keroさんの面白レッスン日記(週2更新)

コメント: 1133
  • #1133

    音楽を身体から絞り出す (木曜日, 20 1月 2022 23:53)

    暮れから続いていた仕事も幾つのもの山場を超えてきました。
    予想外のことが起きた時、「大丈夫、協力しますよ」と言ってくれる人たちがいて
    中には「私はケロさんのファンだから」とも・・・嬉しいなぁ(*´◒`*)
    頑張ってきて良かったなぁ・・・今の職場はKDSに通い始めたのと一緒・・・
    神様ありがとうございますぅぅうう〜m(_ _)m
    で今日もポンコツになっているケロを元気にしていただきました。
    スローのイントロですが、本当に超簡単なスッテプなのに、超難しいのは何故〜?それは校長先生だからです(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    足の使い方を教わりました。膝関節の上と下の使い方を変えて踊るということです。上半身ボディが上になったり、下になったりします。斜めにもなります。
    床に足一本棒にならないようにします。そして陰核、進行方向。卵巣は置いておく。ケロはここが動いてない。ここを伸ばしたり縮めたりして若さを取り戻すことが大事だそうです。
    アルゼンチンタンゴは、恥骨と尾骶骨から上に向かって支柱を立てて、その真ん中の会陰で踊るということです。そして上は百会から下に向かうのだけれど。上からと下からは向かい合うところ外れている。そしてそこからミーティングポイントに向かって外に吐き出す。吐き出したものはまた百会と会陰から入ってくる。
    この循環がとても体に良いということです。
    でケロは音を体の中で撮っているのでゆるゆる・・・自分でもいつもそう思っていました。校長先生が「外の観客と間で音を取りなさい」と。
    それは右の腎臓でした。発信の方です。アルゼンチンタンゴはリーダーの右腎臓と発信で踊るそうです。ものすごく燃焼するそうです。でも痩せないって(/ _ ; )
    気の巡りは良くなります。スローとアルゼンチンタンゴは腎臓の使い方が違うので
    勉強になると言っていました。スローは左腎臓。受信の方。
    またダンスの学習にも身を入れていきたいと思います。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ( ^∀^)

  • #1132

    左手の女性の表現 (土曜日, 15 1月 2022 23:32)

    毎日の仕事が忙しくて頭の中がパンパンでしたが、今日は1時間目のハルエ先生のレッスから楽しみました。

    1時間目のハルエ先生のレッスンは、先生がテンス教師でケロが初心者ピエロです。先生の後について踊るけれど、ハルエ先生が大笑いして・・・
    次も楽しみです。
    2時間目はフォックスのレッスン。今日は左手が女性で卵巣、皮膚の表面の柔らかさ。左手から右手まで、左手から膝まで柔らかく女性らしさの表現で踊ります。
    右手は男性で陰核の部分。カップルの真っ直ぐ進む方向です。
    左手の左右の卵巣の膜を突き破るように右手の陰核が進むということ。ケロはどうしても卵巣で回ってしまうので気をつけます。
    3時間目のアルゼンチンタンゴ。徹底的にアルゼンチンタンゴとは。を教わりました。前回の復習ですが、前頭頂・頭頂部・後頭頂。下は恥骨・会陰・尾骶骨
    アルゼンチンタンゴは後ろを使う。それもボディの上の後ろはアルゼンチンに移民してきたスペイン、イタリア人が故郷を想う。そんな感じ。
    そして二人の間の真ん中、芯があって、その周りを頭は離れるように、肋骨から下は近づくようにして踊ることが必要です。
    普通のソーシャルダンスとは違う。すごい勉強になります。
    頭の中に空気が巡ってきた感じです。楽になりました。ダンスはとても良いです。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました=ケロケロ(๑>◡<๑)

  • #1131

    2022年初めのレッスン (金曜日, 14 1月 2022 00:49)

    コロナ急拡大のこの頃。ケロの担当患者が入院する病院から、会議の時にコロナワクチン接種証明書を持参するように言われて、探しまくりました〜。あせっ!

    今日からレッスン始動です。今年もよろしくお願いします。
    1時間目はメンタルが弱くなったケロんとこのスタッフのレッスンの付き添い。校長先生がマンボの前進・後退ステップだけで命の再生してくれました。すっかり元気に帰る姿に良かったなあ〜校長先生に感謝です。
    2時間目は、MOMOさんとジリン先生ペアレッスンの見学。校長先生の指導でパソドブレがすっご〜く綺麗!格好良い!MOMOケープが舞っていました。
    3時間目はケロのフォックスのレッスンです。ドリカムのちょい早い音楽で踊ります。今日のお題はヒール・トゥのステップを床に沈み込まないようにする。足裏あわせたそのリバウンドで背骨を立たせて踊る。ケロは床を踏み込むのでボディが潰れてしまうということ。そしてスロ〜で斜め。クイッククイックで真っ直ぐ。という基本を身につけること。そして今のケロの欠乏している歳神様パワー。顎先パワーです。そこを肘につなげて踊るということ
    4時間目はアルゼンチンタンゴ。ケロはいつも他の人がやらないようなことをするのが好き。そして前回よりもまた違うアルゼンチンタンゴを魅せて踊りたいと思っています。そこで先生からのお題。アルゼンチンタンゴは後頭部と尾骶骨を真っ直ぐ下ろしたところで踊る。リーダーの後頭部からケロの後頭部へと踊る。だから体は観客に向けて踊るということです。
    そして肘は後頭部からの肘。社交ダンスがフロントなら、アルゼンチンタンゴはバックだからフロアに出てくる歩き方も違うということです。

    今日は4時間もKDSにいて、いろいろなことを聞いて、見て、踊って、久しぶりに楽しかったです。校長先生、ありがとうございました〜。
    またがんばりま〜す。ケロケロ

  • #1130

    2021年最後のレッスンを受けました (土曜日, 25 12月 2021 23:18)

    今年のレッスンも今日が最後です。
    来年に向けてのお題をいただきました。
    その一つは、ケロは一生懸命に、そしてガムシャラにフォローしようとしているけれど、校長先生曰く「的確にフォローすることを学習していこう」ということです。な〜るほど、そうだよなぁ〜(๑>◡<๑)

    スローなら、顎先の外の世界と頭のてっぺんの内の世界を行って来いをする。
    そしてリーダーの先生と互い違いに行うのでフロアにリボンが揺らめているような感じ。スローが生殖器なら、クイッククイックが肉体。とかそんな風に一辺倒に同じように踊ることはしない、、、
    アルゼンチンタンゴもやっぱり、外の循環。手足の指先1関節で外を感じて踊るということ。ケロの右腎臓は先生の左腎臓に合わせて踊る。
    少しですがアルゼンチンタンゴを感じることが出来ました。来年に繋げていきたいです。
    今年は頭の手術から始まり、家中のリフォームとMOMOさんの結婚と、まあまあ
    賑やかでとても忙しい一年でした。年末最後まで忙しくて、来年もその続きでケロはまだまだ動きっぱなしですが、マヤさん曰く回遊魚のマグロだから、じっとしていられない性分で仕方ないか・・・
    皆様に心配も迷惑もいっぱいかけて一年が終わります。また来年も賑やかに踊るから是非ともよろしくお願いたします〜う(*´◒`*)
    校長先生、ハルエ先生、ジリん先生。ありがとうございました〜!!!ケロケロ

  • #1129

    豊かな腎臓の世界 (木曜日, 23 12月 2021 23:47)

    ケロは仕事上の活動方針を文章化して職員を動かす中で、現状に甘んじることなく、豊かに発展させて・・とかよく書いてみますが。その「豊かに」の意味は色々あるけれど。今日のダンスのお題でそれはどのようなことなのか。感覚として捉えることが出来ました。あくまでも感覚なのですが。。。。それは校長先生がダンスにとって大事な腎臓なのですが。そのそら豆腎臓は誰にも侵されず、誰も侵さない世界。そしてとてもふんわりと優しいイメージでした。

    今日のお題はケロの欠点から始まりました。フロントの真ん中で決めるときはどこで決めるか?腎臓から前に向かって胸の前で交差で。そして腹部は引き離すように。そうすると胸の前の一筋に繋がって腹部も前ができる。
    その腎臓はスローなら左腎臓。今度の新たな種目のアルゼンチンタンゴなら両方の腎臓です。そしてその腎臓と関連して足なら膝下外側出っ張りの腓骨、上肢なら肘出っ張りの横の肘腓骨。ここで踊るということ。
    腎臓で踊るって凄い!  で、アルゼンチンタンゴはその腎臓の絡みを客席に覗いてみてもらうようなダンス。自分の中の、腎臓のダンスだから。
    いつものソーシャルダンスのように自分の中と外の世界を見てもらうと違うから。
    何でもやりたがりのケロですが、来年も挑戦していこうと思っています。
    ダンス楽しいな〜。ほんと、楽しい。校長先生、今日もありがとうございました。ケロケロ

  • #1128

    2021年冬祭り・・・( ✌︎'ω')✌︎ (月曜日, 20 12月 2021 20:01)

    12月18日は冬祭り。。。そう、神様に見てもらえるダンスを!
    と意気込んでみたけれど、緊張はしていなかったけれど、
    恋の予感のスローフォックス。ところどころで意識が飛んでいってしまいした。その度に先生が戻してくれました〜まあ、最後まで踊れたから良いかぁ。
    で、サンバはご機嫌に楽しく踊ることができました。最後に客席にいる人に向かって決めポーズしたら初老男性の人が「うん、うん」と何度も頷いてくれたのであ〜面白かった〜。サンバの楽しさを見せることが出来たかなぁ。
    アリババのジャファーコスプレも大ウケ。髭も良かった。4人で踊るダンスも良かった。動画で見たらディズニーワールドが表現出来ていました。ハルエ先生のお陰です。ありがとうございますぅ。
    最後のスクールメイツはMOMOさんリ〜だーでケロが女性役。親子カップルで頑張った〜。来年は交代してくれないかなぁ。
    で、やはり今年のメインイベントはMOMOさんと新郎のKAIくんのウエディングダンスのお披露目だったと思います。感動、感激、そしてKDSに感謝。
    皆さんに祝福されて本当に幸せな二人です。初ブルースも素敵だった。よく頑張ったね〜。
    今日は仕事先のスタッフが褒めてくれました「とっても素敵だったですぅ」って。「初めて来た母も感動して帰りの車中でずっと興奮して喋りっぱなしでした〜」
    「あんなふうな世界を見たの初めてで〜」と言ってくれました。私たちのダンスもそうやってみていただけることが出来たんだなあとケロも嬉しかったです。
    また来年も見ている人のために、神様に見てもらえるダンスを踊りたいと思います。
    校長先生、ハルエ先生、ジリん先生、大変ありがとうございました〜
    ケロはその後15時間もぶっ通し寝てしまいました。今年もお役に立てず本当に申し訳ありません。来年はもっと早く寝て頑張ります٩( 'ω' )و 本当です。ケロ

  • #1127

    腎臓の流れ (木曜日, 16 12月 2021 23:22)

    最近のケロの頭の中には月末までに作らなくてはならない書類ことだけ。厚さにして20cmぐらいの分厚い量です。夢に出てきて夜中にわっと目が覚めることも。
    こんなケロですが。今年の冬祭りで踊る目標はいつの冬祭りとはまた違う意味を持ちます。それはケロのスタッフ二人が入学して校長先生の元で神様修行を始めたこと。翌日のKDSの大掃除にも来てくれること。そして毎日忙しいのに二人が幸せそうにしていること。この二人のためにも神様にみていただけるダンスを踊ってみたいと強く思っています。で、通勤の車中で神の舞の妄想が、妄想が、妄想が・・・と言ってもイメージトレーニング。今日はこうやろうとか、あーやってみようとかです。
    で、で今日のお題は腎臓の流れでした。書類を前に踊っているケロ。腎臓の循環がなく詰まっていました。先生に斬ってもらいながら流れをよくしていきます。
    肩と尻で踊ること。それも腓骨突起に腎臓からの流れを運びます。肘の横の突起は腎臓に流れを集めます。そうすることで腎臓の循環をよくするということ
    さらにケロとMOMOさんは介護の仕事をしているので相手のしてあげたことの返りがない。はい、ここまで動いてね、歩いてねと自己完結型。それではダメで相手からの帰りを受けて、また返す。この行って来いが必要ということでした。
    う〜ん確かにです。冬祭りでどこまでできるかわかりませんがこれからの修行の課題となりました。校長先生、ありがとうございました。ケロケロ

  • #1126

    2021冬祭り前のレッスン (火曜日, 14 12月 2021 23:37)

    いよいよ今週末になりました。冬祭りです
    シスターズの衣装合わせと最後のレッスン。
    がんばりました〜楽しく踊れそうです〜

    スクールメイツもハルエ先生が後ろの端からどのように見えるか?と確認。
    良かったですよ〜と。ヤッタァ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    で校長先生の今日のお題は、カップル二人で踊らない。ドント、タッチミー
    右の甲が男性。左の甲が女性。左右の足の甲を別々に使ってみる
    女性は右の足の裏と左の甲を。そ〜するとダンスの歩き方。
    自分の中と外で踊るということ。舞踊の真髄だそうです。
    あと木曜日のレッスンが残っています。冬祭りに向けて頑張ります
    校長先生、ハルエ先生、ありがとうございました〜ケロケロ

  • #1125

    人間力を高める (土曜日, 11 12月 2021 22:15)

    今日のお題は・・・女力は前後。人間力を高めるために肩と鼠蹊部、横かな。。。
    先生に斬ってもらいました。さらに女力を高める。10歳若返ったダンスになりました。マヤさんは20歳若返り。。。欲張りです。

    サンバ、いつものところから下に落ちることなく頑張れた〜٩( 'ω' )و
    先生曰くバストが上がったところだそうです。肩と鼠蹊部で踊る。リバウンドを合わせる
    スローは前回と同様に幸せボールを高くして踊ってみたけれど・・・それはケロだけの幸せ。みんなと共有する幸せではない。反省。だからリーダーが未来進行形なら、女性は子宮の部分を過去形にして踊る。それを刻んでいくということ。
    冬祭りはその幸せ時間軸をみんなで刻んでいくということでした。
    あと少し頑張ろう・・・明日はお孫ちゃんの保育園の発表会。アリババだそうです。コロナ禍で人数制限もあってお嫁ちゃんとケロばあばが代表して参加します。
    楽しみ〜スリムチャンスは欠席で残念ですが・・・また先生に斬ってもらおうっと
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1124

    重いボールを持ち上げての幸せ空間 (木曜日, 09 12月 2021 23:09)

    校長先生にも言ったけれど。今のケロはこれまで以上に毎日が忙しい。
    逃げて何処かに隠れて1時間でもいいから休んでいたいと思うことの連続です。
    でも今日も校長先生のレッスンを受けて元気に、そして白肌に、そしてお腹の贅肉もすっきり痩せて見えるように?!していただきました〜〜〜
    校長先生〜ありがとうございまああっす!!(*´◒`*)
    な〜んて素晴らしいのでしょう。そしてMOMOさんも健康にしてもらって二人で連なって帰る・・・嫁に行ったMOMOさんと車が別れる時に心の中で
    「また明日も頑張ろううね〜」って。めちゃ母娘の幸せです。KDSのおかげです。
    今日はフロア内に追跡リモートカメラが設置されてクルクル踊る私たちにちゃんとカメラが追跡しているか確認されていました。ちゃ〜んと撮れていましたよ〜。
    それにとても上手に見えます。うふふのふ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    ケロは疲れ満載で山の午後梅を登っているみたいで。先生がMOMOさんと二人にお題。「肩と尻の四つで踊る」それも同側、交差など変えていくということ。
    なるほど足を先生に合わせて踊るよりは見栄えと疲れ方が違います。
    スローでは先日のスリムチャンス。ボールを空間に、幸せに見立てて踊ってみました。ケロもこの方が楽しく踊れたから、良かったです。でもやはり最後の方で疲れが出てしまってボディが落ちてしまいます。そこで先生が
    重いボールを持ち上げるイメージで踊るとボデイは軽くなる。軽いボールはボディが重くなるということ。
    MOMOさんワルツはボールを片手で持って左右の手に乗せ替えて踊るということでした。な〜るほどです。面白い。いつかワルツにチャレンジするときに試してみようと思います。今日も沢山元気にしていただきました。ありがとうございました。
    ・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*若くて色白でスリムなケロケロより

  • #1123

    前頂部で合わせるとい〜よ(*´◒`*) (火曜日, 07 12月 2021 23:01)

    今日のスクールメイツはお菓子の持ち寄り
    クリスマスとお正月が来たみたいにた〜くさんの美味しいお菓子やプリンをいただきました。皆様ご馳走様です。
    ケロは忙しくて買い物にも行けず、先日頂いたお菓子・・・で、MOMOさんが気をきかしてくれてケロの分まで用意してくれました。ホント、ありがとう。
    ジーニー٩( 'ω' )و
    ということで今日は衣装を合わせてのアリババです。ケロのジャファーが可愛すぎる♡ということで来週は髭を用意することになりました。
    スクールメイツはハルエ先生が酷すぎる!と怒ってました。横がバラバラだそうです。登場から退場まで、その間のポジションも確認しました。
    校長先生曰く背骨を合わせるのでなくて、前頂部で合わせると良いそうです。
    椅子から立つ時も頭頂部で立つのでなくて前頂部で立つと神様に向かって立つ感じですね・・・シスターズもスクールメイツも来週最後のレッスンです。
    がんばりま〜す。校長先生、はるえ先生、ありがとうございました〜ケロケロ

  • #1122

    2021冬祭前のスリムチャンス。きっと痩せると思う?! (日曜日, 05 12月 2021 22:00)

    スリムチャンス3回目。
    校長先生が言いました。「フロントはドレスが似合うようになったけれど、後ろの方がまだまだですね〜」って。ケロのこと???今日は後ろが痩せるようなお題。
    日本人は床にまっすぐ立つのは後頂部、西欧人は前頂部と言っていました。「ではどこで?立つって言ってたぁ?「と隣のMOMOさんに聞いてみたが
    「ボ〜ッとしてたぁ』と・・・親子二人でボ〜ッとして始まりました。

    で、前夜のレッスンの復習です。女性の百会の求心力と顎先の遠心力を使ってのスリムチャンスでした。良かった!復習ができました。
    そしてもうひとつも、昨日の復習。女性は左手を背骨につなげるということ。右手は生殖器。だから、トゥタッチのボールの上げ下ろしを左右の手をバラバラに使うことが必要です。そうすると後ろが締まってくるのかな。
    そして前回の追加トレーニングの復習です。女性は左にボールを持つようにして踊るということ。右や真正面はありえない。サンバもルンバもワルツも全て左に持って踊る。そしてそのボールを自分の上に下にと位置を蹴ていく。それがリーダーとの空間の取り方ですね。ダンスも上手になるかも!?
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1121

    みんなの幸せを! (土曜日, 04 12月 2021 22:47)

    今週もメチャクチャ忙しかった〜!
    でも、スクールに通い出したスタッフたちと見えない世界についてのコソコソ話・・・「こんな話をケロさんと出来て、とても嬉しいです」「他の人とは出来ない話ですよね〜」って。その顔がみんな、幸せそう。めっちゃ忙しいけれど、ケロの心はとても豊かです。神様と校長先生のおかげです。感謝いたします。

    今日もマヤさんと同じレッスン。
    今日の最初のお題は、男と女の求心力と遠心力のこと。例えば、ケロサンバのフィニッシュで先生に支えられて後ろののけぞり、また立って、ターンをするのだけれど。(あ〜こんな風に書いていると自分、ダンスしてますって感じで超嬉しい)
    (仕事だけしてなくって良かったなあ(*´◒`*)もっと踊りたいな〜って思う)
    で、ケロはのけぞりから立った時に気づいた! あらら〜自分が立ちたい姿勢と先生の立たせたい姿勢は微妙に違うんだぁ〜って。
    その種明かし。男性は頭頂部が遠心力、顎先が求心力。女性はその反対ということ。だから自分と同じだろうと思って踊っていると二人で踊っているバランスが違うということです。この男女の違いがとても大事で、サンバのプロムナード・ランは求心力で合わせて、遠心力で見せて進むということ。スローでは、求心力と遠心力を変えて、この変化を見せていくということ。これ、やるとぜ〜んぜん、違うよ!そばで見ているジリン先生の顔がそう言っているもん( ✌︎'ω')✌︎

    そしてスローのお題。男社会で生きてきた過程の中でケロの臍曲がりは良かったねと校長先生に褒められたこと。ケロは看護師でありながら、組織の中の立場上、男性事務幹部と会議を行うことが日常茶飯事ですがずっと自分で守ってきたことは、男性にはない女性のケロ自身の意見はきちんと持っておこうって頑張ってきた。
    男性にバカにされず、女性としての考えをきちんと伝えることは難しいけれど。
    で、それがケロの幸せになっている。スローではその幸せをみんなに見てもらって、みんなの幸せとして感じてもらうことが大事ということです。
    女性らしいダンスとは、左手は背骨の中に、右手は生殖器の中に、そうすると膝上、膝下が綺麗になる。幸せを感じるときは股の方から上に上がっていく感じ。
    でも大事なのはこのことを「わかった!」という表情をしないこと。分かったと思ったら自分だけの幸せ。いつも追い求めていれば、自分とリーダーと観客の幸せになります。ちなみにラテンはリーダーに幸せを感じてもらうように踊るということです。次にやってみよ〜っと。校長先生、楽しみにしていてください(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    ダンスは楽しい。幸せ!校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1120

    冬祭前のスリムチャンス2回目。空間をイメージして (月曜日, 29 11月 2021 22:56)

    昨日のスリムチャンスのことです。
    1回目のスリチャンの後で下腹部の筋肉痛・・・子宮卵巣に効いているなぁ(*´◒`*)
    で、今回も子宮卵巣を閉めて、肺の気管支T字を緩めることをしました。
    で、で、ケロの苦手なマウンテンクライマー・フロッガー・ニータックは
    子宮卵巣を緩める動作なので今回のプログラムから削除されました。
    やあったたたたたったったたたたぁ〜)^o^(
    両手をマットについて腕立て伏せのような動きが大の苦手です。ホッとした。
    それで追加されたのがテーマの空間です。両手に持つボールが仮想空間です。
    それを左中向きに持って前進歩行していく。それを持って前進・後退としていく。
    などなど全てがダンスの動きになりました。両手で持つことがミソです。
    その空間はいつでも高さが変化することもわかりました。次のレッスンの時に試してみようと思います・校長先生、ハルエ先生ありがとうございました。ケロケロ

  • #1119

    冬祭りデモの衣装合わせはやっぱりチョン✂︎ (日曜日, 28 11月 2021 00:31)

    今週は月曜日から介護施設開設の準備のための怒涛のような毎日・・・今日はもう脳が思考停止状態で一日ベッドの中で過ごしました。だからといって寝ていた熟睡できず何も考えない時間が必要でした。。。夕方からのレッスンは衣装合わせ。早くに車に詰め込み準備して出かけました。
    土曜日はマヤさんと一緒の時間です。そして冬祭前の衣装合わせです。
    今日の初めに先生がケロとマヤさんの脳の一部を祓ったと言っていました。
    よく分かりませんでしたが、その効果もあって校長先生が「今日のサンバはまあ良かったでしょう」と、は〜〜〜〜〜〜じめて褒めてくれました〜ヤッタァ( ✌︎'ω')✌︎
    で今日のお題1は褒められたことのひとつに、ケロが前回レッスンの足音がしないように踊ったこと。それで膝下が少しですが改善されたようです。つま先に踏み込まない。ヒールを背中側の肋骨に引き上げるようにして踊るということ。ちょい難しい。
    お題2は、やはり前回の気管支T字を緩めるということ。そうすると自然に子宮卵巣T字が締まってくる。スローでも同じこと。
    お題3はメロディーやリズムで踊らない。小節の箱を踊らせる。その結果、リズムやメロディーが置いていかれるということです。
    お題4は特にスローの醍醐味はそれを両手首空間と左右の片方の足指の間の空間で
    三角形を作り、残した4分の1があるということ。
    これも今からの修行ですね。。。そして今日初お披露目のスローのドレス。忙しくてスクールで初めてきてみたら、フロートのつけ方が全く予想外でした。
    で、いつものように校長先生がハサミでチョン、チョン、チョンと切っていきます。そしたら、注文以上の素敵なドレスになりました。
    あとはスリムになることですね。校長先生、今日もありがとうございました。ケロ

  • #1118

    神の糸と人の糸を織りなす (木曜日, 25 11月 2021 22:22)

    今日のお題その1
    足で踏み込む音がしないように踊ること。そのためには二本足で踊らない。左右の肩と左右の股関節。同側にしたり、交差したりして踊ります。抜き足差し足で音を出さない。舞踏でなくて舞踊。
    お題その2。前回のスクールメイツの鼻の粘膜のその先。それは鼻腔から糸を出すのが神の糸。泌尿器から糸を出すのが人の糸。それが合わさるのがトップバストの横。ここから糸が出る。それを自分の中の糸とするのか、自分の外の糸とするのかとして踊っていくということ。下手すると自分の中の糸で絡まって動けない。
    お題その3。ということで糸のその先のこと。その糸の先にあるものは宝箱?
    そこを目掛けて投げ入れる。(それが空間の先の点。)その箱の底を両手で持って踊るのがワルツ。左右の箱の底を上下に変えながら踊るのがフォックス。
    お題その4。ケロの箱の底は左右上下に変化したけれど黒目の使い方が違う。
    望遠鏡のように黒目を伸ばして遠くを見るのと、望遠鏡を縮めて自分の方を見るのと両方の感覚が必要ということ。箱の底だけを考えているとこれができない。
    お題その5。この黒目の伸び縮みと合わせて行いたいのが顎先の立体(空間)と頭頂部の点。これを先生の空間と頭頂部の点と融合しながら踊るということ。これが入我我入と言っていました。うわ〜異次元の世界。なんということか〜。表現できない空間の中で踊る感覚でした。宇宙旅行から命からがら帰還したゼィ〜
    とMOMOさんとジリん先生に伝えた(T . T)ケロです。

    いよいよケロの職場スタッフが週末にもう1名入学予定となりました。既に1名入学済。ケロのように踊ることは十分に出来ないけれど健康になりたい、より良く生きたいと願って校長先生にお世話になることになりました。先生に大感謝です。
    ケロも今朝、弁財天様のことを考えていたら新たな介護施設の土地交渉が成立できました。全てが神様のおかげです。スタッフのことや仕事のことや周りが豊かになって幸せです。校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ♪( ´▽`)

  • #1117

    鼻の粘膜の感覚 (水曜日, 24 11月 2021 00:37)

    2週間ぶりのシスターズレッスン。
    今日は衣装をつけて踊ります。うんうん、様になってきました。
    楽しいです。キャラクター衣装をつけて踊るので楽しいです。
    ダンスも楽しく踊りますよ〜
    スクールメイツのワルツはダンスの感覚を教わりました。
    鼻の粘膜だそうです。口の中の粘膜だとシングルな動き。うん、うん、硬い動きになってしまいます。
    鼻の粘膜だと左右の鼻腔を使うのでダブルの動きになって片方だけを使ってみたり、相手の鼻腔粘膜の中で踊ってみたりと変化します。
    フロアへの登場から退場まで鼻の粘膜の感覚で踊る。体操にならない。
    ダンスをみんなで踊っている雰囲気が素敵になりました。
    来週はいよいよ衣装をつけて踊るそうです。。。できるだけ参加したいと思っています。いよいよ冬祭ですね
    校長先生、ハルエ先生、今日もありがとうございました。ケロケロ

  • #1116

    2021冬祭前のスリムチャンス。痩せるかも!? (日曜日, 21 11月 2021 19:16)

    今日から4回、スリムチャンスを先生が企画してくださいました。初日の今日はいつものメンバーが勢揃いです。MOMOさんも早起きして参加したそうです。
    良かった。良かった。

    今日のお題は、床の上に立った姿勢でないスリム化です。それは気管支と左右に分岐する細気管支の形状。これは下腹部で言えば子宮と左右の卵巣の形です。
    この子宮、卵巣のT字を歪ませず。その代わり、肺の気管支T字は変形させるということ。
    で、子宮卵巣T字はまず左右の横から圧縮、次に上下、最後に前後で圧縮させると・・おりゃ?ケロのポッコリお腹が。。。まだ小さくはなりません٩( ᐛ )و
    そのうち痩せてくるでしょう。けれど、そうやっていくうちに肋骨下の周りが締まってくることになります。
    そして初日のスリムチャンスは、ぜ〜ぜ〜辛いぜ〜( ; ; )
    そこで尾骶骨のギアを一段ずつ下げていくと良いそうです。そしてその尾骶骨は、延髄と繋がります。うん、うん、最近のレッスンの復習にもなり応用にもなりました。これできっと痩せることでしょう・・・てか、お腹空きすぎて肉まん、あんまんをほんわか二つペロリと食べてしまいましたが・・・すんませんm(_ _)m
    来週も頑張ります。校長先生、はるえ先生、ありがとうございました。ケロケロ

  • #1115

    神様から授かった子を還す (日曜日, 21 11月 2021 00:23)

    先生に念を入れていただいたマリア様のお顔がまた変化していました。
    なんとも言えない癒されるお顔です。本当に素敵・・・

    今日はそのマリア様を意識して踊るようにしました。
    同じ時間にマヤさんワルツも一緒に検体として勉強させていただきました。いつもすみません・・・
    前回の天から授かった命を生んでいくということ。吐き出すと吸い込むことを教わりました。カップルで踊るときは吐き出すことを合わせるそうです。
    ライズで合わせてしまうとダメ。そう言えば、その前のレッスンで降りるを合わせると言っていたな。そのことに関連しているようです。
    そして神様か授かった子をカップルで抱きながら、ワルツなら里子に出すように大事に育ててもらいながら、スローならその子を校長先生とケロとで交互に抱きながら踊るということ。そして時には神様に還すということ。
    マリア様の憂いの表情は、産んだ瞬間の我が子の顔を見て、いつかは神様に還すということを見ているという表情だそうです。なんともまあ奥深い母性でしょうか。

    そして最後は延髄と脊髄の使い方。ワルツなら脊髄の高い位置で踊る。
    スローは難しい。延髄と脊髄の低いところを使い分ける。
    延髄は上腕、前腕が脊髄。ケロはどうしても上腕についてしまうのでだめ。
    先生の延髄についていくようにすることが必要と。

    難しいですがこの後も修行を続けていきます。校長先生、ありがとうごあいました。明日から痩せるかもしれない。そんな気がする・・・ケロケロ

  • #1114

    マリア信仰の幸せ (木曜日, 18 11月 2021 23:52)

    今週はケロの人生にとってのターニングポイントになる会議が連夜と続きました。
    重責となっていた任務を終えて、また新たな任務の始まりでもあります
    なんのこっちゃ?٩( ᐛ )و まあ、外で働く女性は大変ということ。
    校長先生に相談したら、ダンス上達のお題としてもマリア信仰を教えていただきました。そして先生のご推薦のマリア像を早速、注文。
    今日はそのマリア像に先生が最初に祓った後に念を入れてくださいました。
    包装箱から出した時は、男のキリスト像のようでしたが、先生が念を入れていくうちにあらら〜不思議です。女性のラインになりました。一緒にいたMOMOさんが両手を組んでひざまづいています。不思議なほど、引き寄せられる、そして癒されるマリア様になりました。
    ケロがこれから新しい任務に着くのに必要なパワーも入れてくださいました。
    それは、歳をとっていくケロが枯渇してきている女性ホルモンです。
    コロナマスクによって、化粧も何もかも気にしになくなって、なんだかつまんないオバサンになってきたな〜これからの人生楽しめないな〜このままでいいんかい?
    って思っていました。そこで先生がキリストを生む前のマリア様。かといって処女ではない。女性のパワーを身についているマリア様ということです。
    そのマリア様をフロアに向けてMOMOさんとケロとそれぞれ踊ると・・・いつも違ったダンスになりました。ケロサンバを見たMOMOさんは、いつもと違ったボディスタイルだったと驚いていました。うん、そう、マリア様のラインです。
    そして先生が言いました。マリア像のバストが膨らんできて、そこが慈悲に当たる部分と。ダンスでも子宮から産み落とすのでなくて、両肺を使って、天から木を取り入れて、その気を支給に向けるということ。産み落とすということだけれど、土から得たものではないので、ドスンとならない。
    MOMOさんが取り入れて、生んで。を繰り返したワルツ。立会い分娩の夫のように「疲れた〜」と言っていたジリン先生に笑っちゃいました( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    ケロもマリア様からの幸せをダンスに表して踊れるようにしたい。
    一生ものの宝物をいただき、宇宙の広さくらいの幸せ感でいっぱいです。うふふ。
    校長先生に感謝です。ありがとうございました。ケロケロ

  • #1113

    3Dの空間 (土曜日, 13 11月 2021 23:12)

    土曜日の今日はマヤさんと同じ時間のレッスンです。校長先生が二人に共通の課題をくれました。それは二人が上下で踊っていること。横を使えるようにするためのお題です。
    始めに胃ではなくて、胃の周りの空間を使うということ。他の内臓の空間も使っていきます。そして脳です。私たちは頭蓋の重みで立っているので、頭脳と頭蓋の間の空間を使います。
    頭脳をつくねのように小さくして、ラテンなら空間に浮かべるように、スタンダートならつくねに延髄の串を刺します。そこで固定するけれど。脊髄には繋げません。延髄と脊髄を離した、その空間を左右の横に広げていきます。
    そして次は頭脳と延髄と脊髄を前後にずらしていくと顔の位置がわかりました。

    この3Dの空間を、ケロならつくねがよく理解できましたが。横で踊るということはボディをリーダーに貼り付けて合わせるのでなくて、リーダーの左手で踊ることが必要ということ。ボディの代わりに膝下の前後を合わせるということです。
    リーダーの膝にはギョロ目があって片方は周りに向けて、もう片方は進行方向に向けているのでそのギョロ目を意識しながらケロ自身の膝下も前後で合わせていきます。膝下が合わせると上半身は開いていくということ。
    難しいけれど、綺麗なダンスのタネ明かしかな。。。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ٩( ᐛ )و

  • #1112

    髪の毛の先まで (木曜日, 11 11月 2021 22:59)

    今日はMOMOさんと同じ時間のレッスン。
    MOMOパソとケロサンバです。
    サンバ一発目。あれれ〜いつもは間違えないところで間違えてしまいました。。。
    先生が変えたそうです。いつもは生徒を観察して踊っていたということですが、変えたそうです。。。無意識で踊ることと言ってましたが生徒はまだ無理っす。
    で今日のお題は、情報を取り入れ、情報を発信すること。これを髪の毛の先まで。それも床に届く、さらにフロアいっぱいに、さらにさらに観客にツンツンするくらい。そうすると足で立って踊る感覚がなくなります。これは楽しい〜!
    で、難しいのがスローです。ラテンのようには行きません。
    ワルツの場合は、リーダーはパートナーの髪の毛一本、一本をリードする。パートナーは残りの毛を後に置いていく。
    スローは自分の毛の一本を闇の中の一筋の光、遠心力にして踊るということ。
    それをするためには、ケロの癖?降りる時にリーダーに合わせるのにすでに降りてしまっているということ。そして上がるところで合わせて踊ってしまうということ
    「降りる、降りる。降りる」で踊ることが大事だそうです。その中で一筋の一本の毛の光で踊るいうこと。
    そして先生とどこを合わせるか?スローは左右の肩の付け根をバッテンにしてパンツのゴム紐のようにして、そこと左右の股関節と合わせる。
    ワルツなら左右の肘内と左右の膝裏をゴム紐で。タンゴは左右の手首をゴム紐でと種目によって違うそうです。

    3時間目はMOMOさんとKAIくんのウエディングダンスのレッスンを見学させてもらいました。校長先生も心配されたようで二人のレッスンにお題をビュンビュンでした。若い新婚カップルがみんなから祝福されるブルースになりました。凄い!
    冬祭りは、感動あり、涙あり、笑いありとノリノリモリモリの祭りになりますね。
    勿論、忘年会も楽しみで〜す。(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1111

    動脈と静脈の中間 (水曜日, 10 11月 2021 00:18)

    ケロの仕事はいつも新しい事業を開拓すること。ずぅ〜っとそうやってきたのでここでお終いと思っていましたが。また新たな介護施設開設の準備に着手することになりました。そうゆう運命なんだなぁって思います。。。夢や希望もあるけれど、同じだけ苦労が多いです。はあ〜( ;∀;)

    重い気持ちを吹き飛ばそうと、KDSに行きました。シスターズは衣装合わせです。
    朝早く起きて、ジャファーの杖にツヤだしラッカーを塗りました。今日こそは衣装に合わせて踊るぞぉって思ったのに、家に置いてきてしまいました・・・アホっす。で、マヤさんはジャスミンの衣装に合わせたシューズを置いてきたそうです。
    二人してボケボケですね。気をつけなくては・・・二人で演技して踊るところもボケボケにならないようにキメていきたいと思います。投げキッスです。チュチュ〜

    スクールメイツのお題はダンスの踊り方。1曲の楽譜64小節。(プラスイントロ4小節が足されますが。)この楽譜全体を見て変化はつけるけれど同じように踊るということ。とかく私たちは小節が進んでいくごとに力んで踊ってしまいがちですが、そうではなくて同じように踊るということでした。
    そして生徒が2グループに分けられました。MOMOさんグループは静脈の引きで踊る人、ワルツ向き。マヤさんとケログループは・・・隣にjirinn先生もいるし太めグループか???違うそうです。動脈の押しで踊るタイプ、タンゴ向きだそうです。動脈と静脈の中間を知り、種目によってその中間を変えることがダンスの醍醐味だそうです。
    64小節で踊ること。動脈と静脈の中間で踊ること。難しいけれどダンスの見栄えが全く違って素敵ですね。修行をしていきます。
    校長先生、ハルエ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1110

    光と闇、ケロは闇のグラデーションを! (土曜日, 06 11月 2021 22:35)

    今日の午後は、職員の健康を守る交流集会、全国から300人を超える管理者が参加して4時間のリモート集会に参加しました。長かった〜(T . T)
    で、参加してよかったなぁと思ったことは、初めて管理者もメンタルヘルスの観点で一般職員以上に時間間労働や心身疲労が蓄積されているのでその支援が必要と全体で確認してくれたことです。
    で、残念なのがその解決方法は全く示されなかったことかな。。。でもいいんです。その後にケロは校長先生のレッスンで元気にしてもらえることを知っているからですぅ〜( ✌︎'ω')✌︎ やっててよかった。

    今日はマヤさんと同じ時間のレッスン。二人で先生に斬ってもらった後にマヤさんワルツ。。。うん?今日はとても優美だぞ?先生、何をしたんだろう?
    そしてケロのサンバ。あら〜なんか今日はとても楽しいです。観客に魅せて踊っている感じがギュンギュン来ますよ〜(*´◒`*)
    種明かしは校長先生が光の神様、天照大神様と精神を精神を繋いでくれたと言うことです。だから首から上が光で踊ることができた!表情が違っていたそうです。肉体はいつもの疲労感満載ですがね。。。とほほ。
    関節の闇で踊ると言うこと。股関節も首も肩甲骨の下の闇も。

    2時間目のスローも闇で踊る。え〜っと、闇で踊るって?それは本を手の上のトレーのように乗せて、本の下の闇で踊る。両手に持って闇で踊る。本の上は光。全然違う。膝頭は光、膝窩は闇。これも見せる。
    ケロはどうしてもピカッと光を見せてしまうらしい。分かりやすいと言っていました。この闇のグラデーションを見せてくと言うことです。闇は秒単位で変化していくので、とても柔らかいです。そして速い。
    徹底的に闇を見せていくということを教わりました。

    人というのは面白いし、可能性大です。先日、校長先生の治療レッスン3回目を受けたYamaさん。組合支部長代行は、来週の団体交渉でボーナス満額を勝ち取ると言っていましたが、レッスン翌日、「要求と予算の間でいいです」と。
    ケロにこっそり言ってきました。校長先生とのダンスで中間を感じたらしい・・・
    ひゃっほ〜( ^∀^)
    校長先生、み〜んな、ありがとうがとうございま〜〜〜す!!!
    ケロの疲労回復度もやっと70%。来週はもっと良くなりますよ〜。
    ケロケロ(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ 「闇のダンスのケロガエル、可愛かな」 俳句も出来たぞ。

  • #1109

    関節で踊るダンス (木曜日, 04 11月 2021 23:24)

    今日はMOMOさんと職場から一緒にレッスンに向かいました。

    1時間目はサンバです。MOMOさんはパソです、
    最初のお題は関節で踊ること。足なら股関節と膝関節を使って踊る。それは太ももの筋肉につながります。背骨もバラバラの関節として使う。関節を縮めると筋肉が伸びる。ケロはいつも筋肉で踊るのでダメ。背骨とかの関節で踊ることで逆にしなやかさが出てきました。そして胃の周りで踊ることです
    スローでも関節で踊ります。頚椎は積み重ねた本をずらすようにする。
    唯一、使えないのは尾骶骨、スローなら尾骶骨を船の錘のように、置いていく。ワルツなら尾骶骨を先に進める。MOMOさんのワルツがとても躍動感のあるダンスになりました。
    そしてその尾骶骨を仙骨までつなげる。この仙骨に気を通すということは頭蓋を柔らかくします。ケロは疲労が頭の皮膚まで硬くしていたので一生懸命。マッサージしていました。そんなことしてもダメだそうです。
    頭蓋と仙骨を繋げて気を通します。その後のケロのスタッフの治療レッスンの後に先生が言っていました。自分一人では回復できない。男女が一緒に踊って気が通るそうです。確かにです。校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1108

    不安定に、そしてついていかないダンスを! (日曜日, 31 10月 2021 00:09)

    毎度の忙しさを超えて、今週は心身ともにやられてしまいました〜(T . T)
    癌末期患者の看取りケアに、労働組合との団交、連日、朝から夕方の会議・・・夜は理事会が連夜、メニエル発作の薬を飲みながら仕事していて自分やりすぎだわ〜壊れるわ〜今日はダウンしていました。しかしですね〜休みを取っても良くならない。レッスンに行って校長先生に元気にしていただきました〜
    ありがとうございますぅ(*´◒`*)

    サンバレッスン。マヤさんのワルツを見て校長先生がケロと二人に共通のお題をいただきました。それは選挙ビラの配り方・・でなくて。選挙ビラをポスティングしても有権者の前で大きな声を出して訴えても、観客は受け取ってくれないということ。そこでダンスを見ている観客に受け取ってもらえること。それは前回の手と足のアーチでした。そこで踊るということ。ケロはどうしても身体で先生と合わせようとしてしまいます。要らないそうです。手と足で踊って後は不安定にしていれば、自分が外に向けて踊っていればいいそうです。
    先生はこうも言っていました。見えない世界のプラスとマイナスの磁力で見える世界の命を踊るということです。奥深っ〜感動ですd( ̄  ̄)

    スローでは不安定なダンスをと頑張りましたが、どうしても安定を求めてしまいます。そこで先生が「夫婦仲のすれ違い」と言っていました。身体を合わせて踊ることはしない。すれ違い、私はついていかないと踊るということ。けれどスローでは気管支で、ワルツは鎖骨上でホールドでちゃんと組んでいるから大丈夫だそうです。不安定で踊っても不安定な観客が見ているから安定して見えると言っていました。それについて行かないダンスは広がりと味があります。
    心も身体もすっかり疲れが飛んでいってしまいました。校長先生、ありがとうございました〜また来週も宜しくお願いいたしますぅ〜ケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1107

    チツノキヲアゲテ〜! (木曜日, 28 10月 2021 22:31)

    忙しいケロですが自分で決めていることがある。それはケロを頼ってくれる患者さんがいたら絶対に断らないで受け持つということ。ヒャ=(T . T)今は泣きそう
    で、最近では毎日仕事場に向かう気持ちに張り合いがあります。
    それはMOMOさんがいるからです。職場は違うけれど同じ建物にいるから。MOMOさんが頑張っているからケロも頑張らなくちゃ〜と思います。
    今日もヘトヘトになってKDSに到着。MOMOさんがいるから休めません。
    そして校長先生に元気にしていただきました。ありがとうございますぅ(^。^)

    今日の最初のお題は手のひらでなくて、指の部分のコンタクト。そうすると自分のボディがメリハリが出ました
    そして土踏まずのアーチ部分。そして足趾の部分のアーチ。これをsの字で使うということです。この左右の土踏まずのところから自分の真ん中を作る。絶対譲らない。力強いところ。ケロはここが定まらないようになっているのでダメだそうです。で、足趾アーチの部分は周りの人間の命を取り込むところ。土踏まずの自分の命の部分。ここを混ぜ合わせて人は生きることが必要。人は一人で生きていけないから、重要なこと。ふっかいなぁ〜しみじみ(*´◒`*)
    最後のお題は女性は肉体性。それは膣の気を上げて脳みそまで届かせて身体中に充満させることが必要。(男性は精神性だそうです)
    で、ケロはこの肉体性で若く溌溂とした味付けを見せる。観ている人に元気玉を沢山もらってまたケロも健康なダンスを見せるようにする。あ〜そんなふうに踊れたら幸せだな〜頑張ってチツノキヲアゲマス!!!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
     今日も先生にたくさん祓っていただき、心臓と肝臓に元気を充満していただきました。明日また特別な会議がありますがMOMOさんも参加するというので二人で頑張ろう〜っと。校長先生、今日も元気をありがとうございましたっ!!!ケロ

  • #1106

    金目鯛よりも天上の膜 (土曜日, 23 10月 2021 23:44)

    職場スタッフ2名を校長先生にお世話になるようになってケロ自身も神仏のことを勉強させていただいてます。で、受け持ち利用者宅の訪問時。この家には神棚があるか、そして浄か不浄か、、、なんてことを気にしちゃいます。
    そして今日、素敵な観音仏像様に出会いました。それは20cmほどの白磁器で頭から白い布を身につけて御手だけが出ているお姿です。古いもののようで割れた箇所に昔の黄色のセメダインが数カ所、線のように見られました。聞くと毎日、お母様がお水をお供えしていたということです。ケロはこの観音様に魅入られてしまいました。ケロも欲しいなぁ〜。。。。でもよく考えると、この観音様に毎日、水をお供えして手を合わせるお母様の清い心が素晴らしいんだなぁ。。。って思いました。。。ケロも修行を続けます。

    今日はマヤさんと同じ時間のレッスンです。最初のマヤさんワルツ。校長先生が歌ってないねと言いました。ケロは歌うけれど発声が下に落ちてしまうそうです。
    そこで、真言宗の両手の組み方、ハスの蕾から手の間を鼻呼吸で下に上にと身体を屈伸するようにします。それを卵巣の箱で歌うようにして脳に届かせるということ。ダンスを歌うとはこうゆうことなんだ。
    そしてケロのサンバは、筋肉の老化。ケロは校長先生というリーダーについていこうとするけれど、先生は高いところからケロのレベルに合わせて変化しているから、それとケロは踊らなきゃいけないということでした。ちょい難しい
    スローでは、今日の観音様と前回の仏眼仏母のこころになって踊ってみました。
    校長先生の今日のお題はこうです「ケロの胃の中がグチャグチャ。食べ過ぎの胃」「あ〜!今日、金目鯛のお刺身、美味しくていっぱい食べちゃいました〜(*´◒`*)
    そうじゃないらしい・・・胃の六道。地獄・餓鬼・畜生の下三層。その上が修羅、人、そして天上。この天上のところで威張っている人にならず。肋骨横を通って解脱して肺の方から下に向かって天上の膜で止めるということです。突き破らない。
    ここで合わせる。そしてもうひとつ大事なこと。膝下は前に、膝上からは後ろに姿勢。ダンスの基本姿勢。この膝下前姿勢の横。膝上後ろ姿勢の横をカップルでどのようにとるか?これから意識して踊りなさいと言われました。

    今まではがむしゃらにダンス大好きで踊ってきたけれど筋力の老化が始まり、ケロがここでもう限界としてしまうか?老化があっても神仏修行をしながら健康で周りの人を幸せにできるダンスを学んでいくか?
    悩むことは決してないのですが、切り替えが必要になってきました。ちょっと寂しさも感じます。。。これからの課題です。
    校長先生、今日もお疲れのところ色々と相談に乗っていただきありがとうございました〜ケロケロ

  • #1105

    神の呼吸について (木曜日, 21 10月 2021 23:30)

    今夜のレッスンは、うふふっ、なんだかとても嬉しい時間でした。それは・・・
    同じフロアにMOMOさんがいたり、すれ違いだけれど、お婿様もいて冬祭りデモに向けてレッスン受けていたり、その上、今夜はケロの職場スタッフが校長先生の治療レッスン2度目を受けにきたりと。。。とても賑やかな夜でしたよ〜(*´◒`*)

    で、ダンスも頑張ろう。。。サンバのお題は目の使い方。左右の目を外を見る目と自分の中を見る目にして踊る。
    日本ダンサーは、両目で外ばかり見ている。西欧ダンサーは左右の目を変えて踊っている。つまり車の運転の時に窓の外と車内のことを同時に見て感じている感覚。
    これをすることで能面のような顔が改善されるし、左右の顔が違うことで次のステップに繋がります。
    そしてスローのお題は「呼吸」でした。それは左の土踏まずは取り入れる。右の土踏まずは吐き出す。それは「お風呂のお湯をかき回すように」と。そしてそれを膝までにして「個人の呼吸」にします。その個人の呼吸を二人で合わせる。
    さらに膝から上の呼吸と膝までの呼吸と分けて、先生の上の呼吸をケロが膝下で受ける。と、その逆。そして膝下どおしの呼吸を合わせる。
    これが神の呼吸ということです。う〜ん、まだまだケロには遠い道のりだけれど、きちんと出来ると身体の中で全体で呼吸をしていて、気が通る感じ
    疲れていた身体が元気になりました。
    スタッフのYUKAさんが自分のレッスンを終えた後も残って、見学をしていたけれど、校長先生とケロのレッスンを見ていると呼吸が楽になると言っていました。
    校長先生が「神の呼吸で踊るからね」と。見ている人も元気にさせるダンスは本当に素晴らしいです。ケロも目標で体得します。

    そしてこのYUKAさんも今日は先生とホールドを組んで、ブルースのステップを踊っていました。まるで幼稚園児の母親参観のようにケロは見学していました
    「がんばれ、がんばれ〜」って。でも初心者のレッスンでも先生のお題はとても勉強になります。KDSダンスって凄いな〜奥が深いな〜。人の生きることに必要だな〜ってしみじみ思いました。この治療レッスンの成果をいつかYUKAさんはお披露目してくれるのではないでしょうか。そして救われたい人がまた集まるような気がします。うしししっ( ◠‿◠ )
    校長先生、今日も大変ありがとうございました。神の呼吸を忘れずにします。ケロ

  • #1104

    足の裏のタネ (火曜日, 19 10月 2021 23:28)

    今日のブログのテーマ。足の裏にスカイやメロンのタネをつけて歩くわけではありません。。。(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    今日のスクールメイツのお題は面白かったです。でもその前に、シスターズです。

    今日は衣装をつけないでレッスンです。急に寒くなった気温のせいか?みなさん不調のようです。でも頑張ろ〜。
    ハルエ先生が細かいところまで教えてくれます。それは簡単なステップ、振り付けでもフォワード・サイド・バック。またはバック・サイド・フォワードというように切り替えを見せて踊ると言うこと。サイドで踊るということです。ダンスのキレが良いですね。

    で、スクールメイツのお題はダンスで踊らないところが一箇所ある。それが「足の裏」足の甲は踊るけれどね。その足の裏にダンスのタネを仕込むということです。
    基本、ラテンは足の裏を見せないように歩く。スタンダートは足の裏を見せるように歩く。そしてカップルで見せるピクチャポイズは、リーダーがパートナーの足の裏を綺麗に見せるようにすることだそうです。な〜るほどです。
    で、シスターズのダンスの中にテーマとして「動かないものをひとつ」見せるということ。今のままでは、頑張って踊っているだけ。魔法のランプを動かないものとして見せるといいということでした。意識するということは大事なことですね。
    校長先生、ハルエ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

    *悪霊でなくて良かった〜( ✌︎'ω')✌︎ 神様、仏様のおかげです。

  • #1103

    仏眼仏母のこころ (土曜日, 16 10月 2021 23:27)

    ケロのスタッフがダンスでないところで校長先生にお世話になっています。
    ケロ自身もそうだけれども、どの人も生きることが大変だなぁ〜
    スタッフの親子に起きている不思議現象について、校長先生が神仏の言葉で説明しているのを聞くだけでも勉強になる・・・そして帰り際にはニコニコして帰る表情を見てケロは嬉しいし、KDSでまた幸せをいただきた気持ちになります。
    校長先生に大感謝!!!

    で今日のレッスンのお題も良かった〜。うん、とても切なく感じることとダンスの心を教えていただきました。
    サンバでは、今まで簡単に踊っていたステップを間違えるようになって大混乱。どうして???つまりは乗っている足で踊ったら動けない。乗っていない方で先生に合わせて踊る。乗っていない方で踊ると言うこと。そうするとスルスルといけました〜。乗ってない方だゾォ〜!気を付けろっっっっぉ〜!

    スローではケロは上天井を見上げて何も考えていない図。今日のお題は目の使い方です。これはとっても凄い!上三白眼と下三白眼。位の高い人は上から見る。ケロみたいに神様にすがるようにばかりだと下から。両方が使えるように。特に女性が上から下を見る目は難しい。見下すのでなく、見下ろすのでなく・・・
    不動明王様の天地眼。右が上にむき、仏の教え、悟りを目指すように。左が下向きで救うように。
    で、ケロの上向きが全くの低さ。スタッフと同じところで見ていると。もっと高みを目指すなら「孤独」だそうです。ケロにとってこの言葉がず〜んと響いた。
    訳あって泣きそう・・・
    そして今日のブログテーマとなった「仏眼仏母」この仏様は全ての仏様を産んだと言う眼をしていることから、「私が全ての子供を産んだのよ」それも過去も未来の仏も産んだと言う慈悲深い母親のこころです。これをスローで表現して踊る。
    あ〜やっとこころで踊ることが掴めました。嬉しいです。幸せです。
    人生いろいろあるけれど、人との繋がりでまた校長先生に大事なことを教えていただくことができました。校長先生、今日もありがとうございました。そしてお疲れ様でした。ケロケロ

  • #1102

    血流を止めて横に流す (木曜日, 14 10月 2021 23:13)

    う〜ん、嬉しいことですが終わりの見えない仕事量に追われています。
    で、今日、校長先生にケロの一白水星、流れっぱなしの事言われて「そうだなぁ、仕事の仕方も次から次に流すようにしていて、一度も立ち止まってないな〜」って思いました。校長先生は止めると言うことを分かってやれるようにすれば大丈夫と言っていました・・・今日のお題は血流を止めると言うことと「消化器クネクネ」です。なんのこっちゃ٩( ᐛ )و

    今日はMOMOさんと同じ時間のレッスン。いい検体がそばにあります。
    同じDNA、まるで自分を見ているようだわ〜
    で、ケロサンバのお題は「ラテンはパートナー発」「スタンダートは男性の中に取り込まれながら男性発」と言うことです。サンバはケロ自身がボディアクションを見せることによってリーダー先生が踊れるそうです。
    そしてそのボディの作り方が肩甲骨下3分1で血流を止めて、横に流す。寛骨上3分の1で止めて横に流すと言うこと。これが出来ると上から下への流れにならない
    でスローは男性のマイナスに女性のプラスをどんどん押し込めるようにして中に入って踊ると言うこと。書いてあることをやろうと思ってもなかなか難しい・・・
    そしてケロはどうしても分からなくなると真ん中で立ってしまうので駄目
    左右に流れた血流を肋骨サイドで真っ直ぐ堰き止める。背骨で真ん中にしないと言うこと。さらに顎先の使い方。ワルツは顎先を近づけたり遠ざけたりするけれど。
    スローは元々がチークダンスなので顎先を近づけるようにして踊ることをするそうです。そして下顎を使うので消化器をクネクネと柔軟性を持たせる。ワルツは上顎で気管支クネクネ。種目によって使うところが違う・・・
    こんな奥深いところで踊っている人がいるのだろうか???
    本当に素晴らしいです。校長先生、今日もありがとうございました〜。ケロケロ

  • #1101

    ワルツの運動性 (火曜日, 12 10月 2021 23:51)

    今日のシスターズは衣装合わせ。。。ところがMOMOジーニーが到着しません。
    新しい職場に出勤して2日目、うとうと寝てしまったと言うこと。遅刻でした。
    がんばれぇ〜アリ王子とジャスミン姫とジャファー、そしてジーニー。
    衣装合わせはバッチリでした。良かったです。

    スクールメイツ。今日はワルツの運動性のお題でした。
    それはワルツの1.2.3。を♪・・・でとる。それは良く見かけるワルツで。それでは♫でとるか。または♩に・付点をつけてとるか。
    実はその3種類がすべて必要で、全てを同時に行うことが運動性だそうです。
    そしてそれはダンスが始まる前から自分自身でリズムを作って準備をしておくことが大事。さらにもっと音符を細くすると運動性が高まるダンスになる。
    そしてリーダーのパートナーのホールドをパンダグラフのようにして、横でとる。
    横にとると綺麗なホールド。女性が横についてくれると男性は前後で見せることができるとも言っていました。座った時の足もお尻も横で見せるようにすると綺麗に姿勢です。
    日常生活でも意識していこうと思いました。校長先生、ハルエ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

  • #1100

    流れと止め (土曜日, 09 10月 2021 22:22)

    土曜日はマヤさんと一緒の時間のレッスンです。今日はどんなお題をいただけるか?楽しみでした。
    で、今日のお題は血流ですが、この流れが人によって違うと言うこと
    一白水星のケロは、流れっぱなし・・・二黒土星のマヤさんは?
    仕事か何かの長年の姿勢で肘でダムを作っていると言う事だそうです。
    そこんとこまでの過程・・・

    サンバレッスンですが、ケロの肩と臀部上の血流が良くないそうです。溜まっている。ここの流れをよくする。静脈の流れを肝臓に持っていくと言う事。
    顔の流れも悪いそうです。やはり肝臓に静脈血を持っていく。そして顔の細胞の一つ一つにあるプラスとマイナス。これを顔の半分ずつ使っていく。校長先生の顔半分のプラスマイナスに引き寄せられるようにする。ラテンは顎先で±0になるとか。。。
    で、この顔の血流をスローでもやってみようと言う事でした。冒頭のケロは血流が指の先まで流れっぱなし。ダンスに流れは大事だけれど、動きや形を見せるために手の指まで関節箇所でダムを作って一時的に留めることが必要だそうです。
    そうすることで先生とのホールドが崩れない。そして流れも瘀血を下に新鮮血を上に下に二層の流れで踊る。鮮血の酸素いっぱいの綺麗なところを観客は見るそうです。綺麗な自分を見せるのではないと言うことです。キィつけよ〜d( ̄  ̄)
    そして肋骨の下の横隔膜の部分も鮮血の上部で踊るとボディコンタクトがズレない。おりゃ〜って感じのスローになりました。
    足の指先の関節でダムを作る。流れを後ろに飛ばす。膝の関節もそう。背骨一つ一つのダムも・・・
    一白水星のケロの欠点がよく分かりました。。。直して体に良いダンスを踊ります。校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ(o^^o)
    *明日は一日、ジャファーの衣装作り、頑張りま〜す٩( 'ω' )و

  • #1099

    健康でいること (木曜日, 07 10月 2021 23:41)

    今日は内部監査を受けてドッと疲れが出た後にレッスンに行きました。
    一緒の時間のMOMOさんも胃が痛いと言って顔色が悪いです。
    心配だなぁ。

    そこで校長先生の今日のお題も、とても良かった。親子二人で健康になれる血流のお題でしたぁ〜先生、ありがとうございますぅ(^。^)
    最初は体の中心でターンをするのでなく心臓で回ること。心臓から流れる手足の血流を止めないようにすること。乗っている足は血流を流して、乗っていない足は血流を止めて自分のポーズを取る。
    次に胃です。MOMOさんの胃がない・・・先生に斬ってもらって空腹の意を感じ始めたようです。これで栄養がつくぞっ!ケロの胃は少し落ちている。それも可愛い脂肪がついてるし・・・そこで先生が胃を高くなるように斬ってくれました。
    それでスローを踊ったら。。。MOMOさんとジリン先生が高いところで踊っているなぁと感心したそうです。やった〜今日はケロ自身も「自分が踊っている」と自覚できるようになりました。あとは校長先生が言うように中国の三峡ダム?胃を上中下の3分割で踊るようになるとそれなりのボディになってコントラチェックもただ後ろに足を出してのけぞるのとは違う事がわかりました。
    そして今日の血流は、胸骨の左右を血流です。右を止めたら左は流れると言うように気管支分岐点の左右、それが出来たら上下の流れだそうですが。その胸骨左右の流れを感じて踊ると・・・ひゃっほ〜解剖図鑑の動脈と静脈の飛び出た絵本のように細分枝のところまでハッキリして踊る事がわかりました。凄い!
    他にケロの欠点はビールごくごくの喉元を閉めて、ケツを閉めて。キュキュッとしたボディで踊ること。ここも校長先生に斬ってもらいました〜( ✌︎'ω')✌︎

    斬るといえば、今日は職場スタッフの中学生の女の子が不思議な現象に悩まされていて自ら「校長先生のところに行きたい」と訴えたそうです。
    校長先生にお願いして、あらゆるところを斬って頂き、帰りにはニコニコ笑顔で帰る事ができました。本当に校長先生は凄いです。感謝です。
    こうやってケロ親子も先生のもとで健康でいられて、またKDSの発表会を通じて、校長先生と繋がって、ケロの周りの人も健康になっていく。本当に良かったなぁ。ケロはKDSに来て良かったなぁ〜ってつくづく思います。
    校長先生、今日は大変お世話になりました。ありがとうございました〜。
    健康でいられるダンスがまた大好きになりました。沢山踊りたいです。ケロケロ

  • #1098

    心臓の未来と過去の時間軸 (水曜日, 06 10月 2021 00:11)

    うたたっ!うたたっ!
    ハルエ先生がクチメロディーで踊ります。「さあ!ジャファーの登場よぉ!」って言われても全くわかりません。うたたっ!うたたっ!では・・・٩( ᐛ )و
    MOMOさんもマヤさんも横で笑いこけてます。
    今日は笑いすぎてお腹が痛くなりました。
    もうっ、ハルエ先生楽しすぎです。 来週は衣装をつけてのシスターズです。
    衣装を間に合うように準備しま〜す。

    スクールメイツは心臓で時間軸を取ることを教わりました。
    心臓の後ろが過去、前は未来。リーダーは自分の過去でパートナーの未来を運ぶとかします。では?ボディの横って何? ケロ「現在!」ちゃうそうです。
    それは未来同士を跳ね返す。過去同士を寄り添えるとか使うそうです。
    なるほど、そして先生は生徒さんのデモの時にフロアにエスコートするときは、生徒さんの過去を見せるそうです。「今まで一生懸命に練習してきましたよ〜」
    デモが終わってフロアから退場するときは生徒さんの未来を連れていくそうです。
    「これからも頑張りますよ〜」って。な〜るほどです。こうやってダンスは未来と過去を見せて踊るということ。
    うたたっ!のアリババシスターズもそうやって踊るのかな???
    校長先生、ハルエ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1097

    血流について理解する (土曜日, 02 10月 2021 22:35)

    我が家の改築祝いに校長先生から生きることに必要なものが入っているという水晶玉をいただきました。感激!我が子のように大事にしています。
    そして今日は、ケロ持参の水晶玉に職場の運営が良くなるようにと先生に気を入れて頂きました。ヤッタァ!この子(水晶玉)を養子に出すことにします。
    これで家でも職場でもケロはパワーをいただくことができます。( ✌︎'ω')✌︎ふたつ!

    そして今日もレッスンで生きることのパワーをいただきました。「血流」です。
    サンバのお題は、まず光と闇です。頭蓋は闇、足。頭脳は光、手。というふうに理解します。そして心臓から出る動脈血は光です。心臓のある左の方に出ます。静脈血は闇、右になります。闇と光の気の流れを見せて踊るということでした。
    スローでは心臓から出た血液は下肢の方からうに戻ってきますが、それが肝臓で浄化され、左腎でさらに綺麗な血流を見せたいと浄化する。それを右腎に届けて、背骨、い、丹田、心臓という循環で踊るということ。ダブルリバースも何もかものステップが足を運ぶのでなく、肝臓、腎臓を使ったボディスタイルで踊るということです。一緒に校長先生のレクチャーを受けていたマヤさんのワルツも肝臓の高い位置で踊る姿はとても軽やかでした。肝臓は神と魔、心臓は仏と邪と言っていました。この肝臓の高い綺麗なところで踊るのを観客は追っていくそうです。
    そんなダンスも見せていきたいと思いました。
    校長先生、今日もありがとうございました〜。血流が良くなって身体がとても気持ち良いです。ケロケロ

  • #1096

    光と闇を分けて。見せるでなく見てもらう。 (木曜日, 30 9月 2021 22:40)

    KDSダンスの修行をしてケロ自身が幸せをいただいていますが、今日はケロの大事な職場のスタッフもKDSに入会し、より良い生き方の修行を始めました。
    今朝、不眠と動悸で死にそうな顔をしていたスタッフは、校長先生のレッスン治療を受けて、とても晴れ晴れした、幸せそうな顔になったのを見て、ケロ自身も「KDSに来ていて良かったなぁ。幸せに繋げてあげることができて・・・」と校長先生に大感謝しています。先生、有難うございました〜m(_ _)m
    で、ケロもダンスレッスンのお題をいただき幸せです。
    サンバのお題は、光と闇を足に見せる。例えば電気をつけたり消したりという変化です。そうしないと足が絡まって転びそうになる。
    そして先日の心臓からのダンス。心臓上の心房が高貴な部屋。下の寝室が庶民の部屋。これを分けた境を大事にして踊る。さらに心臓には動脈(光)、静脈(闇)がるのでこの流れも意識して踊るということでした。
    スローのお題。ケロは光も闇もなく宇宙の果ての混沌の場所で一人で踊っていると。それではリーダーとのカップルにならないし観客も存在しない。
    そこで光と闇を分けて、闇の中の光を観客に見せるということが必要だそうです。それが自分というものを見せる。すっごい難しいよ。
    で、大事なことは見せると言っても、「私、やってま〜す!」という見せるダンスを踊るのでなく、観客の光と闇を集めて、見てもらうダンスを踊るということ。
    集めるということはコレクションというそうです。先生は蜘蛛の糸を集めるようにするとそれだけで踊れる言いました。
    また私やってます!見て見てダンスは上に向かって大ぴらなダンスですが、見てもらうダンスは目からポロポロと真珠の涙(ケロはこうイメージして)をこぼすようなダンス・・・素敵だなぁ。

    今日はたくさんの良いことを学ばせていただきました。水晶玉問題も解決したし、、、(*´◒`*) 良かったよ〜。校長先生、今日も大変お世話になりました。
    ありがとうございました〜ケロケロ

  • #1095

    心で踊る (火曜日, 28 9月 2021 23:46)

    今日はケロの法人の理事会です。運営側なので終わるとドッと緊張感が緩みます。
    それでもシスターズの皆さんが頑張っていると思うと、ケロも参加しなくてはと。
    終了15分前でしたが途中から参加させていただきました。

    「やってる。やってる」マヤさんとMOMOさんがハルエ先生の指導を受けていました。先生がチームになってきたから、ダンスのリズムが遅れると目立つよ〜見ないなことを言っていました。頑張らなくちゃです。

    スクールメイツのお題は「心で踊る」と校長先生が言っていましたが心臓でした。左右の心房と心室。心臓の4つの部屋を使って、踊るということです。まずは心臓に背骨を絡めるようにする。そうやって左右にボディを捻る。スタンダートのホールド。女性は心臓の上に頭を乗せる。髪の毛も乗せる。心臓の上下の部屋の間に目を挟むようにする。そして女性は心臓の部屋を分裂させないで上下左右、コンパクトにまとめる。リーダーはその心臓を掌で回すということ。
    バラバラしていたスローオーバースウエイも綺麗なホールドできるようになります。「おリャっ!」と掛け声をかけて、マヤさんのリードをしていたのもマヤさんが心臓を一つにまとめると軽いそうです。良かったね!
    とにかく女性は心臓を分裂させないということが分かりました〜(*´◒`*)
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1094

    生と死を掴んで踊る一人称を理解する (土曜日, 25 9月 2021 22:38)

    リフォーム後、快適な毎日を送っています。
    それに加えて校長先生の改築祝いの水晶玉による気の清浄が凄い!家の中が生き生きしている!毎日、感謝してます。
    何故?築50年の古い家を思い切って大掛かりのリフォームをしたのか? 
    ひとつは、子供達が結婚して家族が増えたので、実家に来たときに恥ずかしい思いをさせないように、気持ちよく皆に来てほしいからと。
    ふたつ目は、結婚して家を出て行った子供達のために、家に残った両親が快適に元気に生活していた方が良いだろうと思う・・・だから、今ケロはとても幸せにいます。今日も幸せを感じてダンスレッスンに行きました(*´◒`*)

    マヤさんと一緒のレッスン時間です。ケロは前回のお題「1人称」について理解が出来ずにいました。マヤさんとジリん先生の踊るワルツを見ていて校長先生がケロに言いました。「マヤさんは1人称で踊っているね〜」と。あ〜分かります!
    逆にケロは2人称、、3人称で踊ることはこの間のルンバで理解できていますが、1人称に程遠いそうです。仕事の責任を背負って周りのことばかり心配しているから・・・今日はマヤさんと1人称、2人称、3人称を校長先生から教わりました。それは曲を踊るのでなく、ピクチャポイズ、ショーステップなど、自分、相手、観客の誰が1番、2番、3番に見せるかということ。それもステップの構成でパズルのようにどんどん入れ替えていくということです。うわ〜凄っ!
    だから、ステップを覚えて進行してくだけではダメなんです。ダンスの醍醐味はここにあったのか〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    スローの一発目はまだ1人称とかケロは実践できなかったので、前回の顎と母趾球を繋げて先生とのカップルダンスを崩さないように気をつけて踊ることしました。
    今日はちょいとマシになったようです。良かった〜
    で、お題は頭蓋と頭脳を別々にして踊るということ。それにつく背骨も同じようにします。絶対に頭の天辺から足の裏、床で考えてはいけません。
    顎骨で後頭部のところまでで踊るということ。そしてこの頭蓋と頭脳を交互に、それもそれぞれが上下左右前後と自由になることが必要です。とても柔らかいスローになります。左右の顎関節出っ張りで引っ掛けて、それ以上は行かない。
    そしてとても大事なこと。先生とコンタクトした両手の中、それは生と死。それを左右の肋骨と繋げて。自分の掌の中に包む。その包んだものが命で、それがケロが理解できなかった「1人称」ということ!
    確かにこの掌で包み込むと、両方が自由になって自分のボディの動きや先生とのボディのコネクションも変わってきます。自分の人生だわ〜
    1人称は一人では分からないと言っていました。人にセーブしてもらって「ありがとう」と言った自分が1人称だって・・・
    因みに足の裏の母趾球は闇、他4本は光。ここも使って。特に母趾球の闇は性染色体の減数分裂。母趾球でこの分裂の逆をする。ひとつの細胞にまとまる世界がある
    そうすると若い頃に回帰したダンスを観客に見せることができるということです。
    校長先生のレッスンは本当に素晴らしいです。感動しています。
    マヤさんと一緒に冬祭りは、この1人称、2人称、3人称のダンスで深みのあるダンスを目標にします。その夜は・・・いえ〜い!楽しみだな〜
    校長先生、今日も大事なことを沢山いただきました。ありがとうございました。
    ケロケロ。*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

  • #1093

    一人称って・・・何? (木曜日, 23 9月 2021 22:49)

    校長先生にワクチン斬りをしていただいた後から、絶好調です(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    じりん先生も「以前のケロさんに戻ったね」と言ってくれました。嬉しいです。
    また自分の人生を取り戻したようです。ダンスを習いたての時のように自分の可能性にチャレンジしていきたいです。だからもっとダンスを踊りたい・・・と思っていたらレッスン終えた後にケロの課題が分かりました。一人称です・・・
    いつも周りに気配りばかりしている(?)ケロは自分自身が無いということ。
    一人称って・・・何? また体得できるように頑張ろう٩( 'ω' )و

    サンバのお題は、ケロが身体全体で踊っているということ。ウエストが切れてないそうです。ウエストの上は頭と両肩のライン ウエストの下は股と寛骨のラインで交差している。この上下を別々にするということ。背の高さでひとまとめに踊っているということです。例えば右にターンをするときも上半身は置いたまま、足の裏だけを右横に向けてからターンをする。車のハンドルの遊びだそうです・・・
    う〜んと、だから日頃からウエストから上半身は前を向いたまま、足裏だけを右に左に向けてみる。そうすると足の甲がボデイのフロントにつながる。そしてウエストが痩せるよと先生が言っていました。毎日やります!!!

    スローはこの切れ目が三つあるということ。それは首とトップバストとウエスト。
    で、どこを合わせるか??それは踊り方によって違いますが首とトップバストをリーダーと合わせて、ウエストを観客に見せる・・・
    そしてヘッドは母趾球につなげる。このヘッドとは顎先です。顎先を自由に動かして踊るということ。
    また自分というものを見せるのには、0.5で見せる。リーダーの0.5で二人で1になる。自分の残りの0.5とリーダーの残りの0.5でまた1になるのでそれを観客に見せるとも言っていました。な〜るほどです。ケロはいつも自分を1以上に見せてしまうのでダメですね。カップルダンスがはみ出ちゃう・・・1人称に必要ないい女にはならないなぁ。気ぃつけます。

    またダンスの深みにハマった感じです。すごく楽しい〜。難しいだけ楽しいです。
    ワクチンの鬱症状がなくなったせいですね。今日はまたケロの職場のスタッフがきてワクチン斬りを校長先生にお願いしました。本人も辛かったのでしょう。
    本人から「校長先生のところに行きたいと思ってました」というくらいですから。
    元気になった顔を見て、ホント安心しました。ケロの周りの人間が幸せになる。
    とても嬉しいことです。校長先生に感謝です。今日も大変ありがとうございました〜ケロケロ。 今日のメンツはおもちゃ箱をひっくり返したようで面白かった!
    先生お疲れ様でした。。。♪( ´θ`)

  • #1092

    頭蓋と脳を別々にして歩くということ (火曜日, 21 9月 2021 23:39)

    校長先生から頂いた水晶玉のパワーが凄すぎて、家中に清々しい空気が充満しています。こりゃ〜診療所に持って行くのが惜しくなりますわ〜(*´◒`*)
    それでも待っている職員が複数名います。
    仕方ないな〜職場に飾るのはウィークデーだけだよ( ◠‿◠ )なはは〜っ

    シスターズレッスンです。今日は全員集合。はるえ先生が一発めと最後に録画してビフォーアフターを比較すると言っていましたが・・・どうもハルエ先生の動画は調子が悪いようです・・・ケロ達のダンスの影響でしょうか???
    そうゆうことで、細かいところのチェックをしていただきながら治してもらいます。両手を頭の上で合わせての揺らぎのダンス。右足をスウエイをかけながら前進するには左の顎骨と後頭部をずらすということ。上体と下体もずらす。左右の足を出すときは、どちらかがpullで、他方はpush。という具合に体を使っていきます。
    アフターは良かったと思います。次も頑張ろう٩( 'ω' )و

    スクールメイツは、男性陣がジリん先生とMOMOさんだけ。
    今日は足で床に立つのでないということのお題で始まりました。
    その初めは、左足を少し上げて、右足を床についた椅子に座っている姿勢。これをリーダーが女性を立たせてエスコートすることを教わりました。
    リーダーは自分が座っている姿勢で、右足を使って立つ姿勢の女性をエスコートします。そして立っている姿勢の女性を観客に見せるということ。
    リーダーが座っている姿勢で女性の座っている姿勢を連れて歩こうとしてもグダグダで型崩れになります。個人が一生懸命でなく、カップルのダンスを見せるためにはそれぞれの役割があるんですね〜。
    そしてスローオーバースウエイのピクチャポイズ。女性の頭が背骨からガクッと後ろにのけぞってしまうことがありますが。この解決方法は脳みその重さを床にかけて頭蓋は常に挙げておくということ。そうすると頭の位置も治ります。リーダーもリードしやすいのでしょうね。MOMOさんもやりやすいと言っていましたから。
    普段から歩く時は片方の足を使って左右の足を動かして歩く。脳みその重さを使って頭蓋を上げて歩く。練習してダンスに生かしていきたいです。
    校長先生、ハルエ先生、今日もありがとうございました〜
    月の気が入った月見団子もいただき、さつま芋のケーキもいただき大感謝です!
    ケロケロ〜

  • #1091

    女性は右足の受信体 (土曜日, 18 9月 2021 22:58)

    校長先生にコロナワクチンを斬ってもらってから、とても調子が良いです。
    校長先生にも「一時の老けた感じが改善してきたね〜」と言われました。
    そうなんですぅ〜、とても調子が良いので超忙しい割に毎日ルンルンしています。
    先生のおかげ・・・(*´◒`*)

    で、今日のお題はとても難しかったです。先生の理論は理解できる。けれど、自分の感覚で体得するにはまだまだ。。。繰り返し修行しなくちゃ完璧には難し無〜ってなところです。
    それは、ダンスの原則・・・リーダーの左足がスタートで、パートナーの右足はフニッシュということ。いつでもそう・・・リーダーは左足で踊る。女性は右足で右足を出し、右足で左足を出すということです。そして男性の左足と女性の右足で一人の人間の左右の足ができるように踊るということ。
    そしてリーダーの光を受けて踊るということは、リーダーの足の裏、母趾球以外のところを感じて踊るということでした。
    で、で、リーダーは神様の気を受けて発信をするけれど、(それが左足、宇宙の世界のこと)パートナーの女性はそれを受信する右足ということ。
    ケロはどうしても左足で発信が強いそうです。
    シスターズのジャファーを踊るときは良いようですが、先生とのダンスではダメですね。肝に銘じます・・・
    サンバもスローもこの練習をしました。右足で踊れるようになると「キャリア」のあるダンスに見てもらえるそうです。もうそろそろ、ケロもそう見てもらえるように頑張りたいです。
    それと還暦前のケロのダンスに必要なこと。指先で踊ると死の世界に近づく。
    手のひらの部分でホールドすると若い生きてくエネルギーのボディで踊れるということです。この前のスクールメイツでも先生が言っていたな〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

    土曜日のレッスンはマヤさんと一緒。マヤさんの手の痺れは老化現象と先生が言っていました。斬ってもらって改善したようです。無意識に老化を進ませていること。ケロも勉強させていただきました。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ( ´∀`)

  • #1090

    右脳と左脳の天・地・人 (木曜日, 16 9月 2021 23:19)

    木曜日はMOMOさんと同じ時間のレッスン。
    人の振り見て我が身を直せ・・・てな感じで校長先生がMOMOさんの腰の位置を直し、顎を直しました。で、親子遺伝?
    ケロも同じ傾向があるようで、二人して左脳が強いようです。
    そこで今日のお題は右脳と左脳です。床から立つ私たちは右脳と左脳が並んでいると思っています。それが違う。
    右脳が上で「天」、左脳が下で「地」そしてその下が人となります。
    脳が動いていないケロはまずその右脳が上、左脳が下で踊ります。
    そして右脳は左に風を吹かす。左脳は左に風を吹かす。気流を見せる。でその要領で左右のネックを作ると「上手い」と評価されるダンスになるということ。
    さらに浮き輪の脂身をしっかり使うためには、左脳は遠心力、右脳は求心力で踊る。つまり右脳と左脳を口腔の一番高いところから口まで届かせ、閉口しているから後頭部の凹みにぶつかります。それを下におろす。その先が横隔膜の左右端。左右の脇腹の脂身で踊っちゃうからダメだそうです。この横隔膜のぎゅっと求心力を使うことでパワフルなダンスを見せることができます。
    そしてスローでは、頭部が天、上顎部が地、下顎の先が人。この3箇所の使い方。
    先生の天にケロの上顎部の地をはめて合わせて踊るとビュンビュン、ターンも嫣然怖くありませんでした。こうやってスローははめて踊るそうです。ちなみにワルツは、ギリギリはめて、ずらすことの繰り返し。な〜るほどです。
    ダンスがとても面白いです。先生曰く「ダンスのあれこれを教えるより、治しちゃった方が早い」と言っていました。ケロの左脳と右脳を上下に治すことでこんなにもダンスの世界が変わってしまうこと。とても驚いたのと素晴らしいな〜と感動でした。校長先生のレッスンは本当に素晴らしいです。

    そして2時間のレッスンを終えたあとにケロの職場のスタッフを校長先生に見てもらいました。多重なストレスとコロナワクチンによるうつ病の初期症状で精神科の紹介状も準備されていました。けれど、校長先生のワクチン斬りと手当てによって帰りはニコニコ笑顔で帰って行きました。そしてな〜んと自ら、ダンスはできないけれど定期的にレッスンを受けにきても良いですかということになりました。
    校長先生に見てもらうことができたら、そのスタッフも本当に幸せ者です。
    そしてケロも安心できます。そしてですね〜生徒になればKDSの大掃除の特典もつきます!!!(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ヤッタァ〜また一人増えた〜!!!

    ということでもありませんが・・・KDSダンスを通してケロの大事な人間が幸せになってもらえること本当に嬉しいです。校長先生のおかげです。また今日はケロの改築祝いにと特別の水晶玉をいただきました。診療所のスタッフが元気になるように祀らせていただきます。ありがとうございます!
    で、不思議。その水晶玉の入った箱に手を置くと凄い波動を感じます。
    とてつもないパワーです。校長先生の愛情こもった水晶玉で大勢の職員が元気になるでしょう。校長先生、今日もたくさんの幸せと元気をいただきました。
    ありがとうございました。ケロケロ。
    良いダンスを踊ることが恩返し、また頑張るぞぉ〜(*´◒`*)

  • #1089

    闇と光の葛藤 (火曜日, 14 9月 2021 23:36)

    シスターズレッスンの今日はMOMOさんお休み。
    ジャスミン姫とジャファーの二人がハルエ先生の集中して細かく教わりました。
    身体の胸骨、LODとリーダーの二方向。その間のセミサイドということを理解します。前進でも横方向でも身体を真正面にして動かないということです。
    で、ジャファーの杖を持っての登場シーンもただ杖を上下にするのでなくて、手首や肩と見せるところ、動かすところを変えていきます。杖を使ってのターンは求心力と遠心力のバランスで回る。ただ棒を振り回すのではないな〜。納得です。

    スクールメイツは男性がお休み・・・ヤッタァ!女子会ダァ!飲み会ダァ!
    ではありません。今日は「ワルツ」を教えますということ???
    最初のお題は床から立っている臍の位置を上げて、口腔の奥と繋げて立つ。
    これを基本として、色々とダンスの基本が広がるそうです。
    次にダンスの指です。足の母趾球は納めて、他の4本指は広げて。そして椅子から立つ動作。椅子に座る動作は、手の他の4本指と肉球の間を使って座ります。
    だから、ワルツのナチュラルターンは後退歩が座る姿勢なので「手」で、ターンをして足を揃えて立つので「足」でということだそうです。すご〜い(´∀`)
    そしてダンスの歩き方。それは闇と光の葛藤を見せて歩くということ。
    だからリーダーが女性をエスコートするときは、女性に光を沢山見せてもらうようにリーダーの闇も同じ容量が必要ということ。女性がワルツを踊るときは、光と闇の両方のコントラストを表現するということ。すっご〜い!綺麗!
    で、手の使い方。年老いた手の使い方は指先で表現すること。若さを見せるには、手のひらの部分でボディを作って、コンタクトを取って踊るということでした。
    ボディのメリハリがつきます。最後はフロアに登場するとき、歩いて出て行くときは足の他4本から光を目一杯出して、登場。発表が終わってフロアから退場するときは、足の母趾球の闇を使って退場していくということ。
    うんうん、これもただ歩くのとは大違いですね。
    光は「希望」、闇は「規律」と校長先生が言っていました。とても勉強になります。今日欠席したリーダーさん達にも伝わるといいです。
    校長先生、ハルエ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ( ^∀^)

  • #1088

    身体が喜んで踊っている! (土曜日, 11 9月 2021 22:23)

    今年1月に開頭手術をして2月からずっと走りっぱなしで、毎日、毎日仕事が山積みでとても疲れていました。ダンス音楽を聴いても気持ちが乗らない。一人になると涙も出てきて・・・鬱病になったのかと思っていました。
    でも、違ったんで〜す!ワクチン斬りを校長先生にしてもらったおかげ、以前のケロに戻ってきました。ワクチンを斬った後は「ダンスをして身体が喜んで踊っていたよ^」と言ってくれました。その通りです。
    一緒に斬ってもらったマヤさんも同じように不調で同じように元気を取り戻したようです。よかった〜校長先生に感謝!

    今日のサンバのお題は足の裏の母指球。母と子と球です。つまり球を真ん中に末端の方を子。中枢の方を母。それぞれが球から離し戻すという動き。
    子の方を動かすことで若さのある動きができます。母指球は他の指と違う動きです。そしてラテンはケロ自身の動きをしていることでリーダの先生がそこにアクションをかけてくるということ。
    スローは二人の母指球を密接に合わせていく。先生の母指球を追いかけて、自分の母趾球を自分の肘にも届かせます。

    で。どうしてもワクチン接種後のケロのダンスが「下手くそ」になったという先生が、この際だから「ワクチン斬っちゃおう!」ということになりました。
    斬ってもらったあとは少しずですが、自分自身を取り戻し。そして冒頭の身体が喜ぶダンスが踊れるようになったということです。本当に嬉しい(*´◒`*)
    鬱状態から脱した感じ。校長先生、今日は本当にありがとうございました〜
    来週のレッスンからまたかんばりま〜す( ✌︎'ω')✌︎ケロケロ

  • #1087

    外壁と内壁のダンス (金曜日, 10 9月 2021 00:04)

    えっほっほ♪えっほっほ♪
    サンバデモ曲の出だしです、お猿のかごやではありません。
    最初のお題は、ラップ音楽のどこで区切って踊るのか?というケロの質問に、校長先生がリーダーが区切るのだから、パートナーが区切って踊ったらあかんということ。そしてダンスには、マンボステップは歩く、ブルースは二人で合わせて歩く、ジャイブは跳ねて歩くという風に構成されているということ。だからサンバにもそうゆうことがあってケロはずっと同じように走りっぱなしだから、どこかでエンジンをかけたままブレーキやアクセルをかけたりして踊るということ。そしてハイツの問題、テニスの後衛は下の方に前衛は上の方でボールにアタックする。これをリーダーと二人で交互にして行うということ。二人が同じ高さだとダメだそうです。
    スローでもケロは同じ高さで踊るので、ヒールターンは高く、リバースターンは低くという風に高さを変えると上手くいくことがわかりました。
    さらにアクセルからブレーキをかける場所は高い位置の頭脳の部分、神様の場所ですが口腔の高いところから口の中で収まるようにします。そうすると肘の筋のところで止まります。な〜るほどです٩( 'ω' )و

    そして今日はMOMOさんとジリん先生が隣でレッスンです。ワルツを踊っていますが。。。ワルツやパソは城壁の外側だそうです。ケロのスローは城壁の内側を通ります。何のことかと思いきや、前回のスクールメイツの細胞でした。細胞の外膜、内膜の使い方でした。とても勉強になりました。
    で校長先生曰く、ケロは外膜の内側で患者さんの多くを対応して、そこで苦労することもあるけれど、内幕の中であぐらをかいているということ。なんじゃそれは〜? で細胞の中のミトコンドリアや核、染色体のパカんと割った中の塩基を知って、イメージして踊るということだそうです。この細胞の中のことはとってもダンスを楽しくさせる。またダンスが大好きになりました。
    あ〜みんなに知ってほしいな〜ってか、その前にケロがそのことを踊って見せたいです。頑張ろう〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1086

    細胞から染色体へ (火曜日, 07 9月 2021 23:52)

    シスターズのレッスンです。毎回動画に撮ってはるえ先生がダメ出しをします。
    細かいところ、ポジションなど確認しながら修正していくので、あとは通しで繰り返し踊っていくことで音楽に乗って踊っていきたいと思いますが・・・
    MOMOさんとハルエ先生は30歳代 ケロとマヤさんは・・・う〜ん、頑張ろう!

    で、スクールメイツのお題は、シスターズダンスではるえ先生が頭を抱えちゃっているところだそうです。オイオイ、オイオイ、オイオイ ケロとマヤさんってこと? 床から立って踊る。手や足から踊っている。どこから踊るのか?
    それが細胞から染色体に向かって踊ると言うこと
    細胞にも原細胞の生殖細胞と体細胞とあります。人細胞は丸い。植物細胞は四角い。その丸い細胞は上下の分裂、左右の分裂、前後の分裂をしますが、それを止めて胃のあたりに存在する。そしてその染色体の先にあるDNAをぱかんと割って中にある塩基、その中の伝令 RNAを飛ばすということ。で、それは2本の蔓のようになっていて、ダンスもその2本を使って踊ることが大事。校長先生が一人で2本を使ってワルツを踊って見せてくれましたが。とっても素敵でした。
    あんなふうに踊ってみたい(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    校長先生に習いたての頃、ジャックの豆の木のお題でこの蔓と伝令RNAのことを習った覚えがあります。もう一度、ケロ日記を読み返してみたくなりました。
    また違った学習ができて楽しいです。校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ。

  • #1085

    小さなラッパ管 (土曜日, 04 9月 2021 22:53)

    哀しい時ぃ〜! 溢れるくらいのカスタードクリームのたい焼きを食べていて、ボタっと落ちた場所がお腹の上だったときぃ〜(T . T) 何故?胸の上に落ちない??
    ケロの七不思議や〜

    ということで、今日も痩せるつもりでレッスンに向かいました。本当です。
    レッスン前にいつものお祓い。今日はストレス斬りだそうです。
    生徒は日常生活のストレスを持ち込むので、それが先生たちのストレスになるということ。ケロなんて毎日がストレスフルっす。そこからサンバのレッスン。
    今日のお題はストレスフリーで踊ること。隣で踊っているジリン先生とマヤさんがストレス切りを受けたあと、どこを合わせて踊って良いのか困っているふうに見えました。今までお互いのストレスを合わせていたということだそうです。
    そこでケロも同じ。お互いの手を組んで合わせた時に手首にストレスを加えると肩で堪えます。だから肩が痛くなる。そうではなくて、右手を組んだら左手の方まで届けるようにするとストレスがないということ。これが外のこと。
    で、ケロサンバは手の外、足の外を踊る。それは手袋、靴下で踊る感じ。左足は右腰に、右腰は左腰に繋げて踊る。先生の手袋、靴下にも合わせて踊る。
    あー外のダンスってストレス無くて良いわ〜( ´∀`)何故なら「長生き」のダンスだそうです。それを観客に見てもらうと言うこと。わ〜、それならケロナースも嬉しいです。

    そしてスローです。スタンダートは組んだ瞬間からフリーになれない気がするのでストレスです。だから辛い・・・で、今日のお題は臍でした。それもラッパ管。ケロの臍は下を向いてしまうのでロアの時に重いということ。じゃあ!ラッパ管を上に向けて色々なものを受け取りま〜す。それは酒屋の漏斗。ダメでした。
    先生が言うのは耳鼻科で使う小さい耳管。それもとても浅い。奥まで届けると老化現象。若い人の臍のように内壁で小さくする。浅く踊る。これがリーダーとフロントで踊ると言うことか〜。実感です。60歳すぎるとこれがどんどん大きくなるそうです。だから今のうちに小さいラッパ管を身につけてボデイが崩れないようにすると言うこと。やっぱりKDSダンスは体に良いですね〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    校長先生、今日もありがとうございました〜。帰りの耳の老化斬りもとてもよかったです。また頑張れま〜す。ケロケロ

  • #1084

    酔ってないのに酔ったふりのピアニシモ (木曜日, 02 9月 2021 23:45)

    毎日時間に追われ、コロナに追われ、ほっとする間も無く、時間が過ぎてしまいます。もう9月だわ〜。今年のカレンダーも残り4枚です。
    あとは冬祭りと年末のだい忘年会か〜。あ〜だい掃除もありますぅ〜( ◠‿◠ )

    サンバのレッスン一発目。ヨレヨレ〜で校長先生にお疲れだね=と言われました。
    頑張ろうっと!で、今日のお題は、頭まっすぐと横の絡みです。
    とかく床からまっすぐ立ったり、西欧の競技ダンサーでも首から下まっすぐのボデイに頭を乗せて踊る人が多い。ドニーバーンズは究極の頭まっすぐ。
    これはダンスのキレを見せるということで、ターンをするときにどこから回るか?首の付け根だと腹で回っているのと一緒。エリザベスカラー、猫の首につけるラッパのようなカラーのあの辺、上の方で回るということ。そうすると身体ついてこない恐怖感もありますが大丈夫、慣れだそうです。
    そして足の使い方。喉仏の前を使います。喉仏の後ろはいつものバランス。喉仏の前はそのまま頭です。そこと母趾球をつなげる。神細胞。母趾球の外回りは、喉仏の後ろにつなげる、肉体細胞。この二つのエリアは、首から肩にタオルをかけて前で合わせた状態のイメージだそうです。で、頭まっすぐにしながら、ボデイの横で先生と絡む。腕も横で絡む。横ということの感覚は難しいけれど、四角いブロックの頭とボデイの人型をイメージする。うん、なんとなくだけど出来そうです。

    スローは。。。笑っちゃう。だってですね。先生がケロに酔った後の二日酔いの状態で踊るように言います。PPから前進の時にも、酔って駅のベンチで寝ていていいから。起きないでと言います。何のこっちゃ???
    で、横で踊るMOMOさんにも言いました。か弱い、繊細な感じ。と。
    お〜い、おお〜い、先生、ケロにもそう言って欲しかったぁ(*´◒`*)
    つまりケロは元気よすぎてダンスの強弱がないそうです。
    それは臍の奥の突き当たり。そこをマイナーにする、そして背中を通って上がっていくのをほそ〜い針金。逆にフロント前は扇子の太い骨組みとまっすぐ食道から胃まで太い針金。で、この背中の細い針金と手の先や他の身体全体をケロは糸のように繊細な針金の束のイメージで踊りました。これが酔ったふりしたピアニシモの状態です。酔ってないけどね〜。踊れるけどね〜。( ✌︎'ω')✌︎
    ケロとMOMOさんは親子で弱いところを見せないように強いフォルテ状態で踊ってしまうのでそこらへんスローやワルツで勉強した方が良いようです。
    今日のお題も難しかったけれど、やれば出来る٩( 'ω' )و
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ