中に足を入れて踊る (日曜日, 12 6月 2022 15:22)

    1時間目のはるえ先生のブラックシューズです。
    スローの合わせところが耳でした。二人の二つの耳を平行四辺形のようにして踊るようにしました。そうすると「スロー」なのに伸びのある速いダンスに踊れるようになると言うことです。憧れますがリーダーケロはまだまだ出来ません(T . T)

    2時間目のアルゼンチンタンゴは、前回の先生の右手につくということを意識して踊ってみたら、自分が何をしたら良いかが理解できて最後まで迷わずに踊れました。
    今回のお題はスローで教わった気管支上が筋肉、気管支上が関節の逆の動きということ。そして、足の使い方ですがつま先ではなくて踵に集めてくる動きを練習しました。
    そして一白水星のケロに対して、先生は床の上に立つのでなくて床の下にある水の中に足を入れて踊ることを教えてくれました。ただし左足は水の中だけれど、右足は浮き輪をつけて浮く足。
    3時間目のスローはその水の中に足を入れて踊りました。なんとか先生についていくことができました。じりん先生とマヤさんも同じようにワルツで練習していました。難しいようです。校長先生も「水」ということは今まで考えたことは無かったようです。
    またダンスが進化していきます。
    校長先生、はるえ先生、ありがとうございました。ケロケロ

  • #1169

    気管支の上と下 (木曜日, 09 6月 2022 21:50)

    1時間目のアルゼンチンタンゴのお題はアラベスクライン
    アラベスクとは唐草模様。。。ガウチョのステップもリーダーとアラベスクのラインでからまるようにすると言うことでした。

    2時間目のスローもアラベスクラインで足を運ぶように言われましたが、もうそこで撃沈です。
    そして今日のお題は気管支の上は筋肉で、気管支の下は関節で踊ると言うこと。
    そこを先生と合わせて踊る。両腕も同じように二層にしていきます。
    そうすると少しは上下だけのボディではなくて弾力があるようなダンスを踊れました。
    校長先生、今日もありがとうございました。ケロケロ

  • #1168

    内分泌と呼吸 (火曜日, 07 6月 2022 22:58)

    先日の日曜日、朝5時に起きて診療所の草取りに出かけました。早朝から大勢の会員さんたちが集まって診療所の敷地を綺麗にしてくれました。蛇塚のある藤の木もさっぱりと剪定されて弁財天様もとても喜んでいました。診療所やデイサービスを地域の方々が支援して、とても嬉しい!また頑張ろう! 
    そして今月はスクールの草取り、梅もぎがあるのでまた楽しみです。( ◠‿◠ )

    スクールメイツの今日のお題は、外とつながる呼吸と自分の中の内分泌でした。
    校長先生曰く「スクールでは呼吸のダンスを教えてきたから、そろそろ内分泌のダンスを理解しようと」と言うことです。どうも先日の個人レッスンの内分泌とはまた違うのか?
    内分泌は自分を強くして、こっちに来いというリーダー的な動きとも言っていました。
    そして内分泌は身体のあちこちにあるようです。右脳、左脳、そして臍。
    また右脳と左脳が分かれているのに動いていないナースダンサーの3人・・・٩( ᐛ )و
    どうやって使い分けるのか?それは左右の上肢を頭につなげると言うこと。前腕を動かしても頭は動かない。左右の上肢を使って左右の脳みそを動かす。ほほぉおお〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    内分泌はまだまだ修行が必要です。校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました。ケロケロ

  • #1167

    右肩と左肩の二重構造で踊るダンスの方がええよ٩( ᐛ )و (土曜日, 04 6月 2022 23:20)

    生きているうちには本当に毎日、毎日色々なことがある。
    ましてやケロの年になると人との死別が多くなって切ないなぁ〜。で、ケロは考えました。
    「とにかく、これからも逞しく生きていこう!」「それも楽しく生きていこう!」と。
    そうそう長いようで短い人生だから。120歳までもっとダンス踊らなくちゃ。。。

    と言うことではるえ先生のレッスンです。今日のお題は外の景色を変えるように踊ると言うことと、左手の肘の外はパートナーの左手の肘に外に繋がるように言うことでした。
    ダンスが広がる感じがします。
    校長先生のアルゼンチンタンゴ。一発目のフニッシュ、右足上げが決まったあ!と思ったら太ももの肉離れの痛みが・・・いててててて(T . T)
    でも大丈夫です。楽しく生きていくんだから・・・で今日のお題は筋肉ではなくて臍の後ろの内分泌を使って踊ること。それは観ている人たちに「良かったね〜」ではなくて「また観てみたい」と思わせるダンスだそうです。頑張ろう。。。
    スローは内分泌で踊るな〜んて程遠いわ〜、重いスローでした。自分でも分かります。
    そして今日のお題は右肩に自分の頭の重みを受けて。左肩に身体のステップをつなげての二重構造。先生のそれと合わせるのだけれど。左肩は点。右肩は線。ケロは左右同じ肩でついていましたがそれではダメ。左右の肩の使い方を教わりました。良かったなぁ。
    まだまだダンスは奥深い、だから頑張って生きていこうっと!

    ところで今日もMOMOさんは体調不良で、校長先生の治療レッスンを受けました。
    帰る頃にはすっかり元気になって良かったですコンコン
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1166

    何よりも宇宙の真理を! (木曜日, 02 6月 2022 23:34)

    だめだぁʅ(◞‿◟)ʃ
    今日の夕方、リモートで看護師であり名誉教授である方の学習会がありました。若いドクターが「感動して涙が出ました」と感想を述べていましたが。。。
    ケロにはまああああああったく感じるものがありませんでした。年を取ったからか?
    いえいえ、校長先生の宇宙の真理のレッスンを受けているケロは、他の人間界の話に興味が無くなっているのが分かります。今日の校長先生のレッスンもとても良かったぁ〜。自分も周りも元気に幸せになる、そんなダンスレッスンをいただきました。ルンルン♪( ´θ`)
    アルゼンチンタンゴは、足の魅せ方、使い方。それは上からだけと下からだけと上下双方からの足の使い方があるということ。一本ではない。そしてケロの顔のこと。ケロケロカエル顔のことではないです。生殖細胞と肉体細胞のことで顔の前と後ろの使い方。その境は内耳です。例えば虚は左内耳、実は右内耳。そこで顔の横を作ると必然的にボデイの横も造られる感じでした。もう一つ大事なことはケロはどうしても内から外に見せようとしている。その反対、外から内に向かって踊るということ。これって先生のレッスンを受けないとわからないと思います。とても大事なこと。
    スローのレッスン。毎日仕事の山をこなしているけろ、重いそうです。で、どうやって克服するか?神様の座標軸と人間の座標軸を一つにまとめない。平行にずらす。
    それはまた横隔膜の精神と肉体のズレにも通じているようでした。横隔膜を縮めてずらすと。うふふのふ〜。凄いですよ〜肩のずれや抹消までのずれに繋げるのだけれども先生の言う「ケツ」から( ◠‿◠ )。。。観ている人たちの可能性を創出させると言っていました。
    だから校長先生が言う大宇宙と小宇宙の真理を勉強することは自分にとっても周りにとっても幸せだと思うんです。
    先生のレッスンを受けることで何よりもケロはとても元気になります。あ〜良かった。良かった。校長先生、今日もありがとうございました〜踊るって楽しいです(*´◒`*)ケロ

  • #1165

    オフで踊ること (火曜日, 31 5月 2022 23:26)

    スクールメイツから帰宅後、23時の遅い夕食を取りながら新聞のお悔やみ欄を見ていたら。。。ケロがお世話になったお婆ちゃん看護師さんの名前が・・・そうか、そうか。
    彼女は70歳過ぎて耳が遠くなって医師の口頭指示が聞こえにくくなっても、一生懸命働いて、若い看護師をいつも温かい目で見守ってくれていたなあ〜ケロの愛する看護師さんだった。。。いつか自分もあんなふうにふうに年を取って看護師として働きたいなぁっていつも思っていました。合掌。

    で今日は2時間かかる理事会も1時間半で終わらせて???スクールメイツに参加しました。前回のPSSのステップをMOMOさんと習得しなければ!
    レッスン開始前にMOMOさんとハルエ先生に教わって予習です。先生、ありがとうございました=イメージが掴めました( ◠‿◠ )
    で、今日のお題はオフバランスで踊ると言うこと。床にオンした状態では踊れない。
    全てがオフバランスで踊ります。オンは二人のホールドの上だそうです。だからその下のボディは自由にスウエイがかかる状態です。
    そして今日のケロにとっての目玉はキャピ〜ん!
    ダンスは同じところで踊らない。次のステップが例え同じ脚の位置であっても違うように踊るということ。そうでないと次のダンスが出来ないということでした。
    あ〜なんか分かるなぁ〜。特にダンスをケロの人生の1番にして変えたこと。今日の理事会の運営もそうだけど。いつまでも仕事を一番にしていたら自分が破滅しちゃうということ。幸せになるには自分で変化させなくちゃ。そうシンカしない・深化・新化・進化。って「シンカ」だけでもこんなに漢字がたくさんあるなぁ〜。
    はるえ先生の予習させていただいたのでPSSも出来ました〜。ヤッタァとMOMOさんとガッツポーズ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎校長先生。ハルエ先生、今日もありがとうございました。

  • #1164

    ダンスの醍醐味が満載でした=!!! (土曜日, 28 5月 2022 22:58)

    前回のレッスンで校長先生に切ってもらったケロの頭の中はとても風通しが良くなりました。スースーしてます。元気です。
    前回。「これからの生き方を変える」と宣言しました。このままの生き方を続けていたらも120歳まで身体がもたない。1に仕事、2ダンスを
    1に自分の健康や生き方にためになるダンス。2に仕事。そうそう、コロナ前と同じじゃいけないよと先生も言っていた。世界も宇宙も変わる。だからケロも変わらなくちゃ・・・
    そのほうが周りも幸せになる気がします。(*´◒`*)

    そして1にダンスにしたケロ。今日の3時間のレッスンはダンスの醍醐味が満載でした。
    すっごく幸せ!もっともっとダンスを踊りたいし知りたい気持ちが倍増です。
    はるえ先生のレッスンでは両手のバランスがどうしても落ちてしまうケロです。はるえ先生が胸骨突起を境に左右に部屋があって渡り廊下で行ったり来たりするだけで、一つにしないこと。そして音楽の取り方。上から聞いた音楽を喉仏を通してお終いにする。耳の横を降りてきた音楽を肋骨横で外に出していく。出した先に足が来ると言うこと。
    これは凄いよ。納得です( ◠‿◠ )
    校長先生のアルゼンチンタンゴ。前回の虚を合わせることを踊っていたら、最後まで迷わず踊れました。先生が虚を踊ることで無になり、その先に空があると。
    虚は理解できたけれど無とは?どんな感覚なんだろう???
    そしてお題は角度で踊ること。45度。90度。135度です。アルゼンチンタンゴは臀部と肩甲骨をその角度で踊ります。マヤさんのワルツは鎖骨と鼠蹊部でその角度を踊ります。
    ケロのスローはちょいと特殊のようですが鼠蹊部で足を45度90度と135度はスローオーバースウエイの左足でした。
    そしてケロの毛穴が前回詰まっていて、今日も毛穴のダンス。それは耳で音楽を取ることがなくなります。全身の毛穴で音楽を聴くことができます。先生と毛穴でコンタクトを取るとゾワゾワするとじりん先生が言いました。見ている人が目を追っていくダンスになるようです。そして大事なのは喉仏。私たちの首にある二本線の間で踊るのは普通。その上とその下で踊る。。。。あ〜そうすると自分でないところで踊る、ボデイ、これが無なんだ〜。
    すっごいなぁ〜そしてこれを繰り返し踊ると毛穴が開放されて身体が楽になり、軽くなりました。ダンスで生きていくことは幸せですね〜.♪( ´θ`)
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました=( ◠‿◠ )

    追伸:元気になったケロはマヤさん、MOMOさんに確認しました。
    暮れのシスターズ再結成です。何の仮装を先生や皆にさせようか?めっちゃ楽しみです。
    はるえ先生、また宜しくお願いします〜ケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1163

    カワサキセンセイノダンスハ、スバラシイ!!! (木曜日, 26 5月 2022 22:44)

    大事な人の命を看取ると言うことは、こんなにもその後に影響するんだなぁ。。。
    25年前にケロのお舅さんを自宅で看取った時も1年ほど駄目でしたが、今回も親戚のお爺さんを看取った後、心はスコーンと良くなったのに頭の中に何かが充満していて切替ができませんでした。二人ともケロのことを娘のようにと大事にしてくれたこともあって、真剣にケアしたことの反動。抜けきれなかったと思います。校長先生もそう言っていました。
    今日、2週間ぶりに個人レッスンに行きました。お爺さんでいっぱいになっているケロの頭の中を先生が斬って余白をつくってくれました。初めて涙が出てお爺さんが成仏してくれたのがわかりました。ケロの体の中からお線香の匂いもすると・・・毛穴からそれを抜けるようにとレッスンをしていただきました。
    アルゼンチンタンゴ。前回の盲腸の虚の部分です。パソコンで言うとギガの空き容量。
    ここを舞踊という入力をして頭につなげて「空」を踊ると言うこと。実で踊らない。
    この虚。ギガを先生と合わせて踊るようにしました
    ギガは体の窪みも使います。ケロがここが細くなってほしいというウエストの窪みなどもそうです。痩せるそうです。一番期待したいところです( ◠‿◠ )
    スローも虚で踊るようにしたいのですがなかなか難しいです。今の仕事が実を求められるから・・・そこで先生からケロの悪戯こいてた時代の過去をから未来につなげるようにしなさいと言われました。過去は尻尾をリーダーに掴ませるように踊る。
    そして未来は1年単位の未来を見せる。そうすると観客にも分かりやすい
    そして時間軸はXとY軸だけでなく、Zの横バランスがあって、そのバランスを持っていつでも安定飛行することが大事だそうです。
    本当にカワサキセンセイノダンスハ、スバラシイです!!!
    ケロの頭の中も余白ができて生き延びた〜嬉しい。元気になった。声を出して笑っている自分がいます。幸せです。先生に感謝です。ありがとうございま〜す。
    またダンス踊りたい気持ちが復活してきました。良かった。良かった。
    次も虚を使って舞踊修行をしていきます。よろしくお願いします。ケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1162

    盲腸をもうちょうっと良くしてと言いました (火曜日, 24 5月 2022 23:06)

    義姉のお舅さんを自宅で看取りました。
    94歳のお爺さんは老衰で一口も水が飲めない状態でしたが入院を望まず家で看取ることになりました。姉夫婦から「医者も私たち家族の言うことも聞いてくれないの。お爺さんが信頼しているのはケロさんだけ」とお願いされて、毎日仕事を終えると高速を使って介護のサポートに行き、最後はお看取りと処置を施し。義姉の親族と同じ行程で葬儀にも参列しました。山積みの仕事を整理したいと2週間レッスンをお休みさせていただきましたが、仕事に当てられたのは数日だけで、きっちり2週間このお爺いさんに引き寄せられていました〜不思議です。でも可愛がっていただいた方なので恩返しが出来て良かったと思っています。
    マヤさんが「忙し人ほど色々な事が起きるんだね〜」と。うふふ、そうなのよ〜(/ _ ; )

    今日からまたレッスン再開です。修行のやり直し。頑張ろう٩( ᐛ )و
    今日のお題は盲腸でした。ケロは盲腸太りだそうです。誰かさんと一緒だそうです。( ◠‿◠ )
    盲腸は虚、仏様。盲腸以外が実、神様。この虚実を交互に使って、男性と女性で分けて使って踊る事が大事と言うことでした。盲腸を使うと痩せるとも!!!
    で、頭がボケっとしている人はこの盲腸をパンと叩いて喝を入れる。
    お笑いの「今いくよ・くるよのお姉さんたち」みたい。ボケっとしていたら、ここを叩こう。。。職場スタッフのOさんが「ケロさんはどうしていつも挑戦して走り続けているのですか?原動力は何ですか?」と聞いてきたので「患者さん、つまり周りにいる人の為」と答えました。そう、ボケっとしていられない。自分の為にも周りのためにも盲腸鍛えるぞ!
    はるえ先生が「盲腸を使って踊るんなら、もうちょうっと良くして」
    な〜んて、キャはははあ。可愛いです。( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    校長先生、はるえ先生、今踊に向けてまたがんばりま〜す。よろしくお願いします(*´◒`*)

  • #1161

    生きていくって大変だに٩( ᐛ )و (木曜日, 05 5月 2022 23:25)

    ケロの連休も今日が最後。パソコンから離れて家の中の片付け、庭木の剪定など体を動かすことをしていました。で、書棚も整理してヨガの本を開いてみた・・
    「ワシのポーズ」・・・イタタタた〜。五十肩に坐骨神経痛が・・・絶不調です( T_T)
    生きていくって大変だなぁと最近つくづく思います。そしてやっぱりダンスの方がいいや。。。

    今日のスローのお題はネックとウエストでした。ネックの周囲を使って踊るということ。どこに集約するか「顎先」、頭てっぺんに持っていかない。さらにネックをボディに沈める。ネックを頭の方に浮かせるようにするなど上下の動きもしていきます。
    そして鎖骨真ん中を閉じて、肩甲骨を開くようにする、先生の鎖骨の右左とつくところも変化するということ。で、大事なのはPPの時に右手は胃の壁で、左手は胃の壁の周りで左右の手を違えるということ。胃の真ん中は使わない。
    アルゼンチンタンゴは、ネックをしっかり意識して踊ることを前提に、リーダーがウエストをリードするということを教わりました。ネックも喉仏と周囲を別々にして使います。
    さらに今のケロの弱点は「胃の右上部の癒着」これが右頭部の頭痛を引き起こしているということ。右首こりと右五十肩もそれによるものなのかなぁ・・・
    で胃の真ん中、胃の壁。胃の周りの壁、この三つをきちんとバラバラにすることで、頭が解放されて右、左と使えるようになります。
    職業病も改善できるかも!?校長先生、今日も大変ありがとうございました〜ケロケロ

  • #1160

    女は左で、男は右で、さあやってみよう! (火曜日, 03 5月 2022 23:14)

    GW中のスクールメイツのレッスンです。
    リーダーが3人お休みでした。それで今日は女性のダンスについて教わりました。
    3歩だけステップが進んだよ〜それに美味しいプリンも頂いたよ〜( ✌︎'ω')✌︎

    最初のお題はヒールを使って踊ること。とかくつま先だけで踊ってしまいますが、床から立ったダンスではそうなってしまう。上から降りてくるダンスはつま先からヒールまでの幅で外からの情報を取り入れます。そして外からの色々なストレスは手首足首までで終わりにする。ダンスもそのように踊ります
    二つ目のお題は自分軸で踊るためには、女性は左軸で男性は右軸で徹底して踊るということ。ちなみにこれはスタンダートだから・・・ラテンでは男性が左軸を使うこともあるそうです。
    で進んだステップはリバーストップ・コントラチェック。これは男性が上手に女性を運んでいかないと出来ないなあ〜。女性は連れて行かれるだけで良いということ。
    そして最初からそこまでのステップのおさらいです。MOMOさんの代わりにはるえ先生にリーダーをお願いしたら、細かいところまで明確になりました。みんなバラバラだったステップが整理できました。来週はMOMOさんと踊れそうです。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ♪( ´θ`)

  • #1159

    種目の違いに凹んでいます (日曜日, 01 5月 2022 00:16)

    (T . T)朝から晩まで仕事をしているのに一向に減らない。むしろ増えている。
    頭の中がパンパンになっています。
    あ〜早くレッスンに行ってピエロにならなければ・・・なんのこっちゃʅ(◞‿◟)ʃ
    今日はマヤさんがいないので、4時間一人じゃ寂しい。MOMOさんを誘って一緒の時間のレッスンをお願いしました。今日も一緒です。「お母さんといっしょ」TV番組か〜

    はるえ先生のレッスン。今日はスローの基本です。プルは胸・上肢・肋骨下の三角で体温計を脇に挟むように引く。その反動で反対側の腰から下が前に出る。
    このボデイが左右別々に動く運動がスロー。ワルツは上下別々に動くということ。
    そしてリーダーは女性を遠くにやったり、コレクションといって集めるようにしたりするということ。ヒールターンがそうです。ふむふむ

    校長先生のスローレッスン。頭の中パンパンのケロ。固いようです。先生が連れて行くのに大変のようです。そこで頭蓋と頭脳の隙間に風を吹かしてと。隙間を作るということは鼻と上の口の間をイメージする。そこをホールドして男性は踊るそうです。
    そして皮(皮膚)で踊るようにと。
    ケロは実が強くて丈夫な体を持っている。しかし皮を使って踊るようにと言われました。ちなみにMOMOさんは体質で皮が優しすぎるので胃の中心・胃の皮・胃の周り。この三層を使ってしっかり踊ることで皮もしっかりしてきます。ふむふむ

    アルゼンチンタンゴのレッスンでは、実を踊るように言われましたが、どうも2時間受けたスローの考えが抜けなかったようです。全然ダメでした。
    で、アルゼンチンタンゴとは。女性は男性との距離を一定に保つこと。
    男性が床をプッシュするその強さを感じて女性も同じようにプッシュしたり、時にはプルで同じ距離を保つ。女性は距離に変化をつけないようにするので、男性は複数の女性を相手にするように踊って変化をつけて踊るということでした。それがアルゼンチンタンゴの醍醐味かな〜
    今日の3種目のダンスで、踊り方の違いを分ける事が出来なくて難しいな〜ってつくづく思いました。時には凹みます。ヘコヘコヘコヘコヘコヘコ・・・・
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1158

    母娘、求心力と遠心力を習う (木曜日, 28 4月 2022 23:09)

    MOMOさんと一緒の時間のレッスンです。
    30代前半のMOMOさんと還暦近いケロの違いだな。。。でも負けない٩( ᐛ )و
    どこが違うのか?校長先生が丁寧に、丁寧に、丁寧に、教えてくれました。でも負けない。

    大の字に床に立った姿の二人。MOMOさんは手首足首まで「MOMOさん」
    同じように立ったケロ。段々とケロが無くなっている。これが歳をとるということだそうです。ええ〜っ( ;∀;)死んじゃうの??。
    若いMOMOさんは遠心力をブンブン。ケロは求心力でキュンキュン。
    お互いが足りないものを補うレッスンのお題でした。
    それは左右の肋骨下の無の部分です。臍から繋いでいきます。
    そして六芒星の真ん中の消化器を使って踊ります。それは左足で踊ることです。とても柔句なりました。
    アルゼンチンタンゴは左右のボデイの接線上で踊るということ。それがケロに足りない遠心力。一発目、やってみたが今までの求心力で踊っていたのと違ってテンポもステップもずれてしまってボロボロでした。やはり先生のダンスはすごいです。
    そして最後は下腹を合わせて踊るということ。すぐに上腹部を合わせてしまいますが下腹です。これを踊ると凄いな〜、MOMOさんのスローもとてもしなやかに綺麗です。
    でも負けない٩( ᐛ )و 母娘で習うのは2倍で楽しいです。お互いの欠点とそれが先生にお題をいただいて見違えるように変わるのがすごくよく分かります。
    ただ今までと違う世界を見るので、、、きゃあ〜今のは何だったの??という事がよくあります。ユニバーサルスタジオのジェットコースターよりも不思議な感覚で、魔法にかかったようになります。ʅ(◞‿◟)ʃ 普通じゃ分からん世界だな。。。
    校長先生、ダンスの不思議世界を今日もありがとうございました〜ハマるわ〜ケロケロ

  • #1157

    ガッシャン、ガッシャン、のガンダム。 (土曜日, 23 4月 2022 23:45)

    暑い日でした。半袖でレッスンに行きました。
    1時間目ははるえ先生のレッスンです。一発目、ヤッタァ!ステップ間違えないで踊れました〜このまま今踊に〜って、まだまだ修行が足りません。あちゃ=(๑>◡<๑)
    はるえ先生の今日のお題は①ケロは焦りすぎてスローフォックスのパートで早く出てしまう。それではスローにはならないので、ブレーキをかけて行けない自分と行く自分で踊るということ。②どうしても延髄と脊髄が固まってそれもめり込んでいるようで首の格好がおかしい。頭とボディが一緒になって動く。延髄と脊髄をアゲインストにストレッチするように動かすことを教わりました。ハルエ先生が見ている人達に自分をきれいに見せると言っていました。③そしてスローの4カウント、ステップ、延髄を使ってのショルダーリーディング、クイック、クィック。  今踊に向けて頑張ります!
    2時間目の校長先生のフォックスのレッスン。ハルエ先生から教わった延髄と脊髄のストレッチを使いながら、前回の素敵な横見えをして踊ってみました。
    校長先生曰く「中古のガンダムに油を差したように動けるようになった」と褒められました??? うふふ、やったな( ✌︎'ω')✌︎ で、はるえ先生のお題通り、延髄を使ったショルダーリディングは、ガンダムのホールドをガッシャン、ガッシャンと固めて大レクションを決めるようにするということでした。
    そして今日のお題は横です。スローは横を見せて踊るということ。手の爪の下にある指先も横に、全て横です。左手は入る横。右は出る横。そして胸の中は求心力で。左右の無の部分をリーダーが連れて、月面を歩くようにする。ちなみにマヤさんの踊るワルツは前または後ろ方向から横を見せる。地球に生まれて良かったという固めた私を見せる。と言っていました。左右の無はお互いを行き来するけれど、最後はリーダーの無で収める。種目によって違います。で、ケロの大事な覚えは、気管支まで横を使う。先生の気管支横。バッテンに合わせて踊ると自分の気管支もよく分かりました。
    アルゼンチンタンゴは、左右の手足、頭、股という6枚のセル画を見せて踊る。ボデイ全部を一緒に使わない。そして右足を使うと思ったら左足のセル画で踊るということ。
    ダンスのフェイクだそうです。左右の手足は同側で使うと脇腹はみ肉が痩せるらしい。
    それを使ってフロアに足を後ろに伸ばして沈んでみた・・・
    ブルブル震えて筋肉痛です(T . T) 普段は無意識の部分だな
    で、アルゼンチンタンゴの特徴はケロの卵子を底辺に近い下に奥深くに寄せるということ。少しでも上がったらボールルームダンスになってしまいます。卵子と卵巣をリーダーに動かして踊るということ。だから卵子が元気でいなければなりません。
    いつまでも元気でいられるようにしておきます。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜
    そうそう、横を使って踊ると関節が動いて固まった体がほぐれて気持ちが良いです。
    肩こり首こりが楽になりました〜(*´◒`*) ケロケロ

  • #1156

    ピロピロ〜で卵子のダイエット (木曜日, 21 4月 2022 23:37)

    今日はMOMOさんと同じ時間のレッスンです。
    むむむ〜っ!MOMOさんのパソが数段もレベルアップしています( ・∇・)ヤバイ
    最近、頻繁に校長先生のパートナーレッスン入れてるからなぁ。ジリン先生も踊りやすそうです。MOMOさんが頑張れ〜٩( ᐛ )و

    でケロのスローレッスンですが先日の四つ足を意識して踊ってみたのですが・・・
    今日のお題は前・横の足のポジションを改めて教わりました。これは積み重ねが必要だな。
    そして右足がプッシュの足。床を蹴る感じ。左足がプルの足。つま先から引き上げる。
    左右の手も同じ。右手が出る。左手が入る。この同側を使って横のラインを見せるようにするのがスローは大事だそうです。
    そしてその出ると入るはどこでやるか?卵子だそうです。
    お祭りの露店で昔買ってもらった笛吹きの先が紙になって吹くとピロピロ〜と伸びるやつです。それを吹いて伸ばしたり、吸って縮めたりと卵子の出入りをするということ。
    ただし、スローは吸って吸っての方が多いということです。
    ちなみにケロは卵子が卵巣の壁を突き破ってダダ漏れ。体の中でゴチャゴチャしているということ。壁を突き破らないで卵巣の中でおどるほうがいい。。。
    アルゼンチンタンゴでも卵子で踊ることしました。卵子を活発にすることでダイエットになる。外見も痩せてくる!?
    そして卵子を自分の卵子と意識して踊ることが大事。
    MOMOさんとのレッスンで二重にも勉強になりました。ダンスは深いなぁ、しみじみ。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ
    ボデイ横のパソコン入力、そして左手の歌舞伎揚せんべいが止まらない・・・( ✌︎'ω')✌︎

  • #1155

    4つ足の前と横 (水曜日, 20 4月 2022)

    今日のスクールメイツのお題
    床からまっすぐ立った男女が組んで踊るのには無理があるということ
    そこで自分と相手の足が床から真っ直ぐ上に伸びている御柱4本とイメージする
    それも半歩ずれて・・・しっかり確実に。
    それも背中の方の後側に上腹部まで。それが床からの地球軸
    この四つ足を手に持つように動かす。
    そして前の方は上からまっすぐの自分の柱・・・それが空間
    この差がダンスでは大事ということ
    そしてこの四つ足を前に横に出すときの基本。
    校長先生が床に棒を真っ直ぐ前方向にそれに横方向に置いて教えてくれました
    足を前に出すと言ったら、縦棒に沿って出すけれど、横に出すと言ったら横棒に沿って
    前に出すという。これが足を前に横に出すということ。
    けれど待って、前に横にというけれど。その上腹部の合わさるところが変な感じです。
    校長先生曰く「渦状銀河」求心力と遠心力のごちゃごちゃしているところだそうです。
    ケロにとってみたら混沌の世界だわ〜。難しい。分かりにくい。決めたらいけない世界なんだなぁ〜校長先生、今日も難しいことありがとうございました〜(^ ^) ケロケロ

  • #1154

    呼吸器系と消化器系 (日曜日, 17 4月 2022 18:06)

    昨夜のレッスンは難しかったです。ケロはこの壁を越えることが出来るかどうか???
    そう、ケロは身体を一つの塊のようにして、先生のホールドの中で崩さないように頑張って踊るのが良いと勝手に思い込んでいました。
    ところが、もっともっと複雑できめ細かいダンスが必要であることが分かりました。
    スローはケロの苦手種目・・・けれど挑戦している訳がある。

    ハルエ先生のレッスンでもスローのパート部分を何度も練習させていただきました。
    ステップを覚えるというより、感覚を掴みたいと思ったからです。踊っていくうちに、はるえ先生がいろいろとお題を出してくれます。この腕の伸び縮みで踊れる?とか、肋骨のあらゆるところに音符を置いて、そこで踊れる?とか・・・そうすると小っちゃいスローが少しだけ大きくなってきました。大事なこと。ワルツは脚でライズするけれど。スローはその肋骨の伸び縮みの分だけライズする。足の裏は見せないように踊ると言っていました。なるほどです。
    で、校長先生のスローレッスンです。ケロの頭がゆらゆらするので通り道が決まらないそうです。上顎を含めた頭と肺の上部で踊ります。肩は入れない。肩は先生の肩のリードについて上顎と肺の上部で踊るだけということ。
    そしてスローは、自分の泌尿器まっすぐで踊るということです。両手だけは消化器。
    リーダーは、その逆なのでカップルが出来上がるということです。
    この泌尿器、背骨の前の実感がよく分からないと言ったら先生が「シャーロックホームズの映画を見なさい」と言いました。見てみます( ^∀^)
    アルゼンチンタンゴは逆に消化器で踊り、両手は泌尿器になります。
    消化器は分かりやすいと思いましたが、スイブルというと「肛門の右を使う!」と言われました。校長先生は非常に具体的ですd( ̄  ̄) そして出来ました。
    そして大事なこと。ボールルームダンスではあんなに腰骨を使ってそこから足を上げますが
    アルゼンチンタンゴは太腿だけで上げる。この差がまた悩ましいです。そしてリーダーの太ももが泌尿器系なら女性の太ももは消化器系で絡むとか・・・
    今年の今踊は、優秀なダンスよりもそのようなことを理解してきっちり踊ることが目標のようです。ケロの目の前には大きな壁が・・・乗り越えられなくても壁に貼り付くケロを想像してみてください。。。にゃははは〜٩( ᐛ )و
    で、やる気もちょっと出たところで帰宅したら、またまたケロの人生を揺るがすかもしれないことが発生しました。チョー不安。それで何も手につかず、ベッドに入ってしまいました。人生は本当にいろいろですが校長先生に祓ってもらって生きていこうっと(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    校長先生、はるえ先生、ありがとうございました〜ケロケロ

  • #1153

    プラスマイナスの無の力強さで痩せてみる? (金曜日, 15 4月 2022 00:20)

    高齢化社会。90歳過ぎてもお身体の元気なお年寄りが増えています。けれど、比例して認知症も増えています。毎日のように歩いてケロのところまでやって来る人や、認知症のご主人を残して奥さんが突然死してしまったケースを受け持ちました。
    本当に毎日がいろいろです。ケロも元気でいなければと思いますが、ヘロヘロ・・・
    今日も校長先生に元気にしていただきました。

    スローフォックスのお題です。先日の左右の肋骨下の無のパワーをどう溜めて使うか?
    無感覚のケロのお腹。胃を使って上部3分割の真ん中、下部三分割の真ん中その2本の通り道を使って解脱するようにパワーを溜めて使うということです。
    そして大事なこと。これを書くと勿体無いなぁと思うけど書きます。
    それは右足がライズ、斜めに上がる。左足はアップ。上に上がる。この違いがあるということ。ダンスって究極な世界だなぁ

    アルゼンチンタンゴのお題は、太陽sow。銀河系の中にある沢山の太陽。ケロの腹部にも沢山の太陽があるけれど、たったひとつの太陽を見つけてそれを踊る。それはプラスのエネルギー。マイナスのエネルギーは肺の中ですが北半球と南半球のマイナスエネルギーもあるからその部分の上下を使っていくということ。う〜んと肋骨下からバストの方に向かってちょい下の範囲かな。
    で、銀河系のこと。無のことですが。太陽sowから小惑星の水星・金星・地球・火星はコンタクトで踊る。木星から外にある惑星はホールドで踊る。種目によって違うということです。で、合わせてケロの無感覚腹部の太陽sowを動かすことで、うふふ。痩せるかも?!
    (๑>◡<๑) ヘロヘロでも頑張ろうって思いました。てか、気持ちが元気になったから。
    校長先生、今日もありがとうございました〜。
    また次も太陽sow使って踊ります。痩せますぅ( ✌︎'ω')✌︎ ケロケロ

  • #1152

    無のこと (火曜日, 12 4月 2022 22:57)

    毎日、毎日色々なことが起きて、それでも前に進まないといけなくて。。。はぁ(*´◒`*)
    夢の中でも仕事しています。

    今日のスクールメイツは無のことでした。
    タンゴのリーダーが重い女性を抱えて連れていく。それをどうやって克服するか?
    お互いの遠心力をゼロにする。どこで?左右の肋骨下に吸収するということです
    そこでゼロにする。二つの無を一つは自分に片方は周りに使います。
    この無は極限のプルやプッシュとして使うので、無なのにエネルギーがあります
    腹部の有を使わないで、この無で踊ることが大事ということでした。
    最後に校長先生が音楽に対しても「無」で踊るようにと。とかく音楽に酔いしれて踊ると、ヘンテコな音楽では踊れません。だからいつも音楽に対しても無でいなさいと言いました。
    そうゆうことなんですね〜今日も勉強になりました
    校長先生、ありがとうございました〜ケロケロ〜( ✌︎'ω')✌︎

  • #1151

    ズレズレの卵巣と卵子 (日曜日, 10 4月 2022 00:01)

    義母が入院した後におとーちゃんと二人の生活に慣れたかなぁと思ったら次男が帰ってきました。やはり家族が多い方が良いなぁ(^ ^)  あれこれと食事を作るのが楽しいです。

    ハルエ先生のレッスンです。
    スローの基本を教わりました。目から鱗がたくさん落ちました。ポロポロ・・・
    スローはワルツやタンゴと違って型通りにステップを踊らない。靴の中の足がインからアウトへアウトからインへと床に真っ直ぐ踏まない。舟底のようになります。
    トゥ、ヒール。ヒール、トゥも次のダイレクションに移るように僧帽筋を使っていくということ。なーる、なーる^ - ^

    校長先生のスローはその舟底をやってみたら、いつものように床を踏みつけることなくスルスルと進めることができました〜ヤッタァ( ✌︎'ω')✌︎
    で、今日のお題はMOMOさん年代の頃の咀嚼です。口腔を下から上に、上から下に
    右に左に、そして前で。洋食を食べる時にはそのように食する。そのことをイメージしてケロの咀嚼を先生が膝で受けているということです。そして咀嚼機能は胃まで。胃の重さで膝が降りるということ。胃の重さも下から支えるには臍の後ろから支えることで腹筋がしっかりしました。そして大事なことは卵巣の上半分で卵子が活発の飛び回り踊るということです。目の玉の半分上も使って、上から目線。いつもと違う脳の方へ繋がるようにします
    アルゼンチンタンゴは、卵巣半分下で卵子を活発にします。そして卵巣を動かす。
    卵巣と卵子のズレで踊る。固まった動きを見せない。このずれを魅せて踊る。
    で、社交ダンスは上肢と下肢をフロントで折りますがアルゼンチンタンゴは肩の後ろと坐骨の後ろで折る。「坐骨を後ろで折るってど〜よ?」ʅ(◞‿◟)ʃ
    でそのスタイルがとてもアルゼンチンタンゴ。そして外周でコネクションをするということです。これが凄いなぁ。フラフープの中は引き合っているのに外周は自分だけを魅せる。
    で、先生の外周を踊るということ。
    今年のケロはこう思いました。今踊でどう踊りたいか。「デモ全体で良かったよ〜と言われるより、先生から頂いたお題のひとつでもいいから、丁寧にキッチリと踊りたい」そうでないと次に進めないように思う。と思いました。ダンスの厳しさと深さと楽しさを感じたレッスンでした。校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ٩( ᐛ )و

  • #1150

    変態になる( ̄∇ ̄) (木曜日, 07 4月 2022 23:01)

    もうヘロヘロでいつかバッタリ倒れるのではないかとも思うくらいですが・・・
    でも倒れないんだなあ〜ʅ(◞‿◟)ʃ
    火・木・土とレッスンしているからね〜今日も元気いただきましたぁ〜

    今日も舞踊の大事なお題をいただきました。ケロの覚書を箇条書きで書かせていただきます
    スローの時にケロの頭がひとつになっている。だから重いそうです。
    先日の月と太陽の関係。卵子と卵巣の関係を復習しました。
    掌と足の裏は卵子です。手の甲と足の甲は卵巣です。この二つをイメージして、それも先生のもイメージします。
    さらにケロに大事なこと。足の裏の背面、卵子を強調していくと眉になります。
    足の甲をフロントの卵巣を強調すると頭蓋になります。
    このふたつをひとつにしないで、眉は後ろに頭蓋は前にとしていくと・・・
    「あれ〜自分自身が無くなりますよ〜?!」それで良いそうです。
    その眉を後ろにすることで、先生の頭蓋の前と一体になる。それがカップルと踊るということ。なーるほどですd( ̄  ̄) またダンスの新しい世界です。
    で、ケロはいつも単一の表現なので先生が言いました。卵子と卵巣で変えることで変態と。なんじゃあ???  それは蝶々の変態です。卵→幼虫→蛹→成虫(蝶々)のイメージ
    ダンスは形を見せるのではないと言っていました。ひとつ一つの組成の変態を魅せる
    それも逆行する変態です。観客が予想もしない変態です。
    アルゼンチンタンゴは過去に戻る過程でそれをします。過去を意識するとじりん先生が「緊迫感がある」と言ってくれました。( ✌︎'ω')✌︎
    で、校長先生は卵や幼虫やその時々の体で、魅せるものがあると。
    そして蝶々が卵に逆行するということは「卵を産む蝶々」、輪廻転生のことだそうです。
    すっごいですよね=(^ ^)こんなレッスンを受けられることがケロにとって元気になることなんです。嬉しいです。
    で、一緒に時間にレッスンを受けていたMOMOさん、じりん先生とのダンスがとても素敵でした。これはまっずいぞぉ。。。ウカウカしていられません。
    この先も頑張らねば、娘に越されて。。。しまいません( ✌︎'ω')✌︎これからも頑張ります。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1149

    ツンツン卵子とツンツン精子 (火曜日, 05 4月 2022 23:14)

    レッスンの帰り道、信号のある十字路でMOMOさんと二人で自然と繰り返し行うことがああります。ヘッドライト点滅かハザードランプ点滅で「お疲れ〜おやすみ〜」の合図をお互いに送ること。こんなことがとても幸せです。親子でダンスを続けられる幸せです。
    今日もヘトヘトのケロに先輩のマヤさんが、美味しい梅○のおかわりを持ってきてくれました。その自然な労わりに、もうホント、ケロは幸せな気持ちです。
    ちっちゃい出来事だけれど、皆さんの気持ちがケロには大きく伝わります。ありがとう〜

    で、今日のスクールメイツのこと。今日は全員が集まりました。でステップが進みました。進んだステップはバラバラでしたが校長先生は「見なかったことにして」進めていきました。今日のお題は卵巣と清掃は仲良くして、精子と卵子はツンツンするのがアルゼンチンタンゴ。ボールルームダンスはその反対。
    だからオーバースウエイも違うことになります。
    それに南半球のダンスなので卵巣と精巣の下半分で踊るということ
    また地球に立っている私たち。地球が卵巣なら月は卵子のイメージだそうです。
    だから足で床にのの字を描くステップもツンツン卵子と精子を使ってということ
    太陽と地球なら、太陽の遠心力と求心力の表現で踊ることも・・・
    とにかく年を取ると卵子と精子を休ませてしまう。それが年寄りの姿
    卵子と精子をとにかくよく動かすことが大事と言っていました。
    MOMOさんに負けないくらい元気に使おうっと。
    校長先生今日もありがとうございました〜٩( ᐛ )و ケロケロ〜

  • #1148

    弱った延髄を復活させる (日曜日, 03 4月 2022 17:29)

    めちゃくちゃ疲れた1週間でした。。。人間の心による疲労だなぁ。。。
    昨日の午後も職員のメンタルフォロー、ケロさんに聞いてもらいたかったとボロボロに泣かれてしまいました。ケロも泣きたいけれど、グッと我慢です。上手に聞いてあげることが出来ました。ケロにはダンスがあるから。修行を続けていきます。

    1時間目ははるえ先生のスローレッスンです。ボデイ真ん中で踊るケロにハルエ先生がほとほと困っていました。前進のときに後ろに残すショルダーで引いて、方向を決めて先行するショルダーで進んでいくということ。僧帽筋を使ったダンスをと先生が言いました。
    スローは本質を理解できなくて苦手でですがはるえ先生のレッスンで基本を学習することができるので貴重なレッスンです。ハルエ先生ありがとうございました〜。
    で、校長先生に言われました。延髄が弱っていると。そうですね〜(T . T)
    延髄とは外の気とつながり、自分の中を元気にするところだそうです。
    その延髄を使って踊ることで元気復活です。スローフォックスはケロの延髄を先生の延髄に絡めて踊ることが大事と言われました。な〜るほどです。元気が出てきました。
    元気になったケロに対して、ここから先生のお題が細かくなっていくことがわかりました
    3時間目のアルゼンチンタンゴは、脊椎、腰椎から上に上がるときに神経が左右に別れて、延髄を通過して頬骨から左右の頭蓋につながります。
    そして頭の頭脳と頭蓋がアルゼンチンタンゴでは腹部の頭蓋中心に頭脳が包んでいて、それが左足が頭脳、入れる方に使う。右足が頭蓋、出す方に使う。手も同じ。
    こんなふうに左右が違う神経であることを理解しました。で、アルゼンチンタンゴのガウチョのステップは、リーダーの左右の神経で、ケロの左右の手が刺激されて、自分の足が後ろに蹴る動作になるという、、、また何とも凄いです(๑>◡<๑)
    そして大事なことは、アルゼンチンタンゴを踊る女性は足の裏を表現して魅せることが大事ということ。足の裏を表現したり、左右の手足を違って使うようにすることで舞踊を踊ることだそうです。先生が言っていました「ダンスは歩くことではない」と。
    本当に凄い、感動です。ダンスを通してケロの人生が豊かになります。
    大勢の職員のメンタルフォローも自分の修行として、丁寧に出来るようになると思います。
    校長先生、ありがとうございました〜(と、いうことで昨夜は帰宅後、すぐに爆睡してしまいました。すみませ〜ん٩( ᐛ )و ケロ)

  • #1147

    脊椎と延髄のこと (金曜日, 01 4月 2022 00:20)

    行政から正式に介護事業の決定通知を受け取りました。バンザ〜イ
    来年3月末にオープンするためにまた一踏ん張りです。。。
    が、新年度の人事配置についてめちゃめちゃ、問題が重なりすぎて、ヘロヘロになってしまいました。組織の管理者は人事と経営のコントロールができれば一人前という先輩がいましたが、めっちゃ難しいです。人の問題は・・・
    で、今日はスタッフの顔つきが危ういので、急遽、1時間目を校長先生の治療レッスンに切り替えていただきました。スタッフも校長先生のレッスンを受けられると思ったら安心しました〜と、さらに治療後は別人のようにニコニコで帰宅することが出来ました。
    明日からの仕事も少しだけ安心できました。先生曰く、彼女は脊椎を固めて頑張ろうとするので、全てが空回りと。先生、ドンピシャっ!!!!で〜す。周りも困惑してました〜
    凄いなぁ、先生は、本当に神様です( ^∀^)

    そしてケロのレッスンでも脊椎の使い方がお題でした。脊椎をパーツでバラバラにすること。そして延髄と脊椎をくっつけないでストレッチするように離すこと。
    仙骨はとても細かい粒。その粒にパワーを見せて踊ること。とてもしなやかになります。
    アルゼンチンタンゴは仙骨の下にある尾骶骨です。それを先生と離れるようにしたり、近づけたりとしました。スローでは使わないところだそうです。
    で、アルゼンチンタンゴは陽、スローは陰。この二つのダンスを踊ることで、けろの中の気が巡ってきました、うっすらと汗もかき元気になります。
    ケロの前にレッスンを受けていたMOMOさんもスタッフもケロも3人で元気になりました。
    やはり健康が一番です。校長先生、今日もありがとうございました〜
    脊椎と延髄、仙骨と尾骶骨、やってみますぅけろ。٩( ᐛ )و 子供に還ったケロ

  • #1146

    ダンスは形を見せるものでないと言うこと (火曜日, 29 3月 2022 23:12)

    スクールメイツに行きました。
    今日のお題は「動かす筋肉」と「動かさない筋肉」から始まりました。
    そのポイントは薬指のことです。その薬指を使うことで身体が動くと言うこと。
    手足の薬指を交差に使って、リーダーの周りを歩きます。タンゴなので臍から下の腹部で歩きます。薬指は引くようにして使うということ。
    二つ目のお題は、頭脳と延髄と脊椎です。これを離してストレッチすることが大事。
    脊椎はヒップが揺れます。延髄は両手が使えます。頭脳は頭を使うようになりました。
    また頭蓋と頭脳を離して使う。ケロのように毎日事務作業のパソコンばっかりの仕事だとくっついて癒着してしまいます。そうするとボケも早いようです。気をつけてダンスで離すようにします。で延髄は真っ直ぐにして止める。脊椎はその下で動き続ける。
    校長先生が言いました「ダンスは形を見せるものでない」この動かないところと動くところの両方を見せるということです。な〜るほど( ◠‿◠ )
    で頭脳は臍につながり。頭蓋は湧泉と合谷につながります。それも使って踊ります。
    頭では頭脳は頭蓋に、腹部では頭蓋が頭脳に包まれている。早いスピードの入我我入・・・

    ダンスの基本をまた学ぶことができました。ケロの脳疲労も元気を取り戻しました〜。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1145

    上から降り立つ (日曜日, 27 3月 2022 00:37)

    昨日、大きな一山を超えたケロです。
    また新たな介護施設の建設に挑戦です。看護師にも色んな働き方があるけれどケロは自分の看護の夢を実現できる立場にあって良かったなぁと思います。
    これも全て神様のお陰です。
    そして校長先生をはじめ、応援してくれる周りの皆様に感謝。感謝。
    気持ちも新たにレッスンに行きました
    ハルエ先生のレッスンです。スローのベーシックステップの基本中の基本を習いました
    ヒールターンは足の湧泉で他方の湧泉を押すようにすると言うこと。
    そして僧帽筋の上から下からの循環を使って踊ると言うことです。
    校長先生のフォックスのお題は肋骨と肋間筋の二つ。それもフロントで踊る。
    僧帽筋の鼻ラインと広背筋の口の上ライン。
    このダブルで踊ると言うこと。そして下顎は無視した喉仏ラインで内臓を除いて踊る。
    先生の内臓を取り入れて踊る。ケロの内臓は先生が観客に見せていく。
    フォックスはフロントとダブルのお題でした
    で、アルゼンチンタンゴはボデイの後ろで踊ると言うことを徹底しました。
    とても大事なことは床からたつダンスでなく「上から降り立つ」ダンスをと言うこと
    アルゼンチンタンゴなら降り立つ足の裏をリーダーに合わせます
    社交ダンスなら、降り立つ足の甲を合わせると言うことでした。
    とても深い教えだなぁと思いました。また新しいダンスの世界の扉が開かれたように感じました。嬉しいです。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜また忙しくなりそうですが、コツコツやっていきます。よろしくお願いいたします。ケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1144

    お尻がどうしたあああん? (木曜日, 24 3月 2022 23:50)

    一杯一杯の毎日です。そして明日はケロにとって勝負の日です。
    校長先生に気を注入してもらいました。手の先が・・・鼻の周りが・・・
    う〜〜ん、元気になりましたぁ(๑>◡<๑) 明日は頑張ります!

    で、毎日追われていたのでケロ、痛恨のミスです。
    アルゼンチンタンゴの衣装、裾のフリンジの右側をカットするように言われていたのに、
    な〜んとマネキンに着せて向かって右側・・・つうことはだよ。左をカットしてしまいました〜もう真っ青です。校長先生がまた直してくれました。良かったよ〜(T . T)
    でその衣装を着て踊った後にじりん先生とMOMOさんが「お尻が、お尻が」と言います。
    衣装のインナーパンツがベージュなのでモロお尻。お尻がどうしたあああん?
    じゃあ、お尻に赤いハートでもつけるのか?いえいえ、そうでないということ
    校長先生曰く、恥骨の恥じらいがないからお尻がカリメロのように踊っているということです。恥骨に恥じらいを見せて踊ると・・・どーよ。お尻に目がいかなくなったということでした。不思議ですね。
    そのため今日のお題は、チークと恥骨と膝下のコンタクトでした。
    膝下のコンタクトとは片方が離れようとした時は、もう片方が近づこうとする。
    恥骨はその左右横を意識する。
    チークは棒があったら上から下にすがる感じ。この三つ大事だよ〜

    そして音の取り方です。パソはリーダーとパートナーがすれ違うところで音をとる。
    つまりマタドールがケープを回すようにする動き
    アルゼンチンタンゴは、男女のぶつかりが音
    スローフォックスは、リーダーのすれ違いをパートナーが追いかける。二人のすれ違いの糊代が音楽だそうです。
    ワルツはすれ違った後に二人が一緒になる。。。。10ダンス全てが違う。
    だからだから楽しい、深いと言うことですね。本当にダンスは面白いです。
    校長先生、今日もありがとうございました。スタッフのレッスン見学も勉強になりました。
    本当に人生は色々で、悲しくもあり素晴らしくもあるなぁ。ケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1143

    この時期は洋裁師になる校長先生 (日曜日, 20 3月 2022 21:34)

    マヤさんが言いました「ケロさんは幸せそうだねえ〜( ´∀`)」と。
    ええ〜っ!こんなに毎日忙しすぎててんてこ舞いなのに、外からはそう見えるんだ〜
    それはKDSのおかげ・・・校長先生のおかげですね〜(*´◒`*)
    ケロが幸せに見えたその1
    昨日の午後、ケロのスタッフが校長先生のレッスンを受けていました。月2回ですが定期的に通って健康と生き方を学んでいます。
    そして昨日は86歳まで調理員として働いてくれた職員に御礼の代わりに校長先生に治療レッスンを受けさせていただきました。身体の歪みも取れて生き生き歩き出した彼女を見ると、まだまだ働いてもらえるなぁと思いました。ケロの周りに人間が元気になるとケロも幸せです。
    ケロが幸せに見えたその2
    ケロにとって今年は今まで以上に忙しくなる一年です。特に今踊が予定される6月から7月までは、目が回るような行事予定が続きます。
    今踊デモも大事です。だから早め早めにレッスンに集中できるように、な〜んとコロナ療養中に熱にうなされながらも衣装を注文しました。それが届いたので校長先生に見ていただきました。スローの衣装はなんとかOK、やったぁ!(とはいっても既成のドレスなので手直しの仕様がないです。デモの衣装としてはやはり手直しができるようようなものが良いそうです)
    アルゼンチンタンゴは、、、うん?なんだ?この布はどうしてこここから出ているの?と異様なデザインです。ハサミチョキンの楽しみを校長先生のためにとっておきました。
    で、衣装の学習です。アルゼンチンタンゴはカップルの広背筋と僧帽筋をぶつけ合いながら、カチカチと形を作ったまま踊るダンスなので衣装は崩した方が良いということ。
    うん、確かにそうです。スカートの裾が真っ直ぐなので踊る姿がどのステップもボディが動いていないように見えてしまいました。結局、裾のフリンジを斜めにカットすることになりました。で、意味わからん布を使って工夫をします。校長先生が洋裁師になります。
    安い衣装が、あらら〜不思議ですよ〜とても素敵などこにもない衣装になるんです。
    で、この衣装問題が早々と解決できてケロはこれから仕事とレッスンに集中できるなぁ〜と
    嬉しかったんです。

    今日のレッスンお大事なお題も書いておきます。それは足で踊らない。音楽を両手で捉えて頭に繋げてそれから膝頭に持っていく。そして同側の手と足を使って縦の線を大事にしながら踊ること。。。勉強になりました。
    校長先生、いつも衣装まで面倒見ていただきありがとうございます〜
    衣装をアレンジしていく過程も学習しています。楽しいです、ケロケロ

  • #1142

    かっちょ良い・かっちょ悪い (金曜日, 18 3月 2022 00:43)

    おかしなテーマですが、校長先生が言っていたのでそうしました〜あああ( ◠‿◠ )
    てか、今月は忙しくて日曜日ごとに出勤していて一日も休みが取れていません。いよいよケロの頭の中がカチコチに固まってきている。。。う〜ん、壊れる寸前かぁ。
    今日のレッスンからマスクを解禁していただきました。で治していただきました。
    顔です。それも口の分割です。フォックスのお題でした。ロアの時には口の中の下側でなく上を使って、ライズの時は反対です。そして右の口から入れて、左の口から出す。
    口と鼻の間をつなげるなどなどです。上を向いたまま能面のようではいけませんね。
    そして元気が枯渇気味のケロ。命のたまる足に力がないということ。つま先ではなくてヒールに命をためるように、左右のヒールに交互に溜めるようにするということです。
    そして背骨でなくて広背筋は肩甲骨、僧帽筋は鎖骨この二つを使って踊るということです。
    アルゼンチンタンゴは、お互いの左右の縦を崩さないように踊ることが大事と言われました。とかくケロは自分に近い先生の縦についてしまいますが、遠いときもあれば、近いときもあるということ。アルゼンチンタンゴって、物凄く近伊所でくっついて踊るとばかり思っていましたがそれは「かっちょ悪い」そうです。遠くにそれもお互いが合わせないで踊る方が「かっちょ良い」そうです。
    そして早いステップで前後にボデイを変化させて踊るには、僧帽筋の縮みで踊ると楽にいけました。忘れないようにしよ〜。
    レッスンの後もMOMOさんのパートナーレッスンを見学して自分のレッスンの復習をしました。人のレッスンを見て学ぶものが沢山あります。それも校長先生のレッスンだからですね。そうそうケロの時にも言われていた臍を足の裏ペタンと床につけた姿勢ではいけない。臍をぴっとした姿勢。MOMOさんの身長が高く感じて上品さが出てきました。ダンスの姿勢です。なんだかケロも負けられないと思います。頑張ろう。
    校長先生、今日もありがとうございました〜٩( ᐛ )وケロケロ

  • #1141

    ダンスの最終的結論は仮想子宮てかぁ! (火曜日, 15 3月 2022 22:56)

    今年初めてのスクールメイツに参加しましたぁ〜
    生徒さんたちに「久しぶりに会うのが、その格好かぁ〜ʅ(◞‿◟)ʃと笑われました。

    そうです。その前にハルエ先生のレッスンで、ピエロの衣装だったので。にゃははは〜
    ハルエ先生のレッスンは、ケロのリクエストのスローのベーシックステップを取り入れてくださいました。スローの基本を教わりました。
    それは僧帽筋のショルダーを使って、行き先を決めたり。。パンツの二重布の部分。股の形を変えてステップをするということです。な〜るほどです。
    そしてスローは4拍子。スロー&クイック・クイックのこの&カウントをハッキリするということ。勉強になりました。
    スクールメイツはタンゴ。周りを見ながら覚えていきます。広背筋と僧帽筋を使ってリーダーMOMOさんと踊る。そして校長先生が言いました。男性は仮想の子宮を使って女性を包み込むように踊らせる。女性も仮想の子宮を使って踊ると。ダンスの最終的結論はこの仮想子宮だそうです。うん、うん、そうするとスポーツダンスと違って、とても味のある観ている人たちの心に入り込むようなダンスになりますね。本当に素敵です。
    僧帽筋と広背筋、そして仮想子宮。やはり勉強になりました。
    もっと、もっと踊りたいなぁと思いました。ピエロもタンゴパートナーもダンスは楽しいです。校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました。ケロケロ( ^ω^ )

  • #1140

    内圧と外圧、そして臍の三つ巴 (日曜日, 13 3月 2022 00:02)

    我が家の95歳のおばあちゃんが転んで、足を骨折したため緊急入院しました。
    昨日から、おとーちゃんと二人になってしまい、家の中が広く感じます。
    こーゆーことに慣れないとなぁ・・・(๑╹ω╹๑ )

    今日のレッスンのお題です。勉強になりました。てか、まだ咳が出るケロの治療です。
    それは前回の肋骨で呼吸をするということ。それは外に向かって出なくて、内側に向かってということと。僧帽筋の部分は左右の肺をツーウエイで、広背筋の部分はワンウエイでと。
    そうするとリーダーはそのワンウエイを運んでいくということです。
    そしてケロの肋骨呼吸が弱いので、咳き込みが無くならない。
    左右の耳の内圧と外圧。そこのせめぎ合いが必要。そうすると肩がはっきりして進行方向がわかるということでした。
    また左右の内圧と外圧はそのまま臍と三つ巴になっているということ。臍の形を意識して左右の手先を考えました。先生の臍も考えて踊ります。臍から連動して左右の手を内圧と外圧で、大腿と膝下を外圧と内圧で。でも外圧で包まれる。その外圧は周りの人間に包まれて守られるイメージで踊るということ。そうすると先生がホールドしやすいと言っていました。

    MOMOさんのパートナーレッスンも見学して勉強させていただきました。
    座学も大事です。MOMOさんが周りから良いものを受け取ったら、どんどん周りにも与える。そうするパートナーを周りに見せて踊るのがリーダーだそうです。
    これがダンスだそうです。MOMOさんのダンスがとてもしなやかで素敵でした。
    負けていられないなぁって、思いました。娘にも負けず嫌いなんですぅ( ✌︎'ω')✌︎
    今日もとても勉強になりました〜校長先生、ありがとうございました〜ケロケロ

  • #1139

    年齢相当の命を踊るということ (木曜日, 10 3月 2022 22:57)

    コロナ感染やウクライナ軍事侵攻や、生きているうちに予想もつかないことが起きていて、
    でも自分の生活や仕事のことは着実に進めていかないといけなくて・・・なんだかなぁ。
    そのギャップについていけないなぁ( ;∀;)

    ちょいとくたびれたハートでレッスンに向かいました。
    校長先生が年齢相当を斬ってくれました。自分では分かりませんがジリん先生が「あっ違う!」と言いました。。。٩( ᐛ )وどこが〜?????
    フォックスの最初のお題です。腎臓の強いケロは縦糸はしっかりしていると。副腎の横糸を使ったり、時には斜めにしたりしていきます。
    そしてまだ病み上がりのケロの呼吸が苦しくて辛い・・・先生が肋間筋(広背筋)でなくて肋骨(僧帽筋)で先生のそこと踊るようにしなさいと言いました。肋骨はとても高い位置にありますが一生懸命についていきます。
    で今日のお題の年齢相当のことです。それは顔のことです。顔の上半分は僧帽筋、下半分は広背筋。鼻の部分は土踏まずなのでそこだけ抜いて踊るということ。
    若作りせず、還暦前のケロの年齢相当を見せて踊る。足の裏と顔を繋げて踊ると「無理のない、呼吸の楽なフォックス」が踊れるようになりました。
    アルゼンチンタンゴは二つの腎臓の周りで踊ることと、やはり年齢相応の足の裏と顔で踊るようにしました。年齢相当は体の中心です。先生曰く「ランニングシャツの中で踊る」
    古希を迎えた先生の命と還暦前のケロの命、その年齢相応のダンスです。と言っても生まれた時に持ちあわせた命の良いところだそうです。その二つの命を奏でるものを見せるアルゼンチンタンゴです。本当に素晴らしいです。

    ケロのレッスンの後に、職場のスタッフYさんも校長先生のレッスンを再開しました。
    彼女は固まった副腎と腎臓のためにメンタルの病気になっていました。校長先生のレッスンを受けて、そこが解放された途端に泣き出しました。きっと幸福の瞬間だったのだと思います。「今日のことは絶対に忘れない」と言っていました。ケロもウルウルです。
    ケロが校長先生のレッスンを最初に受けた時、ルンバのベーシックステップから始まりました。ジリん先生が「なんて幸せな生徒なんだ」って言ったのを思い出しました。
    本当に幸せなレッスンをケロもYさんも受けています。
    世の中は大変な時代だけれども、自分の命を大事にすることが周りも幸せにすると先生が言っていました。7月の今踊のケロがやらなくてはならないことが自ずと理解できました。
    もっと、もっと踊りたくなりました。校長先生、今日のこともケロは忘れません。
    ありがとうございました〜ケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1138

    僧帽筋と広背筋の通り道 (土曜日, 05 3月 2022 19:33)

    復帰後2回目のレッスンです。まだボ〜ッとしているところがありますが頑張ります。
    今日は、スローのフェザーステップの先生とホールドを組むところからの通り道を教わりました。
    それは僧帽筋と広背筋が混ざる胸骨突起の部分を先に先に進める通り道だそうです。
    それをステップの変化に関係なく、大事にしていくこと。
    僧帽筋は浅め、広背筋は深めのところを広げるのでなくて侵入していくようにと言われました。この後は覚書・・・上肢と膝下は広背筋、前腕と膝上は僧帽筋。四肢を一本で使わないようにします。手と足は僧帽筋と広背筋が混じり合ったところだそうです。
    で、この通り道を大事にしながら、先生が入ってきやすい隙間を作る。この隙間も広背筋と僧帽筋の隙間で作る。ふむふむ
    アルゼンチンタンゴも二つの筋肉を意識して踊りますが、先生が言いました。ケロの脇腹ぽよぽよを締めないで柔らかいままで、先生のぽよぽよと合わせて踊るということ
    そうするとダンスが広がり、どこにも窮屈なところがなくなります。
    そしてまた手足の使い方・・・アルゼンチンタンゴの足捌きです。
    それは膝上は僧帽筋なので浅めであり、横に広がる動きです。な〜んと!?
    膝下は広背筋なので深めであり、膝下を揃える動きです。腕も同じです。
    この横に広がる動きと揃える動きを、先生のそれと合わせるようにすると、それらしいポジションと足の使い方が出来るということでした。まだまだ練習が必要です。

    先生の考えるケロのこれからの目標は、今まで床に立って使っていた筋肉と真逆に使う。
    60歳還暦前だからこそ、それを使えるようにして健康を保つようにするということです。
    健康は大事です。財産です。
    今回のお題は、とても難しいですが目標があってこそ、やりがいがあります。
    目標をいただきありがとうございました〜。ケロケロ

  • #1137

    僧帽筋と広背筋のまっすぐとふたつのそら豆 (木曜日, 03 3月 2022 22:19)

    ひと月ぶりのブログ更新です。
    思いがけなくコロナ感染し、思いがけなくコロナ肺炎を合併しました。
    20日間もベッドの上で過ごしました。でも、もう元気です٩( ᐛ )و
    今日も校長先生のケアを受けて、さらにダンスの出来るまでに元気にしていただきました。
    嬉しいです。感謝、感謝(๑>◡<๑)

    今日の病み上がりケロのお題は
    どうしても背中の広背筋、ヒール側で床に立つ姿勢で踊ってしまう
    それとは逆に僧帽筋のつま先側で踊ることを教わりました。つまり僧帽筋とは鼻と尿道外側のまっすぐ。つま先側です。ここを使って踊るのは日本人には無いそうです。
    肺炎後の病み上がりケロの固くなった胸郭の動きを改善します。
    そして広背筋は口から肛門のまっすぐ。ヒール側。この二つのまっすぐを知って、二つを使って踊ります。そしてこの僧帽筋の関連は顔の表情、広背筋の関連は顎先というように、脳面のような顔から表情の変化にもつながりました。
    アルゼンチンタンゴでは、僧帽筋と広背筋のボディのそれぞれで使い方が違います。隣でパソを踊るMOMOさんもこのレクチャーを受けました。
    さらに第三極の動きは、腎臓でした。この二つのまっすぐの動きと腎臓、宙に浮いたそら豆のイメージで踊る。てか、リーダーがパートナーのそら豆を踊らせるということ。
    軽い、軽い。そしてこの空豆の使い方は、ワンでそら豆が床に押される。ツーでそこから浮き上がる。このワン・ツーのアクションがとても大事ということです。
    最後は、胃の使い方です。僧帽筋を尾骶骨まで下ろしますが胃を使って踊るときは、左右の肩甲骨まで移動して踊るということ。そうすると自分でスルスルと左右の向きを変えてステップ出来るよ〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ すっご〜い。

    今日は呼吸器、消化器、腎臓、胃の調子まで良くしていただきました。
    身体が軽いです。また頑張って踊ります。今日まで心配してくれたMOMOさんのためにも
    元気に踊ります。校長先生、ハルエ先生、ジリん先生、MOMOさん、また不死鳥に蘇ったケロをどうかこれからも宜しくお願いいたしますぅ(*´◒`*)ありがとうございました〜

  • #1136

    ダンスは壮大な神世界 (土曜日, 29 1月 2022 23:50)

    Oh! Yeah!!!!!
    やっと仕事が一段落つきました〜11月からの3ヶ月間、苦しかったなぁ。辛かったなぁ。でも新しい介護施設の建設に向かって進めていけると想うと、またケロナースの夢が実現できると思うと感無量です。
    そして、いつもケロは周りの人に支えられているなぁとつくづく思います。
    今日も校長先生、はるえ先生に支えられているなぁと思うこと沢山ありました。
    感謝。感謝。感謝。
    で、今日のはるえ先生との3回目のブラックシューズダンス。いよいよポンコツのケロピエロも格好良く踊れる振り付けに入りました。エンディングまで後残りわずかと言うこと。え〜つまんないですぅϵ( 'Θ' )϶ ということで、スローフォックスのステップを足してもらうことになりました。来週がまた楽しみです。

    校長先生とのフォックスレッスン。ここからはけろの覚書。
    5束でつくる背骨。お互いの造られた背骨で踊る。ヘッドの位置は、5束の手で作った円錐の位置。スタンダートは足の5束で踊らない。(その反対にアルゼンチンタンゴは足の5束で踊るのだよ)
    そして肩は手の5束の横糸と足の5束の縦糸で織り成して、それもリーダーの肩の5束と織り成していく。その影響を受けて胸骨が踊り動くということです。
    そして大事なこと。スローは特別にPPの時に女性の子宮を男性に預けて踊る。それ以外は自分の子宮として踊るということ。これすっごく大事です。他のスタンダートは子宮は使わない、その上で踊るからね〜

    でアルゼンチンタンゴ。壮大な神世界を教えていただきました。とにかくケロの頭が動かなかった。というより子宮が動かなかったらしい。アルゼンチンタンゴは子宮と膣の境を踊る。(スタンダートは子宮と横隔膜の境。)だから、絶対に子宮の上に行かないようにする。少しでも子宮の上で踊ってしまうとスタンダートになってしまうから。
    そしてアルゼンチンタンゴは神様が造った「人間の動き」と。人間の動きって何?
    神様は男性に子宮を与えられず、女性に与えた。だから男性は神様と繋がることはできても命を育てることが出来ない。女性は子宮を使って命を育てられるけれど神様と繋がることが出来ない。だから男性と女性が組んで踊ることで神様の壮大な世界を表現できるということです。
    すっごーい。すっごーい。素敵過ぎます。ケロもやっと踊りたかったアルゼンチンタンゴを理解することが出来ました。嬉しいです。また頑張れます。
    今日は仕事もひと区切りもついたことで、解放されて良かったです。
    色々なことが、浸みるように入ってきました。またダンス楽しめます。
    校長先生、はるえ先生、ありがとうございました〜ケロケロ(๑>◡<๑)

  • #1135

    五束の神経を活かして自分も生かしてみよっ! (金曜日, 28 1月 2022 20:27)

    うえ〜ん(T . T) 仕事始めの日から休みが取れません。夜遅くまで仕事や会議で、いよいよ頭も身体もきゅうきゅうになっています。
    こんな時は、勿論(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎校長先生のご厄介になりますよ〜
    で、MOMOさんも調子が悪いようで校長先生にレッスンでケアを受けていました。若い女性はデリケートです。ケロは子宮が腐っていくと・・・先日は脳味噌が腐り、今度は子宮かいな・・・( ; ; )

    今日のお題は背骨の左右にある五束の神経の使い方を教わりました。
    うちから外に使うと背骨を使うと一緒なので外から内に使っていきます。
    ここからはケロの覚書
    背骨は身体の前屈と後屈
    その左右横の一束は、右屈・左屈。身体が折れるという動作。
    二束は、右宴会じゃなくて〜。。。右旋回と左旋回。肩を使って飛行機の旋回みたい。
    三束は、伸展と収縮。身体の右左を交互に伸ばし縮めます。真っ直ぐじゃないの
    四束は、内旋と外旋。ここで身体を回す。背骨ではない。スイブルが全く違う
    五束は、外転と内転。ここでのオーバースウエイのボデイスタイルも全く違います。
    で、腐った脳味噌と子宮を持ち合わせてしまったケロは横隔膜を絡めて、空間を作る。子宮と横隔膜の間、それは頭脳と頭蓋の空間を作ってきゅうきゅうになってしまったケロをほぐしていくと言うこと。
    あ〜今日も校長先生に生かせていただきました。ありがとうございました〜 
    ケロケロ

  • #1134

    自分の外のプラスとマイナス (日曜日, 23 1月 2022 00:54)

    校長先生に言われました(T . T)
    熟成味噌の腐った部分・・・ってどうゆうことよ???
    それは自分の中だけで仕事している今のケロの中のこと・・・腐っているらしい
    で、そこの部分の生き返りをしていただきました。プラスマイナスのリカバリーです。
    ハルエ先生のレッスンはポンコツピエロが先生のレッスンを受けてカッコ良いピエロダンサーになることを夢見て・・・のイメージ。2回目のレッスンで残り後少し、エンデイングに近いそうです。頑張って踊りますよ〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

    フォックスはそのケロの外のプラスとマイナスを使って踊ります。
    それは左手で全身を染めるということ。その左手の
    爪の先の部分から、爪の白い部分から第1関節・第2関節。指に付け根。そして手首、肘・肩から鎖骨の中央まで届かせる・・・だから外で踊っていても自分の内に入り込むということ。そして立体横隔膜を下に上にしていくのがフォックスだそうです。
    で、今回のフォックスはとても速い曲なので左右の指パッチンを使います。
    先生が鳴らす指パッチンについていかなければなりません。味噌が腐っていたらついていけないな〜
    アルゼンチンタンゴは、右手同士のぶつかり音でそれも足の床のぶつかり音で踊っていくということでした。さらに先生のアルゼンチンタンゴは男女のぶつかりファイトを見せていく。それが二人の調和の取れたダンスになるそうです。
    で、大事なのはアルゼンチンタンゴは背部の肋骨下のレベルを変えないということ。変えるのはフロントの肋骨化を変える。ボールルームダンスはその逆です。
    そして恥骨がマイナス、尾骶骨がプラス。この二つの男女の組み合わせで踊る。これを観客が見たいそうです。顔を寄せて踊るアルゼンチンタンゴには心惹かれませんが、先生の言うジェットコースターのようなアルゼンチンタンゴは、踊れるようになりたいっす。頑張ろう٩( ᐛ )و 脳みそ復活させるのだあ〜!
    校長先生、ハルエ先生、今日もありがとうございました=ケロケロ

  • #1133

    音楽を身体から絞り出す (木曜日, 20 1月 2022 23:53)

    暮れから続いていた仕事も幾つのもの山場を超えてきました。
    予想外のことが起きた時、「大丈夫、協力しますよ」と言ってくれる人たちがいて
    中には「私はケロさんのファンだから」とも・・・嬉しいなぁ(*´◒`*)
    頑張ってきて良かったなぁ・・・今の職場はKDSに通い始めたのと一緒・・・
    神様ありがとうございますぅぅうう〜m(_ _)m
    で今日もポンコツになっているケロを元気にしていただきました。
    スローのイントロですが、本当に超簡単なスッテプなのに、超難しいのは何故〜?それは校長先生だからです(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    足の使い方を教わりました。膝関節の上と下の使い方を変えて踊るということです。上半身ボディが上になったり、下になったりします。斜めにもなります。
    床に足一本棒にならないようにします。そして陰核、進行方向。卵巣は置いておく。ケロはここが動いてない。ここを伸ばしたり縮めたりして若さを取り戻すことが大事だそうです。
    アルゼンチンタンゴは、恥骨と尾骶骨から上に向かって支柱を立てて、その真ん中の会陰で踊るということです。そして上は百会から下に向かうのだけれど。上からと下からは向かい合うところ外れている。そしてそこからミーティングポイントに向かって外に吐き出す。吐き出したものはまた百会と会陰から入ってくる。
    この循環がとても体に良いということです。
    でケロは音を体の中で撮っているのでゆるゆる・・・自分でもいつもそう思っていました。校長先生が「外の観客と間で音を取りなさい」と。
    それは右の腎臓でした。発信の方です。アルゼンチンタンゴはリーダーの右腎臓と発信で踊るそうです。ものすごく燃焼するそうです。でも痩せないって(/ _ ; )
    気の巡りは良くなります。スローとアルゼンチンタンゴは腎臓の使い方が違うので
    勉強になると言っていました。スローは左腎臓。受信の方。
    またダンスの学習にも身を入れていきたいと思います。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ( ^∀^)

  • #1132

    左手の女性の表現 (土曜日, 15 1月 2022 23:32)

    毎日の仕事が忙しくて頭の中がパンパンでしたが、今日は1時間目のハルエ先生のレッスから楽しみました。

    1時間目のハルエ先生のレッスンは、先生がテンス教師でケロが初心者ピエロです。先生の後について踊るけれど、ハルエ先生が大笑いして・・・
    次も楽しみです。
    2時間目はフォックスのレッスン。今日は左手が女性で卵巣、皮膚の表面の柔らかさ。左手から右手まで、左手から膝まで柔らかく女性らしさの表現で踊ります。
    右手は男性で陰核の部分。カップルの真っ直ぐ進む方向です。
    左手の左右の卵巣の膜を突き破るように右手の陰核が進むということ。ケロはどうしても卵巣で回ってしまうので気をつけます。
    3時間目のアルゼンチンタンゴ。徹底的にアルゼンチンタンゴとは。を教わりました。前回の復習ですが、前頭頂・頭頂部・後頭頂。下は恥骨・会陰・尾骶骨
    アルゼンチンタンゴは後ろを使う。それもボディの上の後ろはアルゼンチンに移民してきたスペイン、イタリア人が故郷を想う。そんな感じ。
    そして二人の間の真ん中、芯があって、その周りを頭は離れるように、肋骨から下は近づくようにして踊ることが必要です。
    普通のソーシャルダンスとは違う。すごい勉強になります。
    頭の中に空気が巡ってきた感じです。楽になりました。ダンスはとても良いです。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました=ケロケロ(๑>◡<๑)

  • #1131

    2022年初めのレッスン (金曜日, 14 1月 2022 00:49)

    コロナ急拡大のこの頃。ケロの担当患者が入院する病院から、会議の時にコロナワクチン接種証明書を持参するように言われて、探しまくりました〜。あせっ!

    今日からレッスン始動です。今年もよろしくお願いします。
    1時間目はメンタルが弱くなったケロんとこのスタッフのレッスンの付き添い。校長先生がマンボの前進・後退ステップだけで命の再生してくれました。すっかり元気に帰る姿に良かったなあ〜校長先生に感謝です。
    2時間目は、MOMOさんとジリン先生ペアレッスンの見学。校長先生の指導でパソドブレがすっご〜く綺麗!格好良い!MOMOケープが舞っていました。
    3時間目はケロのフォックスのレッスンです。ドリカムのちょい早い音楽で踊ります。今日のお題はヒール・トゥのステップを床に沈み込まないようにする。足裏あわせたそのリバウンドで背骨を立たせて踊る。ケロは床を踏み込むのでボディが潰れてしまうということ。そしてスロ〜で斜め。クイッククイックで真っ直ぐ。という基本を身につけること。そして今のケロの欠乏している歳神様パワー。顎先パワーです。そこを肘につなげて踊るということ
    4時間目はアルゼンチンタンゴ。ケロはいつも他の人がやらないようなことをするのが好き。そして前回よりもまた違うアルゼンチンタンゴを魅せて踊りたいと思っています。そこで先生からのお題。アルゼンチンタンゴは後頭部と尾骶骨を真っ直ぐ下ろしたところで踊る。リーダーの後頭部からケロの後頭部へと踊る。だから体は観客に向けて踊るということです。
    そして肘は後頭部からの肘。社交ダンスがフロントなら、アルゼンチンタンゴはバックだからフロアに出てくる歩き方も違うということです。

    今日は4時間もKDSにいて、いろいろなことを聞いて、見て、踊って、久しぶりに楽しかったです。校長先生、ありがとうございました〜。
    またがんばりま〜す。ケロケロ

  • #1130

    2021年最後のレッスンを受けました (土曜日, 25 12月 2021 23:18)

    今年のレッスンも今日が最後です。
    来年に向けてのお題をいただきました。
    その一つは、ケロは一生懸命に、そしてガムシャラにフォローしようとしているけれど、校長先生曰く「的確にフォローすることを学習していこう」ということです。な〜るほど、そうだよなぁ〜(๑>◡<๑)

    スローなら、顎先の外の世界と頭のてっぺんの内の世界を行って来いをする。
    そしてリーダーの先生と互い違いに行うのでフロアにリボンが揺らめているような感じ。スローが生殖器なら、クイッククイックが肉体。とかそんな風に一辺倒に同じように踊ることはしない、、、
    アルゼンチンタンゴもやっぱり、外の循環。手足の指先1関節で外を感じて踊るということ。ケロの右腎臓は先生の左腎臓に合わせて踊る。
    少しですがアルゼンチンタンゴを感じることが出来ました。来年に繋げていきたいです。
    今年は頭の手術から始まり、家中のリフォームとMOMOさんの結婚と、まあまあ
    賑やかでとても忙しい一年でした。年末最後まで忙しくて、来年もその続きでケロはまだまだ動きっぱなしですが、マヤさん曰く回遊魚のマグロだから、じっとしていられない性分で仕方ないか・・・
    皆様に心配も迷惑もいっぱいかけて一年が終わります。また来年も賑やかに踊るから是非ともよろしくお願いたします〜う(*´◒`*)
    校長先生、ハルエ先生、ジリん先生。ありがとうございました〜!!!ケロケロ

  • #1129

    豊かな腎臓の世界 (木曜日, 23 12月 2021 23:47)

    ケロは仕事上の活動方針を文章化して職員を動かす中で、現状に甘んじることなく、豊かに発展させて・・とかよく書いてみますが。その「豊かに」の意味は色々あるけれど。今日のダンスのお題でそれはどのようなことなのか。感覚として捉えることが出来ました。あくまでも感覚なのですが。。。。それは校長先生がダンスにとって大事な腎臓なのですが。そのそら豆腎臓は誰にも侵されず、誰も侵さない世界。そしてとてもふんわりと優しいイメージでした。

    今日のお題はケロの欠点から始まりました。フロントの真ん中で決めるときはどこで決めるか?腎臓から前に向かって胸の前で交差で。そして腹部は引き離すように。そうすると胸の前の一筋に繋がって腹部も前ができる。
    その腎臓はスローなら左腎臓。今度の新たな種目のアルゼンチンタンゴなら両方の腎臓です。そしてその腎臓と関連して足なら膝下外側出っ張りの腓骨、上肢なら肘出っ張りの横の肘腓骨。ここで踊るということ。
    腎臓で踊るって凄い!  で、アルゼンチンタンゴはその腎臓の絡みを客席に覗いてみてもらうようなダンス。自分の中の、腎臓のダンスだから。
    いつものソーシャルダンスのように自分の中と外の世界を見てもらうと違うから。
    何でもやりたがりのケロですが、来年も挑戦していこうと思っています。
    ダンス楽しいな〜。ほんと、楽しい。校長先生、今日もありがとうございました。ケロケロ

  • #1128

    2021年冬祭り・・・( ✌︎'ω')✌︎ (月曜日, 20 12月 2021 20:01)

    12月18日は冬祭り。。。そう、神様に見てもらえるダンスを!
    と意気込んでみたけれど、緊張はしていなかったけれど、
    恋の予感のスローフォックス。ところどころで意識が飛んでいってしまいした。その度に先生が戻してくれました〜まあ、最後まで踊れたから良いかぁ。
    で、サンバはご機嫌に楽しく踊ることができました。最後に客席にいる人に向かって決めポーズしたら初老男性の人が「うん、うん」と何度も頷いてくれたのであ〜面白かった〜。サンバの楽しさを見せることが出来たかなぁ。
    アリババのジャファーコスプレも大ウケ。髭も良かった。4人で踊るダンスも良かった。動画で見たらディズニーワールドが表現出来ていました。ハルエ先生のお陰です。ありがとうございますぅ。
    最後のスクールメイツはMOMOさんリ〜だーでケロが女性役。親子カップルで頑張った〜。来年は交代してくれないかなぁ。
    で、やはり今年のメインイベントはMOMOさんと新郎のKAIくんのウエディングダンスのお披露目だったと思います。感動、感激、そしてKDSに感謝。
    皆さんに祝福されて本当に幸せな二人です。初ブルースも素敵だった。よく頑張ったね〜。
    今日は仕事先のスタッフが褒めてくれました「とっても素敵だったですぅ」って。「初めて来た母も感動して帰りの車中でずっと興奮して喋りっぱなしでした〜」
    「あんなふうな世界を見たの初めてで〜」と言ってくれました。私たちのダンスもそうやってみていただけることが出来たんだなあとケロも嬉しかったです。
    また来年も見ている人のために、神様に見てもらえるダンスを踊りたいと思います。
    校長先生、ハルエ先生、ジリん先生、大変ありがとうございました〜
    ケロはその後15時間もぶっ通し寝てしまいました。今年もお役に立てず本当に申し訳ありません。来年はもっと早く寝て頑張ります٩( 'ω' )و 本当です。ケロ