keroさんの面白レッスン日記(週2更新)

コメント: 1241
  • #1241

    大根の面取りでボディメイクをする (土曜日, 26 11月 2022 23:05)

    可愛らしい声の虜になっています。「ぺいぺい〜�」
    遅ればせながらPayPayデビューしました( ✌︎'ω')✌︎ 付与ポイントに喜んでます。うふふのふ

    今日のジャイブレッスン。どうも明日、ケロケロ主催の学習会のストレスか〜?
    朝から首周りが痛くて動きません。自律神経障害です。地域住民の他に、行政職員や2箇所の公立病院の看護部長さんをお招きしてのチョイと神経を使うのでメンタルにきているようです。校長先生に治していただきました。延髄のストレスだそうです。
    そして今日のお題は、大根の面取りでボディメイクを作ることでした。その大根は大脳と南半球に位置する恥骨です。
    フロアに一緒にレッスンを受けていたマヤさんのタンゴは面取りした切れ端を観客にぶつからないよう捨ててタンゴを踊ります。ケロのジャイブは切れ端を拾って、観客に浴びせます。だからジャイブの跳ねるステップになります。
    で右足後退歩ではその大脳を真ん中で分けて右脳をずらして左脳を端カット、前カット、後ろカットというふうにして踊ります。大脳大根の面取りをしながら踊るので動きが単一にならない。そしてそのメトリをどこで魅せるか膝下から足先です。ここに面取りのボデイメイクを見せるということでした。
    ワルツでは、踊り出してすぐに右シューズの靴紐が外れてしまいました〜校長先生がそのまま踊るようにと言ったので、足を気にしないように踊りました。
    それでも大脳の使い方がまずかったようです。ワルツのナチュラルターンでは真ん中をカットした後、大根の上下をカットした綺麗さで踊る。リバースターンではその真ん中をカットした綺麗さで踊る。膝下の面取りボディメイクも足先から外に出ないようにして踊る。
    もっと凄いのは面取りした切れ端を肩から捨てる。貴婦人がショールを肩にふんわりとかけた様子。それがスタンダートのショルダーダウンの綺麗さということが分かりました。

    で、ケロの人間的特徴、校長先生に言われました「甘えることを微塵も知らない」「±のプラスだけ」「手乗り文鳥のように小さくなって踊ってみて」と・・・
    ケロの未知の世界。色々な世界に挑戦です。難しいけれど、毎日の大変なことを生きている幸せに置き換えることができます。校長先生のダンスのおかげです。感謝、感謝。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ。

  • #1240

    子宮の親子空間・宇宙空間 (木曜日, 24 11月 2022 23:43)

    新規事業の1番の課題は人材確保です。面白いことに若い男性職員の応募が多いです。
    介護現場でのチーム作り、どんなふうになるのか?楽しみです。(*´-`)

    ジャイブの最初のお題。手で踊ること。入る左手と出る右手。マーカスのスタンダートの写真を見てレクチャー受けました。マーカスの左手でカレンの右手から出るものを受け止めて、左手から出してカレンの左手で受け取る。この左右の手の動きを使って踊ることをします。また延髄を大脳・小脳・脊髄からバリアして、延髄を独立させて踊ること。
    マスク(顔)を延髄から外して踊ること。そのマスクの裏側に大脳の視覚、小脳の耳など五感を動かす。マスク面は動かさない。もっというとクイックは先生の裏にケロのマスクを合わせる。ワルツはその額というふうに変えるようです。
    でケロの欠点。人との距離感が分からない人間ということ。そう、ケロはいつでも120%自分の気持ちや考えを周りに伝えることが必要と思っていますが。その周りの人間の気持ちを同じようになっているのか理解していない、距離感がつかめないそうです。それをダンスで修行することが必要と言われました。
    ワルツでは、先ほどの左右の手ですが、前回のスリムチャンスで言われた左は臍から(祖先のつながり)右手は子宮から親子の繋がり、そして子宮は宇宙空間だそうです。そうやって変えていく。左右対称ではないんです。変えていくとそのように踊ることができます。これもケロの欠点を治す修行です。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1239

    魂の自覚 (水曜日, 23 11月 2022 02:03)

    今日はマヤさんとMOMOさんがお休みで1人だけのシスターズレッスンとなりました。
    最初のステップからみっちり教えていただきました。
    はるえ先生のお題は、ヒッティングポイントのパワーの出し入れです。空気を動かすほどのパワーを入れる。パワーを放出する。足や身体をただ動かすだけでないダンスを踊ることを目指します。
    スクールメイツはMOMOリーダーとマヤさんパートナーが不在のためにKANさんとのカップルです。いつもと違うリーダーといつもと違うポジションで「新鮮だわ〜」
    で、マンボステップ。KANさんは○庵店長のためにそのお店に来る年代の女性を丁寧にリードしようとしています。マ○○の若い世代のお客さんで全く接待の要らない感じ。それを肘で行うということです。で先生が大脳と小脳、延髄と脊髄。この四つをしっかり意識して立ってみなさいと言われました。その立ち姿が自分の歳だそうです。そしてこれが魂をじかくするということ。まだ若いKANさんはその魂を自分の内に自覚しますが還暦を過ぎた頃からどんどん自分の外側に自覚するようになるそうです。だから遠い自分の場所で踊るということです。だから若い人のように自分の内で踊ることも必要ですね。そして延髄でお互いの距離をとって、リーダーは延髄でリードを送るということ。女性はこう踊りたいと思っていればいいそうです。。。な〜るほどです。今日も大変勉強になりました。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1238

    2022冬スリムチャンスは老化防止の神経トレ (日曜日, 20 11月 2022 17:10)

    うわ〜い!スリムチャンスで〜す。今日から痩せたいと思いま〜す。
    冬スリチャン1回目なので簡単な動作なのですが、キツかったな〜

    今日のお題は老化防止の神経トレーニングでした。
    それは大脳と臍、小脳と子宮の組み合わせをイメージして。
    まずは大脳と臍をつなげての姿勢を作ります。その後に小脳と子宮の動きです。
    大脳と小脳をストレッチした後は。延髄です。延髄は周りから集めた情報を動きとすると言っていたように思います。延髄の動きの終結は下顎です。だからダンスでは頭のてっぺんが最上でなくて下顎です。そして脊髄です。脊髄は左右対称に力を入れるところです。
    この延髄と脊髄の関係で椅子に座って足を揃えた状態で左右に動くと。。。ウエストが絞られるようになります。立っている時のサイドステップ(スキージャンプ)は右サイドは子宮に左サイドは臍にというふうに変えていきます。ダンスも同じように変えるということ。
    これをナチュラルターンでも同じようにするということだそうです。
    神経トレーニングは椅子を使って、器具を使いませんでした。新しいスリムチャンスです。痩せて、ダンスも上手になれると思います。。。でも悲しいかな。来週は仕事で参加できません。(T . T) マヤさん。ブログ書いてね。お願い。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1237

    魂のキウイフルーツ( ˊ̱˂˃ˋ̱ ) (土曜日, 19 11月 2022 23:26)

    ジリン先生がケロのことを見守っている!?
    今日こそはジャイブとクイックステップの切り替えが上手くいきますように・・・
    前回の股関節と坐骨の切り替えを行なって・・・なんとか校長先生にokいただけました。
    けれど、その上がまだあります(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    今日のお題は、頑張り一辺倒で踊っているケロジャイブ。それを四分音符の浮き沈み。それも一日、1週間、ひと月と。人生の浮き沈みの中で高揚している時と、落ち込み沈んでいく時とその狭間で「でも頑張る!」と生きていくことをダンスで3重で踊っていくということ。
    ワルツでは、その3重の他に、過去の戻っていく。子宮から産道を取らずに帝王切開で生きてきたケロ。その後の積み重ねて生きてきたことをダンスで踊る。過去を振り返ること。それも一日前でなく前世から振り返ることでダンスの表現の深さを魅せることができます。
    そして心臓と肝臓の下から支えるのでなく上から吊り上げること。キレイな血液で踊ること。マヤさんのタンゴは心臓と肝臓の下の汚れた血液の中にあるちょびっとだけの綺麗な血液で踊ることなど教わりました。そしてワルツはリーダーの魂を追いかけついてくパートナーであること。魂とは自分の外にある神様の魂であることだそうです。看護師を生業としているケロはどうしても病人の汚れた血液に向かいやすい。神様の魂を追い求めることがとても大事だなぁ・・・(*´◒`*)
    魂の学習をしたケロとマヤさんに校長先生からご褒美をいただきました。
    ◯○にひたされたキウイフルーツです。最高ですっ!
    校長先生、今日も人生の哲学と奥深い舞踊を教えていただきました。
    ありがとうございました〜ケロケロ

    追:昨日はMOMOさんとお婿さんのKAI君のウエディングフォト撮影を行いました。
    新婦の母として嬉しさと綺麗な白無垢姿のMOMOさんの花嫁姿に感無量。
    16歳からお世話になったスクールで校長先生の許可を頂き記念撮影も執り行うことができました。心より感謝です。MOMOさんの人生の大事な場所です。本当に良かった〜。
    校長先生、はるえ先生、ジリン先生、ありがとうございました。ケロケロ

  • #1236

    格好いい椅子の座り方・・・で踊る (金曜日, 18 11月 2022 00:31)

    朝から目まぐるしい1日でした。
    仕事の都合でレッスン時間も変更していただきMOMOさんと同じ時間帯になりました。
    ジャイブのお題は、、、やはりジャイブからクイックの切り替えが上手くいかないことです。ひとつ目はケロの延髄です。そこを締めて踊るようにと。左右の手指を交差するように締めるということ。それは両手の変化に繋がります。次にはジャイブのラテンアメリカは坐骨で、クイックは股関節で踊るということ。この切り替えが必要です。校長先生曰く「舞踊はこの坐骨と股関節で踊ることが肝」と言っていました。

    ワルツのお題は先生の坐骨にケロの股関節を乗せていくことです。で、今日の大事なお題は椅子に格好よく座るスタイルで踊るということ。けろはデスクワークがほとんどですが、頭を目〜いっぱい使うので体は椅子にどっしり緩んで座っています。それが格好良くない。
    伸ばした足も太腿から上に上がる感じ。床に落ちたものを拾う時も上腕から拾う感じ。
    椅子に座る姿が慎ましくエレガントで格好も良いとダンスも素敵になるようです。
    明日から気をつけて座ってみます。。。校長先生、今日もありがとうございました〜ケロ

  • #1235

    寛骨の空中浮遊論 (火曜日, 15 11月 2022 23:39)

    先日、介護施設の建設予定地を校長先生にお祓いしていただきました。
    毎回、毎回、言いますが。。。校長先生は凄すぎっ!です。
    塩、酒、米を撒いて清めて神様を呼び寄せていただいたということですが、立ち会った若い現場監督さんも「曇っていた空がパーッと晴れて、凄い!」ってびっくりしていました。
    良い建物が出来ます!校長先生に感謝です(๑>◡<๑)

    で、昨日と今日、二日続けてリモート研修を受けました。両肩がガチガチに凝りました。
    レッスンに行って治します。校長先生の今日のお祓いは中年太りの解消だそうです。
    ヤッタァ٩( ᐛ )و 痩せた気がします。ほんとです。
    シスターズはコナンを何度も踊りました。楽しいです。はるえ先生が冬祭りまであと4回と言っていました。細かいところもチェックしていただき最後までフロアを沸かせる楽しいキレキレダンスを踊れるようにします。
    スクールメイツのお題はマンボの踊り方。寛骨を仙骨、尾骶骨から離して踊る。寛骨をゾウさんの耳のように左右違えて踊るということ。寛骨は自由奔放に動きます。だから色々なダンスの振り付けができる。そしてリーダはその女性の寛骨を持って踊る。切り離したリーダーの仙骨と尾骶骨にはめるようにするということです。
    校長先生が寛骨の空中浮遊論と言っていました。浮かぶんだぁ〜。
    マンボも楽しく踊って今日は汗もかいて、ストレス解消できました
    校長先生、はるえ先生、ありがとうございました〜ケロケロ♪( ´▽`)

  • #1234

    左目と脳 (土曜日, 12 11月 2022 22:26)

    ケロの働く地域ではコロナ第8波が身近に感じられるようになり、そしてな〜んと!
    今日受けるはずだったエステの担当者がインフルエンザに罹患したということでキャンセルの連絡が来ました。ケロ「セ〜〜〜ッフ!」ʅ(◞‿◟)ʃ

    感染症に負けない健康作りのためにレッスンに行きます。
    今日はジャイブもワルツの衣装を着て踊ることにしました。校長先生の考えている作品のイメージと合うかどうか?そしてケロが衣装を着こなせるかどうか?で、本番当日に慌てないで着替えが出来るかなどなどレッスンで着ることによってクリアしていきたいと思います。
    ジャイブは衣装着て3度目なので着心地okでした。校長先生がジャイブは心が軽く踊っていてよかったけれど、クイックで重さも必要と言われました。クイックの見せ場は軽さと重さの配分が必要のようです。で、ケロの最初のお題は、足で踊っているジャイブを先生と繋いだ手のことでした。それは親指から小指、小指から親指、この双方の爪のことです。
    親指から小指は肺に、小指から親指は腹部に行くそうです。そして肝心なのは左目と脳を繋いで、そのコピーを右目にするということ。だから左目って重要なんだなぁ
    ワルツを先生の左目をケロの右目にコピーして踊りました。じりん先生が今日はヘッドの位置が良かったと言ってくださいました。ケロも迷わず自分のボディを魅せて踊ることができました。ペパーミントグリーンの衣装ですが、その色を表現できるように軽やかに踊ることができました。あとは天界に行く自分を表現することが必要です。
    で、恒例の校長先生の衣装指導です。やはり先生は凄いな。ペパーミントカラーに今回の「人生の扉」を表現したアイテムを追加することになりました。ホント、先生は凄すぎです。ジャイブの鬼滅の刃もそうですが、今日足された、そのことによって今回の作品が活きてきます。アマチュアのケロが一つの作品を仕上げるためにも必要なことです。ケロの人生の財産になるのですから。校長先生、今日もありがとうございました〜。あとひと月、頑張りま〜す!!!ケロケロ٩( ᐛ )و

  • #1233

    人生の隙間を生きる (木曜日, 10 11月 2022 23:21)

    校長先生が言っていました。「人生のレールの上を生きていたら駄目。周りがついてこない」「人生の隙間を生きなさい」と。風通しが良いし、身体が若返る感じがしました。
    今日も気持ちの良いレッスンをいただきました(*´◒`*)

    今日からジャイブレッスンを先にお願いしました。鬼滅の曲。ジャイブからクイックステップに切り替えがケロにはうまく出来ないからです。ホントに難しい〜( ; ; )
    で、今日のお題のひとつ目は、頚椎・胸椎・腰椎のそのかたまりのごとの隙間をずらして横振れを踊るということ。ナチュラルターンの後退歩をそのズレで踊る。そのズレを先生のずれと噛み合わせるように踊る。でも内臓は真っ直ぐにする。
    そしてラテンは頭と頚椎1番を一緒にして頚椎2番からボデイと繋げて踊る。スタンダートは頭と頚椎1番を離すようにして踊る。。。合っているかな?なんせ種目によって違う。
    お題の二つ目は顎先です。ラテンアメリカは顎先の左右を頭(上)とボデイ(下)と分けて踊ります。それに半身が内臓真っ直ぐと半身が背骨からくる神経とと分けて踊ることもします。顎先と同じ作用をするのが踵。踵に内臓の重みを乗せるのがクイック。ワルツは踵を神経に使って踊るということ。
    でその顎先は「子宮から産道を通って生まれる」というライズの動きと「子供を産道を通して産んだ」というロアの動きがあります。それは頚椎7番目と喉仏を結んだ首周りの中央の皺なんですがその皺と顎先のトップとの間でそれ以上に落ちないし上がらないということ。
    そして最後のお題は上肢の関節、手指の関節まで細かい動きですが左手は尾骶骨の上下の動きに。右手は頭の隙間に入っていく。この二つの動きで踊ることであちこちの骨の繋ぎ目に隙間があって風通しが良いなぁって思いながら踊ることができました。
    で、冒頭の「人生の隙間を生きる」ことの大事さを知ったのです。
    色々なことで悩んでいるのが馬鹿らしくなるほど爽快な気持ちになります。
    校長先生のおかげです。今日もありがとうございました〜ケロケロ٩( ᐛ )و

  • #1232

    マンボを馬鹿にしてはいけないd( ̄  ̄) (火曜日, 08 11月 2022 22:47)

    皆既月食・・・スクールの駐車場に望遠鏡が置いてありました。
    ズルズルと位置を変えて月に向かって覗いてみますが、な=んにも見えません。覗いて見る目が反対です。。。本格的な望遠鏡って難しいなぁʅ(◞‿◟)ʃ

    今日のシスターズ、3回通しで踊りました。ほぼ完璧です。冬祭りも楽しく踊りたいです。
    スクールメイツは全員揃いました。良かったです。で、前回のマンボステップです。
    サンバホイスクとは違って、顎を左右二つに分けて踊ります。ひとつはボデイにもうひとつはヘッドにという動きです。だからとても複雑な動きです。マンボを馬鹿にしたらいけないと校長先生が言っていました。もう一つのお題は、リーダーはパートナーの胸骨を屏風の角に見立てて開いたり閉じたりして踊るということ。その屏風は鎖骨の付け根までです。
    変な動きをする隣のMOMOさんがいます。。。オイオイ
    シスターズもマンボも沢山踊ったのでストレス解消です。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1231

    人体改造はいちいち、「大変だぁあ〜!」 (土曜日, 05 11月 2022 23:28)

    昨日は事業所の内部監査、今日は法人の監事監査。そして明日はおばあちゃんの四十九日法要です。とにかく行事が目白押しで身の細る思い・・・てか、細くなりません( ̄∇ ̄)
    毎日、逞しく生きてますぅ・・・今日もレッスンに行って校長先生に元気にしていただきました〜。

    レッスン前に祓っていただきました。今日は何を?「胸椎の古い私」だそうです。ちなみに胸骨は新しい私? で、胸椎の古い私を一つ一つ新しくして踊るそうです。
    若く見えるようになりました〜パチパチ〜だけど、やはりお疲れのケロ。古い私の胸椎のその上で踊っているようです。いちいち、ケロの背中がたいへんだ〜っと泣いているようです。ウヒャヒャ。
    次のお題は子宮です。子宮は外胸膜。内胸膜は全身の表皮です。この二つのストレッチによって踊ることを教わりました。で、セクシャルなことですがケロの子宮は超、超、超の後傾後屈。婦人科医師にこんなに極端な人も珍しいと言われたほどです。で自分でも子宮の位置とか役割とか関心無かったな〜。校長先生曰く「子宮」によって人の優しさがあるそうです。あつ、男性も仮の子宮があります。で、この子宮の外胸膜でフンワカ踊るとホント軽いです。また子宮が後傾なので前胸部が前に出ていて「蒸し上がった饅頭のよう」ってどうゆうこと?のボデイだそうです。つまりケロの胸膜の横線がずれているそうです。だからこの横線の中心に自分のボデイがくるように意識して治すことが必要ということでした。
    それと徹底的に横隔膜のストレッチです。それは伸ばしたものを緩めた時に緩まった場所を色々な方面に伸ばしたりすることだそうです。
    種目によって身体の使うところが違うのでとても勉強になります。
    マヤさんがルンバとタンゴで踊っていました。来年の夏祭りのケロの予定している種目なので本当に勉強になります。いつもスミマセ〜ん∧( 'Θ' )∧
    そして校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ〜

  • #1230

    しめ縄に御幣を差し込むように (木曜日, 03 11月 2022 23:06)

    仕事のことで腑に落ちないことがあってそうなると気になって仕方がない。スタッフとのやり取りにイライラ感が募ってました。これからダンスを気持ちよく踊りたいのに自分は小さい人間だなぁ・・・本当に嫌になるなぁ・・・KDSの神様に向かって気持ちを鎮めて見ました。あと、校長先生が祓ってくれました。そのうえ、今日のワルツのお題はとても良かったです。それは胸式呼吸。外胸膜と内胸膜を別々にずらして踊るということ。ナチュラルターンの時はヘッドの方が外胸膜で下の方が内胸膜。リバースの時はその逆です。で、けろは聞いてみた。外胸膜と内胸膜の合わさるところはどこですか?胸式呼吸だから腕。そして前回の爪からの神経25本ずつ、上腕で50本。鎖骨と肩甲骨前後で200本。足からも同じでお尻で200本、背骨の方に上がっていくと800本の神経。その神経束をしめ縄と想定してその中に御幣を差し込んでいくという前後の進み方が必要です。ケロの塊ボディがこのしめ縄をイメージすることで前後左右上下の立体的な動きになってきます。
    ジャイブでも同じようにしてみましたがクイックに変わった途端に理解不能になりました。
    で、ディキシー?(レガシー?)ランドジャズだよと。。。アメリカの管弦楽団の破茶滅茶な音楽です。それぞれが自分の楽器で演奏して練り歩く。左右の外胸膜と内胸膜をバラバラにして踊ります。
    で、しめ縄に差し込むのでなく、パンパンと柏手を打ってすいっと差し込む。これがクイックのつき方だそうです。
    帰ってから、寝転んで考えてみた「ダンスって面白いなぁ〜イライラがどこかに行っちゃった〜」校長先生のおかげです。今日もありがとうございました〜ケロケロ( ◠‿◠ )

  • #1229

    腹式呼吸は自分の健康 (火曜日, 01 11月 2022 22:54)

    ここ数日間、メンタルやられてました(T . T)それでも今日という日は必ずやってくる。
    泣ける。むか〜し、昔、校長先生が言っていた「大変な時こそ、砂漠の砂が風に舞うようサラサラ流しなさい」と。辛い時はいつもその言葉を思い出します。頑張ろうと(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
     
    レッスンに行ったら、生徒さんたちも体調崩していて頑張って来ていたMOMOさんも真っ青な顔してお腹を痛がっていました。みんな〜早く元気になって戻って来てくれぇええ!
    シスターズはケロとマヤさんの2人で受けました。可愛い天使のダンスに鋭さがないそうです。爪と爪との間の気から鋭さを見せてキレッキレッのダンスを踊れるようにします。
    スクールメイツは、いよ〜っと!お祭り男のお出ましです。冬祭りも盛り上がりますね!
    そしてエンディングのポジションもカップル同士でマンボでの移動の仕方を教わりました。
    多分、今日参加できなかったリーダーさんは来週、泣くと思います。うししʅ(◞‿◟)ʃ
    まんぼステップでエンディングポジションに移動するのだけれど、その際、リーダーは女性の左肺を連れていくということです。
    ここで今日のお題です。左肺は鼻呼吸で胸式呼吸。カップルで踊るために必要です。
    右肺は口呼吸で腹式呼吸。自分のために必要です。で、ケロはこの上腹部と下腹部の呼吸の行ったり来たりができていないということが分かりました。ココ出来ると痩せるそうです。絶対!頑張ろうっと!で、今日参加した生徒さんたちに向けての「総括」を校長先生が教えてくれました。それは膝下の前で使う筋肉は、ふくらはぎの後ろとバッテン。太腿も同じようにバッテン。エスコートするために出した腕の筋肉も同じようにすると女性を運びやすいということ。女性も運ばれやすかったです。身体のバッテンを知る。病気になる人は身体を真っ直ぐにしている人だそうです。ケロのメンタル不調もその通りですね。
    バッテンマスターになって、スリムチャンスで痩せて、冬祭りも頑張りま〜す(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ♪(´ε` )

  • #1228

    100本の神経のうちの1本 (日曜日, 30 10月 2022 00:45)

    疲労困憊。。。お休みを頂いて長いことベッドに上で休んでいました。
    だからといって良くなる訳じゃない。校長先生のレッスンで元気にしてもらおうっと。

    ワルツの最初のお題はケロの左足の悪さ。だそうです。それはやはり両手からくる神経。1本の指から5本の神経。全部で25本を尺骨と橈骨で50本。それを上腕に向けて。そして肺で左右になって100本。足指からも同じように上がってきて、上下の合わさるところが横隔膜でした。そこから横に波及していきます。大事なのがワルツは100本のうちの1本。それを残して踊る。それ1本が可憐さだそうです。そして上下1本ずつを先生の上下1本とつなげてくということ。(ちなみにマヤさんの踊るタンゴは100本のうちの1本で踊り、99本を残すということ。)2時間目にジャイブはその100本神経を出鱈目にリーダーを繋いでいくそうです。
    で、鬼滅ジャイブが途中でクィックに切り替わるのだけれど。ケロがうまくラテンからスタンダートに切り替えることが出来ません。(T . T)そこで、手のコネクションだそうです。ラテンは繋いだ手の中で踊り、肩はボデイに繋げます。スタンダートは手と肩が繋がります。そしてリーダーのボデイについていくのではなくて手についていくということ。どうしてもボデイを合わせようとしてしまいますがそれではダメだそうです。
    そして最後のお題は子宮のブレーキをケロが使えないこと。射手座のけろは弓矢の如く、いつもアクセル全開で飛びっぱなし。子宮のブレーキが必要。ブレーキって何?それは進行方向に向かうアクセルに対して、横の「今を生きている刹那」のことだそうです。
    な〜るほどです。。。これも性格直しですね!頑張ります。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ٩( ᐛ )و

  • #1227

    精神世界の横隔膜と下腹部腹膜のコネクション (木曜日, 27 10月 2022 23:47)

    介護施設の開設準備が進んでいますが何よりも大変なのが働く人の確保です。新しい施設は「人の人生の最期まで関わる」ことを大事にした施設になります。それをどう伝えるかが重要で、これからは「何をするのか」は、どこも同じ。だから「何を見せるか」が大事になると思っています。で、今日のレッスンの主題は肉体世界ではなくて精神世界のことでした。勉強になりました。有難いです( ˊ̱˂˃ˋ̱ ) 

    ワルツのお題は、ナースのケロは胸膜横隔膜と横隔膜と腹膜横隔膜、この3つを一緒にして踊っているということ。だからそっか〜!ボディが塊になってるんだ〜!やり方は横隔膜と下腹部(の生殖器)でリーダーと合わせる。この二つは知恵の輪の二つのコネクションだよ〜!(ちなみに胸膜と上腹部腹膜は自分の動きに使うということ)さらに爪で踊る。先生の爪に合わせて踊る。「これは外の世界だな!」そう外の世界は胸膜。つまり皮膚呼吸です。この外の皮膚が女性器で身体の中心をつくる。ウィーヴの方向を変える時にこの中心の向きを変えるということ。逆にこの中心からボデイの外皮膚に向かって交差するとシャッセが綺麗に決まります。そしてもう一つの体の動きは小脳からのアクセルと子宮のブレーキ。この二つも使ってリーダーとのコンビネーションで踊るということも大事。体のパーツを使うけれど肉体のダンスではない、精神世界を見せるために大事なことです。難しいけれど。とても素敵です。
    ジャイブはまたこの違うお題。それはケロが上下の動きをしない。跳ねないということ。跳ねるって床から足を離してぴょんぴょんしない。床から足を浮かすことに精神世界はないそうです。そうではなくてワルツの時の知恵の輪二つのこの動きが必要ということです。そして尺骨と腓骨の外側、細いところで踊るということ。尺骨から鎖骨や肩甲骨に届き。それが左右の動きになります。加えて横隔膜からは横に出ていくので手の先まで届く。この指、爪の先まで届かせることでケロの神経が通りました。そして足の綺麗な形も腓骨から作るということ。どちらも外側です。この4本の骨の交差が中心として大事。クイックの時に先生との中心の兼ね合いになります。今日は奥が深いお題ばかりでした。
    何を見せるか・・・大事だな〜校長先生、今日もありがとうございました(๑>◡<๑)ケロケロ

  • #1226

    水と空気と土塊。脂肪は余分だよ〜ん (火曜日, 25 10月 2022 23:23)

    今朝、大菩薩峠の山頂が雪で白くなっているのを見てちゃんと冬は来るなぁと思いました。暑いのも寒いのもちゃんと来るんです。風邪ひかないようにしなくっちゃです。

    シスターズレッスン。ピンクもブルーも頑張った。勿論、緑のケロも頑張ります。
    今日のはるえ先生のお題は天使のスティックについているリボンを纏いのように振るということ。それも肩から回すと遅くなるので手首関節、肘関節で回すとキレ良く速く見えます。またサイドステップもボディの横の線を見せるようにシナを作って見せる。シナを作るには足を踏ん張ってしまうとダメですね。
    スクールメイツのお題は、スポーツのように筋肉を使わないで踊るということ。どこを使うのか身体の水分、空気、そして死んだ時に残る土塊です。そしてここに二つの要素を加える。その一つはカップルの手の中の時間。それはアクセルとブレーキで時間を作る。そして最後に作られるのが躍動してくる「命」と言っていました。
    だから自分もそうだけれど観客に対しても「大丈夫だよ〜!」と言って踊ってみせる。躍動する命を見せられたら観客もノッテきますね!
    で、ケロは考えた「脂肪はどうするんだろうか?」(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    「余分」だそうです。(๑>◡<๑) だったら、やはりやはり無い方がよいです(*´◒`*)
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1225

    議長のお時間 (土曜日, 22 10月 2022 23:55)

    今朝起きた時から頭の中がクラゲのようになっていました
    ふわふわ、ふわふわ、、、どこにも進めない、浮いている感じ。ここんところ忙しかったからなぁ〜休みの日も一日中、遺品整理したり。いつもエンジンかけている状態。
    会議でも、自分の頭は動かないのに周りを動かす、それらしい発言しなくちゃいけない。
    会議後に校長先生のレッスンを受けているスタッフが「ベーシックルンバの足型がわからないんですぅ(T . T)」と言ってきました。先生に「過去を受け止めていない」と言われたとも・・・で、レッスン受けるとまた閉塞していた仕事が動き出すんですよね〜と。そうなんですよね、で、ケロもクラゲのフワフワ頭のままレッスンに行きました٩( ᐛ )و
    ワルツレッスンの最初のお題は、気管支分岐点の上に右手、下に左手。その左手は吊り橋の右手の土台と右足につながっているということ。そして体のバランスを左母趾球で取るということ。そうするとケロの脂肪が取れるそうです。というか舞踊とは左母趾球でバランスを取るということ。そして今回の人生の扉。これって扉を閉めていく様を踊るんですかね〜。
    え〜っと。小脳で扉を閉めて、自分の内に閉じ込めるということと、大脳でコーティングした恥骨で開けていくということをする。恥骨は外循環で脳蓋に回っていくということですが・・・これが大事。
    そしてジャイブレッスン。ここで時間ということを教わりました。それは自分と相手との時間です。ケロの場合、ジャイブからクイックに変わるこの切り替えの時間が理解できませんでした。そこで校長先生が「ほらっ!会議の議長の前に来る!」と言って引き寄せられるとあらら〜ケロの習性。肉体が寄るのでなくて時間を見せることができました。
    で、ここで種目や曲を踊るために「言霊」というお題です。言霊は下に向かって重みのある魂です。それをケロの場合「歌う」ように踊るということ。それもケロ1人ではなくてキックしたりするステップのごとにどんどん増えていく。歌う言霊が増えていく〜。
    ってな感じ。めちゃ面白いです。ふわふわクラゲから脱皮できました。
    今日のレッスンも体にいいこと沢山いだだきました。校長先生、ありがとうございました〜
    議長!がんばりま〜す(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ ケロケロ

  • #1224

    小脳の刹那 (木曜日, 20 10月 2022 22:42)

    還暦前のケロ。。。この歳になってもまだ色々と苦労が絶えないなぁ〜(T . T)
    介護施設の建設定例会議。一難去ってまた一難、一難去ってまた一難
    寄せては繰り返す波のようです・・・コンチクショ〜(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ 泣いてやる〜
    大人なのでそんなことはしません。。。今日も人間ストレス解消に校長先生のレッスンを受けにいきました。あ〜ダンスも上手になりたいです。ホントですʅ(◞‿◟)ʃ

    で、今日のお題は小脳でした。小脳で刹那を踊るということ。結構、ヤバいっす。
    1曲68小節は未来に向かっていく大脳だそうです。小脳は音符一つの十分の1くらい。
    若い人なら刹那ってやつを「今日だけ頑張って生きていく」って感覚だそうですが、なにぶん還暦前のケロはとうに昔のことで。。。そこで先生が言っていました。
    大脳と脊髄、延髄と小脳。大脳は神様。脊髄は人間。で延髄と小脳はその間を仲介する刹那的な部分だそうです。そしてその神様は母趾球にあるそうです。右母趾球と左母趾球がステップの時にすれ違う時にその刹那が発生する。だからとても大事なことです。
    もうひとつ大事なことを教わりました。外反母趾の形ですが、あれは外から中に向かってと中から外に向かっての形だそうです。外と中の二層構造の進行方向。両手足をそのように使うということが大事です。ジャイブのターンも右手と左手の使い方を変える。
    ポジションが変化します。そしてケロの恥骨の使い方。恥骨に大脳をコーティングして踊るということ。そうすることで中と外の関係、変化が見えてきました。
    こうゆうところにも刹那ってあるんじゃないかなぁって思いました。
    人とのやり取りの苦労が馬鹿馬鹿しくなりました。あ〜明日からも頑張ろうっと(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1223

    尾骶骨からの神経を巡らせて (火曜日, 18 10月 2022 23:14)

    3年越となった長男の結婚式を終えました。森の中の屋外会場と外国の牧師さん
    ゲストもカジュアルな服装で、何よりも天候に恵まれました。本当に良い式でした。
    ケロもホッとしています。ひとつひとつ行事をこなしていきます。
    年内の大きな行事は残り三つだな。。。ʅ(◞‿◟)ʃ

    シスターズレッスンです。今日も頭に輪っかをつけて踊ります。
    で、退場の練習をしました。はるえ先生の振り付けのタイミングと3人の振り付けです。
    音楽の間を鼻呼吸で捉えて踊るということ。3人のハートを合わせてね。踊ろうね。

    スクールメイツはマンボダンスが真っ直ぐボディにパンパースオムツをつけて踊っているようだということ。あらら〜困りまちゅね〜ʅ(◞‿◟)ʃ
    そこで尾骶骨からの神経を巡らせて踊るということを教わりました
    尾骶骨からでている神経は大腸、直腸、腎臓、膀胱、卵巣に繋がります
    その部分を緩めて、緊張させてという感じです。マンボのホイスクは尾てい骨を尻尾のようにだら〜として左右に振るとか、サンバとちょいと違うそうです。
    そして尾骶骨は左右の寛骨とつながります。仙骨と寛骨と尾骶骨が繋がったまま、固まったままではダメだそうです。そしてマンボの男女の動きも男性が寛骨で女性の尾てい骨を挟んで移動させるとか。。。するんだそうです。なるほどです。
    多くの日本人は臍から上の上腹部を使って踊るのでこのように尾骶骨を使って緩めるダンスを知らないそうです。だからスクールメイツはここを見せないとですね!
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ〜(*´◒`*)

  • #1222

    頭蓋とぷよぷよ (土曜日, 15 10月 2022 21:13)

    土曜日のレッスンを長男の結婚式のために前倒ししてもらいました。
    で、前夜の尺骨で踊ってみよ〜と思ったら。もしも〜し?校長先生から昨日の尺骨のしゃの字も出てきません。前回のレッスンで覚えたことで踊ったらあかんと言っていたもんなぁ。
    ʅ(◞‿◟)ʃ
    今日のワルツの最初のお題は腹式呼吸です。私たちの考えるバストの持ちあげ方が違う。気管支から左右の細気管支の下の部分でバストを持ち上げるということ。だからバストの部分まで腹式呼吸。腹式呼吸は「吐く」だけ。吸うのは肺の上部の胸式呼吸だそうです。
    そしてケロの頭の使い方。ケロ特有の頭の詰まり。過緊張。そこで頭頂部の冠部分とその下鉢巻部分の頭蓋を分ける。その下は顎ですが。この頭蓋を使うことでお腹周りのぷよぷよを皮膚神経が刺激されて動き出すということです。
    つまりはここが痩せるってことですね(*´◒`*) ジャイブもここを使って踊ることしました。さらにダンステクニックの隠れ技?腓骨粗面という出っぱった部分です。膝を折るのではなくてここを折って踊るということ。でもケロの腓骨は真っ平!?ジリン先生はガッチリ有りました。!ケロに無いのはヒール側に意識がないからだそうです。この腓骨粗面を使って踊ることが必要です。頭蓋でぷよぷよ解消し腓骨粗面でまた違ったボディのメリハリが出てきます。先生がダンスでボディメイクしよ〜と言ってくださいました。頑張ろうっと。
    校長先生、ありがとうございました〜ケロケロ

  • #1221

    尺骨のアウトサイド (木曜日, 13 10月 2022 23:46)

    介護施設建設予定地の地鎮祭を行いました。作りたてのホカホカ紅白饅頭。ケロの拳より大きくてとても美味しそうでした・・・神主が用意し20個み〜んな持ち帰りました(T . T)
    来春の開所式にはたくさん用意して必ず食そうと心に誓いました(*´-`) 悔しい・・・・

    ワルツレッスンのお題はケロの硬さが抜けないこと。今日の抜け方は口。それも下の歯と唇の間から歯の裏側に。これは首から下の橈骨バランス。上の歯と唇の間から歯の裏側に。これは首から上の尺骨バランス。この口の使い方を教わりました。
    そして前腕の橈骨と尺骨。下腿の腓骨・脛骨。どちらも細い方の骨の周りの筋肉を動かして踊るということ。アウトサイド側にあります。先生の尺骨とも合わせて踊ります。
    橈骨で踊ると床から立つ姿勢。尺骨で踊ると水平のバランスで踊ることができます。
    そして橈骨は動かない自分のために使うと言うこと。また恥骨は右母趾球の通り道を通ります。この感覚は凄いです。ダンスでは左母趾球は使いませんよ〜
    ジャイブは前代未聞の校長先生のコスプレです♪( ´θ`) 鬼滅のジャイブが見えてきました
    で、足尺骨だけれどアメリカンジャイブなので手は橈骨で踊ると言うことです。
    また先生が大事なことを教えてくれました。それは校長先生の踊り方にあります。
    それは昔の物が簡単に手に入らなかった時代に生まれ育った体験と時代が豊かになっていつでも物が手に入る体験の二つのこと。校長先生は「我慢した」体験を踊っているということ。どんなに素晴らしい曲で素晴らしいダンスを踊ってきた先生でも究極はそこに行き着いたということでした。そしてその校長先生についてケロは豊かな時代の開放感溢れるハッピーを踊るということです。その対局が良いのかな?いつでも先生が自分を真似して踊ってはダメと言っていたことの理由だそうです。奥深いです。
    その後、MOMOさんのタンゴとジャイブのPレッスンも見学しましたが自分のレッスン以上に感動しました。それはどこのダンススクールでも教えている足型ダンスではなく、尺骨で踊る。首を支点にして踊るということをMOMOさんとジリン先生が教わる場面を見て、なんて立体的で奥の深いダンスレッスンなんだろうと改めて実感したからです。誰でも経験できることじゃないな〜自分で先生のレッスンを得ているとしても私たちはとても恵まれているな〜と。あ〜感激・感動の時間でした。明日もレッスンを受けますが還暦前のケロも頑張ろうと強く思います。校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1220

    右手は頭に、左手は肺に(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ (火曜日, 11 10月 2022 23:36)

    今日のシスターズは久しぶりの3天使で〜す。やっぱりコスプレすると気持ちも盛り上がります。
    で。退場の方法もはるえ先生と一緒に考えました。痩せっぽちのピンク天使は、最近出来たスキップで退場したがりますが、ブルー天使のスキップは重すぎて、グリーン天使のスキップはカチコチとぎこちない。3人3様でした。笑いを取るつもりはありませんが大笑いです。まあ、そのうち良くなります。たぶん・・・

    スクールメイツは前回のマンボステップをMOMOリーダーと初めて踊ります。
    今日の最初のお題は男性と女性のホールドの形です。1970年代はまん丸のホールドを組んでいたと言うことですが現在は少し対角線になるそうです。そして女性は顎の力を抜いて、男性の顎についていくことから始まりました。柔らかなリード&フォローですね〜。
    そして女性右手と男性左手で繋ぎますが、何故?人は右利きなのか?
    それは右手が頭に繋がっているからだそうです。そして左手は肺に繋がる。
    で男性は左手で女性をリードするけれど、それでは動かないので。繋がっていない右手でリードすると言うこと。女性はその反対。左手の肺で踊るようにします。
    そしてランバダの振り付けです。女性が男性に支えられて後ろにのけぞる格好。
    これを女性の左肘と女性の右足母趾球を軸にして、男性が女性を回す様にする。
    これはとても難しいですが、ランバダダンスの醍醐味なんですね〜
    MOMOリーダーと悪戦苦闘してますがこれもまた出来る様になります。たぶん・・・
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ٩( 'ω' )و

  • #1219

    sunao no katamariyanen( ✌︎'ω')✌︎ (土曜日, 08 10月 2022 22:48)

    姑ばあちゃんの葬儀から1週間。生前にお世話になった方の御礼廻りも今日で終わりました。遺影に手を合わせるとまだ涙が出てしまいますが・・・それは供養であり。
    もうこれからのケロ自身の人生を楽しむ心の切り替えが出来ています。KDSがあって良かった〜。今日もレッスンに行きました٩( 'ω' )و

    マヤさんのPレッスン後の流れで、ワルツレッスンのお題は「空気・水・土」でした。
    二黒土星のマヤさんは土がしっかりしている。一白水星のケロは土の認識が無く水の流れだけで踊っていると言うこと。人間の首から下の体には空気と水と土があると言うこと。
    ケロはこの下腹部の土を認識して、この土で肺上部の空気を持って踊ることが必要です。そしてこの三つの流れに必要なのが「時間」。この時間を土で時間をとらえて踊ると言うこと。リーダーの先生は「時間」を馬車の馬になって進めるそうです。奥深いわ〜
    ジャイブでは手のひらに土を持って、今度は自分が馬になって「時間」を進めると言うこと。種目によって変わりますね。。。そして大事なこと。ケロはどうしても空気の使い方がやり過ぎる。肺上部の気管支から上に鎖骨に当てるように空気を使うのだけれど、どうしても横隔膜、胸腹部の外膜でやり過ぎてしまうと言うことです。
    胸膜の内膜に留めることが大事。そうすることによって周囲の人に共感してもらえるダンスになると感じました。自分自身も無理しないで、自分自身に優しくなれるダンスです。

    今日はマヤさんのルンバとタンゴも題材にして種目によって空気と水と土のことも教わりました。で、ジリン先生の「火」は?というと宇宙の外の命だそうです。これもまた奥深い話だったなぁ〜(*´◒`*) 素直な塊のケロは強くそう思うのです。興味深いわ〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    校長先生、今日もありがとうございました〜楽しいレッスンでした〜ケロケロ

  • #1218

    尻尾と呪い (木曜日, 06 10月 2022 22:35)

    とにかく忙しい1日でした。今日も自分を取り戻しにレッスンに行きました。
    ブログのテーマ。。。きゃあ〜怖いっぃいい〜って、怖くないです。ホンマ^ - ^

    ワルツのレッスン。どうしても力み過ぎるケロ。どうしてか?左肘だそうです。
    そこで力の抜き方を教わりました。それは親指から4本を力を抜くこと。小指だけ別。小指は浮くために使う。ステイする小指だそうです。手と足と力を抜く。それに同側で抜く。ターンの時は交差でと。そして体の真ん中で踊らない。左の心臓と頸椎のバランスです。
    で。尾てい骨の尻尾を使って気を周りに魅せていくと言うことをしました。猫の尻尾は気を振り撒いているということ。そのようにします。
    ジャイブもこの尻尾を十分に使って踊る。あっちにこっちに尻尾で、それも太くてフワフワの尻尾で観客に魅せるように踊ります。
    そして今日の大事なお題は校長先生の言う「呪い」でした。人から言われてそのようにすること。人に言ってそのようにさせること。それが良いことも悪いことも人を動かす力?が呪いと言うことです。良い力の方がいいなぁ。で、それはこめかみから上で受け止める。発信する。顎下までいくと良い呪いにはならない。重くなってしまいます。
    ワルツもジャイブもこの尻尾と呪いを使って、気を表現して踊ることが大事ですね〜
    校長先生、今日もありがとうございました〜。
    3キロ痩せる呪いを自分にかけてみるケロ・・・(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎怖くない、怖くない

  • #1217

    無題 (火曜日, 04 10月 2022 23:08)

    先週火曜日に姑を自宅で看取った直後からバタバタと葬儀の準備が始まり、金・土に葬儀を終え、ホッとする間も無く、翌日から二日続けて集会で介護施設建設のプレゼンを行いました。怒涛のような1週間でした。ぽ〜っとした頭で「早く自分を取り戻さなくちゃ」と思っています。。。レッスンに行こう。。。٩( 'ω' )و

    シスターズはMOMOさん研修でお休み。先週のはるえ先生独り占めレッスンの成果を確認しました。あらら〜可愛い顔で登場するマヤさんです。カワユイです。
    どうしてもダンスの振り付けを考えてしまうと黒目で行く場所を見てしまいますが、そうすると顔の表情が硬くなります。白目の周りで見るようにします。またハート型スティックの使い方がどうしてもハタキを振っているようにしか見えないと言うこと。スティックを自分の体の一部として循環させるようにします。ハタキだと自分の体は動かない。自分が動くことでスティックの動きが出るようにすること。また運動の反動を使って決めて魅せると言うこと。振り付け、ポーズの時に動きの流れのままで踊らない。反動を使って表現すると言うことも教わりました。ただのおちゃらけダンスで終わらないようにすることが大事ですね。

    スクールメイツは先週足されたマンボ・ルンバのステップの確認です。リーダーMOMOさんがいないのでOGIさんにお願いしました。今日のお題はボールフラットでステップをしない。フラット・フラットで踊る。そうでないと間に合わない。そしてこのスピードで踊るので女性は右足だけで踊るとか、リード&フォローでは間に合わないので女性は自分で踊る。けれど男性のリードはした瞬間に終わっているとか・・・なかなか面白いです。フラットのステップでパーティダンスと称してブルースとルンバを踊ってみました。これはこれで味があって面白いです。派手に動くダンスよりも深みがある感じがしました。
    最後はランバダの振り付けです。今までのスクールメイツには無かったダンス。
    またスクールメイツで踊りたいと言う人が出てきそうな予感がします。。。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました。ケロケロ( ´∀`)

  • #1216

    時を生きるって素晴らしいですっ(*´◒`*) (土曜日, 24 9月 2022 22:32)

    介護施設建設工事が始まって、診療所近くまで賑やかな音が聞こえてきてケロの心も弾みます。今までの医療活動が報われるように地域の方たちが工事車両の駐車場など破格の料金で協力もしてくれました。今まで頑張ってきて良かったなぁ。協力者の皆さんが言うには「介護は我がごとだから」と。そういつか時が来れば皆さんに恩返しするつもりです。
    で、ケロの気持ちも台風一過と一緒です。今日は学生に戻った気持ちでレッスンを受講できそう・・・頑張ろうっと(*´-`)
    ワルツレッスンのお題は、スイスイと踊りたい気持ちと裏腹にステップが詰まりました。
    最初のお題は肩甲骨3分の2上が空気、3分の1下が水。寛骨上部が水、その下が土。
    双方の水が繋がるように踊ること。そしてリーダーが土を踊るのでケロは仙腸関節部分で時を飾るように踊ると言うことでした。そこからそこから花開く感じ。イタリアだそうです。首から上が花開く感じは英国だそうです。両方が必要です。そして顔です。上の空気は左右の鼓膜を境にした内耳と外耳の部分。それを腕、つまり肘で踊るようにします。
    それをリーダーが持って連れて行くと言うこと。そして首から上の表現。右耳は顎の下に向かって咲く胡蝶蘭のような高貴な花を開かせる。左耳は上に向かって咲く花。その二つを使って顔も表情、ダンスのしなやかさを魅せて踊ると言うことでした。
    ジャイブはその逆で女性が土で踊ります。リーダーが水と空気。
    で仙骨を腎臓と副腎に繋げて歩行の4点(左右の副腎と腎臓)ですが、この4点をいろいろな繋がりに変えて踊ると言うこと。ケロは仙骨が硬いので左右の卵巣を自由にして踊ることが必要でした。わあ〜汗びっしょり。いい汗をかきましたぁ〜健康になれます٩( ᐛ )و
    校長先生、今日もたくさんのお題をいただきました。幸せです、元気です。
    ありがとうございました〜ケロケロ〜(*´◒`*)

  • #1215

    いろいろが学びになる、ダンスになる(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ (木曜日, 22 9月 2022 22:09)

    おばあちゃんの看取り介護を始めて9日め・・・家族の立場になって分かったこと。
    いや〜疲れますぅ。精神的にとっても! 仕事とは違う疲労感です。でケロはダンスに、おとーちゃんはテニスと双方で協力しあって続けています。
    今日も校長先生にお世話になりました。感謝ですm(_ _)m

    ワルツレッスン。どこか硬いところがあるということ。何処か?腹部の土塊・・・それは足の裏につながります。右足は母趾球から小指の小趾球に抜ける。左足は小趾球乾母趾球に抜ける。肘も同じように左肘は入る、右肘は抜けるという動き。そうするとワルツのステップが時を刻むような足になりました。で、腕は皮を骨から外して陰と陽のふたつの動きがあります。左肘から入った陰は肺に。右肘からの陽は腹部につながります。手指の一本、一本にも陰と陽があるのでその動きを先生の指の動きに合わせると。それらしくしなやかに踊れるようになりました。左右の手も左右対称ではないということ。そして足は皮でなく筋肉の動きをする。そしてケロに大事なことは副腎の動きを卵巣の縦とつなげて踊るということです。ぶっつぶれないボディになります。
    ジャイブは副腎では踊れない。腎臓を使って踊るということ。
    で、今日のジャイブのお題は膝でした。右膝は後ろと離すようにする。左膝は逆にくっつけて踊る。さらに膝を金庫のダイヤルのように回す。横に揺らすなど三つの動きをします。上下の動きは膝下までの上下運動です。この膝の動きができることで先生がとても踊りやすくなったと言われました。ケロ自身もいつも自分がどこに飛んでってしまうのか不安でしたが落ち着いて自分のポジションを掴みながら踊れます。先生と一緒に踊ってるう〜って思います。楽しいです(*´◒`*) 校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1214

    生きる原動力は時間 (火曜日, 20 9月 2022 23:20)

    今まで経験のない超大型台風が接近しましたが校長先生のおかげで何の影響もなく過ごせました。今日から介護施設建築予定地の地盤工事が始まり、併せて建築工事の競争入札も行い
    ケロの願い通りの業者に落札できました(けっして談合、不正はしていませんよ!)
    嬉しくて嬉しくて、今日はとてもハッピ〜(*´◒`*)
    シスターズのレッスンも幸せを呼ぶ?可愛い?天使で踊ります〜
    ケロの衣装はライム色、マヤさんは濃紺ブルー、MOMOさんはピンクの天使です。
    ちょっと、ちょっと、3人の天使が可愛すぎますぅ〜(๑>◡<๑) はるえ先生も可愛いよと褒めてくれました。冬祭りは、シスターズで盛り上がりますよ〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

    スクールメイツのマンボ。今日のお題は「時間」を表現すると言うことでした。
    つまりは朝起きる時のきっかけは、「時間」で起きること。人って生きる原動力を時間で得ていると言うことでした。確かに、ケロも朝起きる時、仕事に行く時、たくさんの仕事を捌く時、とにかく時間で自分の気持ちを奮い立たせているなぁ〜
    で、ダンスにおいての時間の表現は「急がなきゃ」「遅くしてみる」と言う表現
    例えばワルツなら女性は「急がなきゃ」男性は「遅くしてみる」と言うことで踊るのがベターだけれども多くがこの逆ということ。
    またサーキュラーステップでは、ネジを右巻き、左巻きで回ってみるということ。
    ねじ巻き時計の理論ですね。 この時間で踊ったらバラバラだったスクールメイツが時間が合うようになったと校長先生が言われました。ヤッタァ٩( ᐛ )و
    校長先生、ハルエ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1213

    頚椎1番のパイロットで踊ってみる (土曜日, 17 9月 2022 22:51)

    我が家に戻り看取り介護を受けているおばあちゃん。家族介護って凄いなぁ。
    水も飲み込めなかったのに今日はストローを使って栄養剤を飲みました。量は少ないから回復することは難しいけれど家族に囲まれて幸せそうな顔を見せてくれます。連れて帰ってきて良かったなぁ。( ˊ̱˂˃ˋ̱ ) で、家族の協力もあってケロはレッスンを継続できています。

    ケロの頑張って踏ん張っている顔。それが踊っていて重い。どこからくるのか?と。
    今日のワルツのお題は頚椎の一番で踊ると言うことです。ケロは思ったね( ✌︎'ω')✌︎
    ここは飛行機で言うと「パイロット」部分。そして第二頚椎は飛行機の羽かな?
    先生が言いました。第二頚椎はスチュワーデスの席だそうです。
    で、ケロの右手は第一頚椎。左手は第二頚椎で踊る。
    さらに頭と顔の部分は重力・浮力をボデイと反対に使うと言うこと。だから顎から上に浮力が上がってくると言う表情が大事ですね。
    鬼滅ジャイブは、な〜んと善逸と伊之助の鬼退治の後の凱旋ジャイブだそうですʅ(◞‿◟)ʃ
    で、還暦前のケロにこれでもかって感じでジャイブステップが用意されていて・・・
    頑張ろうっと!校長先生が頚椎1番で踊ると言うこと。それは首から上の部分だけでなく
    同じように股の部分にもあって、二箇所の重力と浮力の関係をリーダーと合わせるのでなく自分で踊ると言うことでした。そしてケロは前後で踊ることはできるけれど上下で踊ることが苦手。ジャイブもワルツも上下で踊る。え〜っ!?
    ワルツを遠く、遠くに踊ろうとしていたケロですがそれではダメ。ケロのライズ・ロアの上下の動きをちゃんとすることで、ライズの時に先生がそれを移動させるそうです。
    そうだったんですね〜。目から鱗ポロポロ・・・(T . T) 泣いていないポロポロ

    今日も校長先生のレッスンで心身の健康をいただきました〜ありがとうございました
    生きてるって、素晴らしい!ケロケロ〜(๑>◡<๑)

  • #1212

    生き返ったなぁ。。。の追加 (木曜日, 15 9月 2022 23:50)

    ENTER を押してしまいました。。。途中でアップされてしまいました。

    そう、今日のレッスンで生き返ったケロです
    二日前から95歳の義母の看取り介護を始めています。MOMOさんも応援に来てくれています。覚悟はしていましたが結構、精神的にしんどいです。でも今日レッスンを受けて、
    「自分は生きているぅ〜!」「生きているって素晴らしい!」って思いました。
    (二日前のレッスンでは気落ちしていたのでブログが書けませんでした・・・すみませんm(_ _)m)
    重力と浮力の関係なのか?人の生きることに必要なこと。浮き沈みのバランス。
    大事なことを勉強させていただいています。校長先生、今日もありがとうございました。
    ケロケロ〜

  • #1211

    生き返ったなぁ( ˊ̱˂˃ˋ̱ ) (木曜日, 15 9月 2022 23:43)

    来春オープンの介護施設建設地の不動産購入手続きを今日やっと終えました。
    昨年11月から土地探しと測量・分筆作業・土壌検査など色々なことをクリアしてやっと今日の契約にこぎつけたので銀行の応接室での時間、ケロは感無量の気持ちでいっぱいでした。24時間365日の看護を提供できる県内で六箇所目の施設です。ケロナースの夢の実現です。神様、またケロを守ってください(*´◒`*)お願いします。

    で今日も人生を生きるためのレッスンです。今日のお題はペットボルトにキャップとボトルの関係。それはけろは頭から身体丸ごとで踊る。そうではなくてリーダーと首を境にしてお互いがキャップになりボトルになると言うこと。そしてそれは重力と浮力。
    ワルツでは肺の中の肺胞。水と空気の関係です。一白水星のケロはどうしても水の流れが先になりますが。空気を先にして、その後に水が動くと言うこと。
    そしてケロの色々なストレスを解消するために臍を前にして踊らない。臍から左右の寛骨別々に動かす。肩甲骨は臍から左右同じようにする。
    あ〜生き返るなぁ( ˊ̱˂˃ˋ̱ ) 何だろう?この感覚・・・幸せすぎる。
    鬼滅ジャイブは衣装決めです。ステップも追加されていきます。で、先生がケロのあちこちを斬ってくれました。ジャイブは胸が大事です。バストの前の動きが必要ですがケロは後ろのヒップで踊ってしまうのでダメ。先生がケロの豊胸手術をしてくれました。
    MOMOさんが「おお!魅力的なバストになった」と褒めてくれました(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    そしてぽっこりお腹と背中のお肉も整形手術で見栄え良くしてもらって・・・
    還暦前には見えないダンスを目指すぞっ!
    ジャイブのお題はケロはお臍で音楽をとってしまうので奥の方まで重くなります
    ジャイブは鼓膜の外側で音をとる。そうすると校長先生がつくろうとするステップが全然違ってくる・・・



  • #1210

    軽さを競う (火曜日, 13 9月 2022 23:50)

    久しぶりにシスターズとスクールメイツに参加しました。

    シスターズは振り付けの変更。ポジションの変更があって、その確認をしながら踊りました。
    スクールメイツは、カリブ海発祥のダンス。マンボを踊るにしては真面目過ぎる!と校長先生が言われて、軽さを競うダンスを踊りました。
    こちらもステップが進んでいたのでMOMOさんに教えてもらいながら踊りました。
    頭の中を空っぽにして踊ることも必要ですね。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1209

    脳波で踊るっちゃ( ✌︎'ω')✌︎ (土曜日, 10 9月 2022 22:51)

    今年のケロは思っている・・・どうして?こんなに次から次にと忙しいんだろう?
    この9月は三重・四重・五重それ以上に沢山のことを抱えているので、ひとつひとつ処理できるように自分なりに冷静に計画してやり過ごそうと思っています。
    で、校長先生に言われました。「ケロさんの脳波は荒波を越えようとしている脳波だね」と。やっぱり先生はホント凄いっす(๑>◡<๑)

    ワルツレッスン。バッチリ脳が固まった状態でした。校長先生から脳波のお題をいただきました。先生の脳波をコネクションポイントと呼ばれる先生の左手とケロの右手。先生の右上腕とケロの左手。先生と接するボデイとケロの左背中に回される先生の右手。
    この箇所が先生の脳波を感じて踊るところ。そして沢山の仕事をまとめようとしているケロの下顎、そこに固めるのではなくて。スタンダートならフォローするための左顎から右顎にすり抜けるようにする。ジャイブレッスン。ラテンなら女性自身が主役を張るように脳波を出して、右顎から左顎に通すようにすると言うことです。
    で、大事なのは頭蓋ではなくて頭脳の脳波。床から立って踊る日本人は、床から頭蓋につなげて踊る。そうでなくて頭脳です。そして前回の出産力。腎臓から臍に脳波を届ける。
    ケロの余っているハミ肉も脳波を使って痩せさせることが必要のようです。٩( ᐛ )و
    頑張ろうっと。校長先生、今日も元気と頭の巡りを良くしていただきました〜
    ありがとうございました〜ケロケロ。
    *今日、ジャイブの衣装を先生に見てもらったけれど、ハサミチョキチョキは無かったよ!
    で、デモ曲に合わせて衣装は大事と言うこと。また勉強させていただきました。
    冬祭り、本番の楽しみですぅ♪( ´θ`) また弾けるぞっ!

  • #1208

    どんどん産んだるどぉ〜♪( ´θ`)ノ (木曜日, 08 9月 2022 22:13)

    停滞していた8月から、反転して9月に入ってから、また今年最高に忙しっす(T . T)
    それでも今日のレッスンを受けて、元気をいただきました!
    何たって「出産力」です。女子力ではない出産力です(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

    出産力とは、実際に子供産む力ではなくて、還暦前のケロでもまだまだ命を宿して産み落とせると言うパワーのことだそうです。今の若い人にも欠けてる部分だそうです。
    ワルツレッスンでの最初のお題は、ライズ&ロアのこと。どこでするか?瞼でした。この瞼を左右別々に引き上げて、目の下の皮膚は引き下げて。さらに上唇は右顎下、下唇は左顎下につなげる。そうすると顔の表情だけでなく、ライズ&ロアが出来ちゃうんですね〜不思議
    で、その口周りと腎臓。横隔膜。そしてワルツは縦ラインの出産力で生殖器です。
    この生殖器は身体の中での一部と考えず、持ち鞄のようにすると言うこと。これ難しいけれど、腎臓の出産力と生殖器の持ち鞄を使って踊ると・・・うんうんイキイキした軽いワルツになります。そしてケロの不得意の呼吸。上唇の範囲と臍まで下ろした気を身体中に巡らせるとうこと。これもまだまだ修行が必要です。
    ジャイブレッスン。ラテンの出産力はバストでした。バストの出産力はジャイブのバネになります。左バストなら右の横から繋がる。その逆も・・・
    ワルツが縦なら、ジャイブは横を見せる出産力ですね〜
    ジャイブは中学校のクラブ活動のように汗が沢山出て、爽快感120%でした。
    うさぎとび100回した感じです。若い出産力を発揮できたかな!?

    鬱々とした気持ちが汗と一緒に吹き飛びました〜校長先生、今日もありがとうございました〜次もハツラツ出産力で踊りますぅ٩( ᐛ )و ケロケロ

  • #1207

    心臓と肝臓で胃のハンモックを吊ってみる (木曜日, 01 9月 2022 22:47)

    気の流れを変えてみたら、ケロの世界、外のコマが予想以上に幾つもクルクル回り始めて・・・ケロの準備が追いつかない。まあ、いいか、ここはもう少し気の流れを様子見ておこう・・・っと。いろいろな事をやり過ぎるのは良くないなぁ(*´-`)

    「曲をチューニングしたから」と校長先生が言いました。何となく分かってました。先生がアタックできないようなことを、これまでのレッスンで言っていたので。。。
    で、「人生の扉」のワルツ。今日のお題は「重力」と「浮力」です。左の軸は重力。右の軸は「浮力」です。首から上と膝下は、その真ん中を取りますがそれ以外はこの心臓と肝臓の軸です。それも心臓・肝臓の上の善界と悪界。その中央から胃にハンモックを吊るして水面に触れるか触れないかのぎりぎりでキープすると言うこと。
    両腕の重力と浮力によってホールドの様子も変わってきます。今の競技ダンサーは重力だけでシナを作って頭を後ろにぐいんと反っていると言うこと。そうなんですね〜
    2時間目の鬼滅ジャイブもチューニングされた曲でイントロのステップ変更されました。
    もう駄目だぁ・・・簡単なステップが全く出来ない。運動音痴のケロの頭が働きません。。。( ; ; )ここがケロの限界か〜と悲しくなりました。
    それと、手に持ったイメージで踊ると言うこと。ケロになりに考えた。空の手だとそれなりのボデイアクションだけれど、何かを持ったイメージだと。ちゃんと明確なダンスボディに見える。上手く言い表せないけれど、メリハリがハッキリしたダンスになる。
    とても大事なことですね。今はひとつ、ひとつ教えていただくことを大事にして進んでいこうと思いました。きっと今のケロには、これが大事なんだ。。。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

  • #1206

    輪廻のライズ&ロア (土曜日, 27 8月 2022 21:41)

    世界一の長寿国、日本。高齢化社会が進む中で厚労省がコロナの次に課題としているのが認知症です。昨日は一日かけて認知症ケアのリモート研修を受けました。
    で、ケロが心に残ったこと。それは認知症の1番の障害、、、記録障害です、
    今日の自分が歩んできた軌跡、昨日までの自分の記憶を無くしてしまうことです。悲しい。
    認知症は脳の病気。病気になりたくないケロは今日もレッスンに行きました。

    で、今日のワルツのお題は「輪廻」でした。壮大な宇宙の大日如来様の真っ直ぐで踊る。
    精神的に、とても素晴らしく、且つ、とてもビビりながらの(だってですね校長先生が大日如来様と同期しているんです。あ〜怖っっ)レッスンでした。
    でもケロはこの後続くレッスンでこのビビりを克服していきたいと思っています。
    そうじゃなきゃ、校長先生とのレッスンは受けられないからです。頑張ろっと٩( ᐛ )و
    で、お題のことですが、PPから前進歩のロア。これは女性器のおち○ち○から真っ直ぐ、その先端の骨に向かって進み、子供が産まれる道筋。そこから精神世界に変わり死の世界に向かってまた産まれる。この変化、つまり輪廻を踊るために肉体の背骨と仙骨、精神世界の尾骶骨。この三つの世界の真っ直ぐを使って変化を見せることが必要です。
    その真っ直ぐについて。。。観音様の真っ直ぐと大日如来様の真っ直ぐの違いを教えていただきました。あ〜あ〜あ〜、そうゆうことですか。(因みに鬼滅ジャイブは四天王だそうです。これも納得です。)今回のデモ曲「人生の扉」を踊るためにはこの大日如来様の真っ直ぐ、輪廻のライズ&ロアが必要だそうです。観ている人が自分もあ〜やって生きてきたわね〜そしてこんな風に生まれ変わりたいわね〜って思ってもらえるようにワルツですね。
    奥が深い、修行が進みます。このようなお題をいただいて絶対にやり遂げたい気持ちでいっぱいになりました。いつでもケロの命や魂を奮い立たせていただく校長先生に感謝です。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ
    *こりゃ、呆けてなんかいられないわ〜ってか! ( ✌︎'ω')✌︎

  • #1205

    肩甲骨の頭と足の部分 (木曜日, 25 8月 2022 23:22)

    今日は感極まって泣いてしまいました。この半年間、ずっと心待ちにして、我慢して我慢していたことがやっと決定しました。介護施設建設資金の融資決定の連絡を受けたことです。この1週間、朝から夜まで毎日大変でした。連絡を受ける数分前まで朝から対策を練っていたので決まった瞬間は虚脱状態・・・その状態でレッスンに行ったので、なんともまあ・・校長先生も大変だったと思います。申し訳ないですm(_ _)m

    で今日のお題はケロナースの職業病の改善。それはナースって病棟中巡って患者さんの観察をするので歩いてなんぼの世界。だから足は鍛えられる。けれど手はそれほどでもない。小さな注射器を持つくらい。それに骨を使って患者さんの対応をしない。
    そうだからケロの上肢は骨無しだそうです。で、橈骨と尺骨の2本の骨を意識して、それを肩甲骨につなげて使う。特に肩甲骨はケロのしょぼしょぼ目玉を元気にみせます。
    そしてこの肩甲骨の上部分が頭で、下部分が下半身の皮の動き。肩甲骨の左は右に、右は左に使う。肩甲骨の前は後ろに、後ろは前にと使う。
    そしてワルツはお互いの肩甲骨のところに足がいくということです。
    ジャイブは両腕の骨を使って、バランスをとりながら踊る。足は皮なのだけれど、それだと伸びっぱなしになるので足の骨を見せる。
    還暦前のケロの骨は頑張っていますよ〜。骨粗鬆症にならないように元気にしていこうっと。今日は気の抜けた状態でしたが、校長先生に元気にしていただきました。
    最大の難局を乗り越えられたのも、気をよみ、気の流れの転換をうまく出来たことかもと思います。ダンス修行の成果もあるかと思います。
    理事さんに言われました「ケロさんはいつも無理難題を通して成功させていくね〜」と。
    この時代、上手くいくことは少ない。だからどうやって乗り越えていくかが大事。
    神様、校長先生に支えられています。心から感謝いたします。
    今日もありがとうございました〜ケロケロ(*´◒`*)  祝杯じゃ〜❤︎

  • #1204

    3つの水平バランス (火曜日, 23 8月 2022 23:15)

    夕方から続けて二つの会議があって、間に進みたいのに反対意見もあって、ポッキリ心が折れそうでした。全てがスムースにいかない悪い時代だなぁ〜、でも、ここを跳ね除けていけるようにしなくっちゃ。空っぽの心だよ〜
    シスターズの衣装が出来上がり、今日は着てみてのバランスを見てもらうはずだったのに、やはり心が空っぽの部分があったようです。マヤさんとMOMOさんのインナーを忘れてしまいました。けれど2人の天使はとても可愛いです。もち、ケロも可愛い〜(*´◒`*)
    今日もはるえ先生の振り付けが先に進みました。もう出来上がってしまうのとちゃう?
    楽しく踊りたいです。校長先生が年代を飛び越えていると言っていました。うしし。

    スクールメイツの今日のお題は3つの水平バランスでした。床に立った時の水平は胃の中央で水平を取りますが、横に動いた時にその上を真っ直ぐにしているとふらつきます。これが踊っているときに自信のないダンスに見えてしまうということ。両手でバランスを取るといいようです。そして二つ目は肩で作る浮いている水平バランスです。この二つがあるからボデイがひとつに固まらないようになります。最後の三つ目は精神的な水平バランスです。それは自分自身のバランスになります。肩の浮いているバランスは観客のバランス。
    そして床に立ったバランスは、みんなで踊るハイツを合わせたバランス。みんなで揃うようにするのでレベルを下げることが必要です。
    そしてコマ回しの上で回すのでなくて、コマの下の軸で踊るということ。それも骨から肉を離すようにすること。背骨の左右の1束から5束あるけれど、右と左をバラバラにして回るということ。例えば右回りは右は1束で左は5束まで全部使う。左回りは左5束全部使って、右は1束のみというふうにするとシナが作れるそうです。
    なんせ皆んながバラバラだったのが少しは揃うようになったでしょうか???
    途中ではるえ先生が目を回したようでしたが・・・(๑>◡<๑)
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1203

    六芒星と胃袋・・・今んとこ、これっきゃないな〜 (土曜日, 20 8月 2022 23:02)

    2年以上に渡るコロナ感染。第7波の異常な増加で職員皆んなが疲弊してしまっていて、加えてケロは介護施設建築の諸問題を抱えて、行き詰まっていました。
    で、ケロは考えた・・・皆んなが幸せになる方向はないかなぁ。
    担当教師を校長先生に変更してすぐの時に、校長先生から「ケロさんは、そんなに周りに光を与えてどうするの?」って聞かれて、ケロは生徒になったばかりなのに「校長先生から光をもらいますから大丈夫です」と答えて。校長先生は呆れて大笑いした場面がありました。
    そう、光を創ってみせていかなきゃと思って昨日から八方塞がりの状況から方向転換してみたら、周りの協力がこんなにも得られるんだぁ〜って思うようなことが沢山ありました。
    夜遅くにガソリンスタンドに寄ったら、お兄ちゃんがお腹を空かせたケロにチョコレートをくれました〜。皆んな〜良い人だな〜(*´◒`*)

    で、幸せをいただけるレッスンに今日も行ってきました〜。最高にハッピーで〜す。
    ワルツの最初のお題はケロの不調を克服するためのマインドコントール。(ヤッタァ!)
    それは六芒星の身体の頭、股、両手、両足をイメージして、自分の身体のバランスを考えて踊るということ。つまりは足で立たない。具体的には左手と右足で結んだ中央。その逆も。「あ〜肋骨下ですね?」校長先生「肋骨下軟骨です」と。そしてゴムバンドでウエストをぎゅっとされた上に胃袋を置いて、ゴムバンドより前にはみ出すように踊ることが大事。そしてその中央上で踊る。胃の六道の上。修羅。人。天の部分ですが、人と天はしっかり蓋をして収めて踊る。天野部分は胸骨突起に向けて三角山のように形を崩さないことが大事。
    あ〜これはどの種目も同じようですが・・・
    2時間目のジャイブ。六芒星を使ってターンをするときも側転で回るということ。これってスピードがかかるし、スッキリと前回のリーダーとミッシングのポジションで踊れます。
    そして胃袋の使い方。どこを蓋して、どこに穴を開けて回るか。。。先生曰く「種目やステップによって胃袋の使い方が違うからね〜」と言っていました。
    そうかそうか胃袋なんだな〜。なんかダンスの不思議ちゃんを踊ることが物凄く楽しい!
    ケロが楽しいということは、それだけ自分の中に光を取り込める気がします。その光を見せることが出来たら周りも幸せになるんじゃないかなぁ。。。( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    きっと今の世の中の人間関係で求められていることって、こんなことじゃないかな〜
    今日、方向転換をしたケロの説明に「ケロさんを信じているから」って言ってくれた人たちにケロの光がこれからも届かせることが出来るようにダンス修行頑張ろうって思いました。
    全てが神様、校長先生のおかげです。今日もありがとうございました〜ケロケロ٩( ᐛ )و

  • #1202

    骨から肉を離して皮に近づける・・・って(*´-`) (金曜日, 19 8月 2022 21:21)

    マヤさんのブログを読んだら、マヤさんもブログをアップ出来ずに寝てしまったらしい。
    昨夜のケロもそうでした・・・今週はぜ〜んぜん駄目。一白水星は嵌入の年らしい。
    穴ぼこにハマってハマってハマってハマってっっぃ〜!もうホント毎日がしんどいです。

    で校長先生が昨日、胃が動いてないねと。胃の中央から上と下を上手に使うこと。
    フロア中央に向かって歩くことから、骨から肉を外して皮に近づけるようにして・・・と。
    (*´-`) ケンタッキーフライドチキンはバリ皮が美味しいなぁ〜なんて思って踊ったらいけん。
    2時間目のジャイブ・・・ステップの変更です。
    え〜先生〜前回のステップを練習してきたのにぃ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )先生曰く「大丈夫、ジャイブのステップは多くないから後で入れる」と。。。で、やはり皮の部分のミッシングで踊るということ。スレスレのミッシングだそうです。ケロは中央ど真ん中、ストライクで踊ってしまうので駄目だそうです。そうそう、ケロの体調不良について先生にポロポロこぼしてみた
    ちょい前は自分の持ち合わせているパワーの100%以上を「こんちくしょう!」で出せたけれど、最近は駄目。すぐ疲れちゃう・・・ヘロヘロ
    60歳前でパワー疲れだそうです。ダンスはパワ−120%の元気ダンスを見せるのでなくて
    「不思議ちゃんダンス」を見せるほうがいいということです。先生のダンスは全て不思議ちゃんですね〜骨から肉を外して皮に近づけるなんてそのまんまです。
    一日遅れになってしまいましたが校長先生、ありがとうございました〜。ケロケロ(*´◒`*)

  • #1201

    心臓と肝臓と胃袋の3本柱 (火曜日, 16 8月 2022 23:08)

    シスターズの歴史を辿ると「ドクター・ナース・怪我人の患者ケロ」「看守・囚人ダンサー」「アラジン・ジーニー・ジャスミン・ジャファー」
    今回はテーマが無いのでコスプレ担当のケロはず〜っと考えていました。
    で、「冬祭り」だから破茶滅茶でいいんだと思って3人の衣装を全く別々のカラーでまとめることにしました。アニメカラーっぽい。だって、コナン君だから・・・
    今日は3回目ですが、フロアを大盛り上げにするステップや構成が出来てきました。
    突然、マヤさんが徘徊ステップで1人であっちの方に行ってしまうこともありますが・・・
    最初のステップが3人が揃うようになってきています。楽しいです。
    来週は衣装をつけて踊ることができると思おうので、また大笑いじゃなくて大盛り上がりになりそうです。
    スクールメイツのマンボはお盆のせいかお休みが多かったですが、今日も大事なお題をいただきました。校長先生曰く「何故?左回転、右回転と間違えてしまうのか?」
    それは中間ウエイトのバランスでいるので、右にも左にも回れてしまうということでした。
    間違えないようにするにはフットトゥフット。左足立ちなら反対の肝臓のバランスで、右足立ちなら心臓のバランスでということ。
    今日も心臓と肝臓です。心臓の中央四つの部屋に分けて、その十字をそのまま横の肝臓にも当ててみる。マンボのハーフターンの時に肝臓の意志で「回る」と動き、心臓の心で「このくらい回ろう」とする。そして胃袋の中央で「こんなふうに表現しよう」と目的を見せるということでした。左回りは胃袋上の皮を使って、右回りなら胃袋の下の皮を使う。そう、胃袋は地球の北半球と南半球とも言っていました。
    そして最後のお題は、この心臓と肝臓と胃袋の三本柱を真っ直ぐにして、絶対に拗らないということです。意志も心も目的も真っ直ぐしている方が良いようです。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ(^○^)

  • #1200

    肝臓の意志と心臓の心 (土曜日, 13 8月 2022 23:17)

    お盆休みも台風が近づいてきて・・・と、思ったら。あらら〜全然、それらしくありません。校長先生がまたヤッタそうです。やっぱりなぁ、そう思ってたんだぁ(๑˃̵ᴗ˂̵)
    校長先生、ありがとうございます〜ぅ。

    今日はマヤさんのPレッスンがあったので1時間遅れてのレッスンです。みんな〜頑張ってるなぁ。で、後からフロアに入ったケロを見て校長先生が言いました。
    跳ねっ返りの肝臓とノミの心臓と。バランス悪いなぁ〜。
    で、両方別々にとても小さくして閉じ込めるようにして踊ることが必要だそうです。
    ケロはいつもおっ広げて踊る。それは駄目と。肝臓心臓の半分よりもちょい上で踊る
    肝臓は神様が耐える。心臓は仏様が聴く。そのような場所であり、そのように踊る。
    リーダーのそこに合わせて踊る。そしてそれは足の親指は地の指で、ロアの時に。
    足の小指は天の指でライズの時に。それもリーダに合わせて踊る。頭の位置は、肝臓と心臓のちょい上で踊った時に結ばれるところ。だから真ん中ではないです。
    で、今日ワルツデモに着る衣装について校長先生のお直しを頂きました。心臓肝臓の下で踊らないからね。だから、こ〜してあ〜して直そうと言うこと。あ〜良かったです。今回も早くに先生に見ていただいたので安心です。
    2時間目のジャイブは、ステップを足していこうと言うことですが、還暦前のケロにとって覚えが悪いのか・・・トゥヒールスイブルが上手く出来ません。
    で、やはりおっ広げて踊ってはいけないと言うこと。尾骶骨の動きだけ。それに波及する動きだけと言うこと。
    そしてラテンの場合はアダムとなるリーダーの肋骨を外したところで、イブのパートナーが
    自分発で踊ると言うことを見せる。肝臓と心臓とで踊ると言うことです。
    2時間のレッスンですが今日もまた盛り沢山の内容でケロは幸せ感120%です(*´◒`*)
    夏の消化不良対策のウコンも頂きました。至れり尽くせり・・・本当に感謝です。
    校長先生、今日も大変ありがとうございました〜ケロケロ(^○^)

  • #1199

    ジャズダンス〜主軸を本体に置かない (木曜日, 11 8月 2022 22:35)

    介護施設建設が計画通りに進まず、この間ノイローゼになってしまいそうでした。
    ダメだぁ〜一旦、ここはこの問題から自分を外に置こう・・・って、今日から夏休みをとりました。そう、前進できないときは横道にそれることも大事かなぁ( ;∀;)

    シスターズのコスプレ衣装を作成するために図書館に行って洋裁の型紙を借りてきたり、冷房の効いた部屋で本を読んだりして過ごしました。ケロなりの過ごし方です。
    そして生きがいのレッスンに行きました。校長先生のレッスンは、人生の活力を与えてくれます。今日のお題もその通りでした。先生、ありがとうございました〜。
    1時間目はワルツです。首から上と下が違うということ。ホールドの上を左耳の下と右耳の上で造る。どうしてもケロは臍で完結してしまいますがそれでは流れが止まってしまうのでダメだそうです。前回のスローで校長先生が「寝てなさい」と言っていたことがずっと課題になっていました。そのことを今日、先生に確認しました。最近の競技ダンサーの女性は確かにずっと頭を反らして踊っているけれど、何故か?不自然だなぁ。これは校長先生の言う寝ている姿なのだろうか?って、疑問に思っていたからです。校長先生曰く、「頭そらして臍を合わせているでしょー」「臍の使い方を知らないでやっているだけ」と。
    そこでお題です。それは両肘と左右の耳のバランスもそうですが。臍を自分で使わない。
    つまり本体で踊らない。四つ足動物のように関節で踊ると言うこと。。。難しいです。
    2時間目のジャイブもその課題に取り組みました。自分の本体に主軸を置かない。ジャズダンスのように伸ばした手の先から離れるように、または近づくように仙骨を自由にして踊る。そう今まで胸郭突起をリーダーに合わせて踊っていたダンスとは、発想の転換が必要。それも舞踊の基本で必要だったけれど、また新たなダンス世界に入るためにケロの修行が始まったと思いました。難しいけれど、とても嬉しいです。チャレンジ大好き!幸せ感満載!
    末端に主軸おいて踊ると言うこと。特に今回のジャイブは「イカしてる」のでなく「イカれてる」という破茶滅茶クレイジーなジャイブになりそうです。
    そうワルツの時に校長先生が言ってた「天からまっすぐで床に置いた足の世界を壊す」と。
    きゃああ〜!刺激的過ぎます!(๑>◡<๑)でもケロはこれがとても今の自分に合っているような気がします。だからこれからのレッスンも、物凄く楽しみです。
    校長先生、今日も大変ありがとうございました〜ケロケロ

  • #1198

    バストの主張 (火曜日, 09 8月 2022 23:04)

    コロナ感染がいろいろなところで今まで以上に発生していて現場は大変な状況になってきています。認知症の1人暮らしのお爺さんの受け入れ病院もありません。ケアマネのケロは連日、頭を抱えています。早く終わってくれないかなぁ・・・(T . T)
    で、ケロ自身も暑さと冷房と寝不足でダルダルでした。今日のレッスンは「ビシッとせにゃいかんぜよ〜」っていう感じですかね〜
    1時間目のシスターズ2回目。コスプレも決まらず。手持ちの花だけ用意しました。
    その花を自分の外に置いて踊ることが必要です。
    速い曲なのでぐるぐる変わるステップを覚えるのが大変。動画を撮ってもらって復習することが必要です。
    2時間目のエキサイティング・マンボ。 へ〜へ〜そのようなお題がついていたんですね。
    で、気温が違う夏と冬でどうやって踊るか?ラテンのエキサイティングは背中。スタンダートのガチっと決まるクールは胸のフロントだそうです。
    そして頭で踊らず。眼球を動かすように、右の眼球は左の顎に、左の眼球は右の顎にとして、それがバストにつながる。
    女性はバストが大きいとか小さいとか関係なしにバストを主張して踊ることが大事だそうでう。男性はそのバストとキャッチボールするように踊るということ。
    最後のお題は、腓腹筋です。これを眼球と頭、眼球と顎というように二つの動きに使う。
    そのうち前腕の二つの筋肉も同じようにバラバラに使えるようになるといいようです。
    しょぼしょぼの目も少しは開いてきました。 でももう今日は寝ます。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜
    カップケーキ美味しかったで〜す(*´◒`*)  ケロケロ

  • #1197

    通常神経と反射神経。還暦前のジャイブはおったまげ〜却下d( ̄  ̄) (土曜日, 06 8月 2022 22:17)

    ケロケロも「おったまげぇえええええ〜!」ですわ。ʅ(◞‿◟)ʃ
    ジャイブレッスン3回目にして、校長先生「あ〜曲を変えたからね。炎の刃だから」って。
    何の冗談ですかぁ〜٩( ᐛ )و 冗談では無かったです。
    校長先生のこれからのお題は「ファイト」出来るダンスだそうです。
    それはやはり若いとか年齢の問題ではなくて、「気」の持ちようだそうです。
    跳ねっ返りの性格のケロは、これにファイトすること。つまり反射神経で攻撃を避けて守り、攻撃もして打ち返すということが求められます。ちなみに通常神経は自分お手で箸を持って口に入れる。自分に対する神経だそうです。
    1時間目のジャイブは鬼滅の刃。先生と2人で自分と2人を鬼から守るために前回の腓腹筋を刃にしてステップをしていきます。とても格好良いです。ケロに何故か?ピッタリです。
    2時間目のワルツも自分の前後左右の幸せを守るように「ファイト」で踊ります。そして「人生の扉」の歌詞にあるように年齢ごとの幸せと未来に向けての幸せを見せていきます。
    20代・・・毎日がお祭りで幸せだったなぁ。間違えても若さの故に許されていたし
    30代から子育てと仕事に追われたなぁ。愛する子供たちに囲まれていたのに毎日が四苦八苦。。。こんなことを考えていたら校長先生に「通常神経の自分の中で考えていてもだめ」「自分の外にある観ている人が共有できる幸せを踊らなきゃ。」って。そうですね。

    校長先生が選ばれるデモの曲は、ケロの世界にない曲がほとんどです。今回の鬼滅もケロがこの曲を本当に踊れるのか〜?って思っちゃいますが。今までの曲も最初はそうでしたが、先生のレッスンが素晴らしいのは、その作品作りの過程にあります。
    今回も速いステップを踊るわけではなくて、これからのケロの人生やそのほかの生徒さんに必要なお題「ファイトする」ということを取り入れて、それを作品として発表する。
    だから初めはいつも、ビビっているケロが発表が終わると良い作品になって良かったなぁっていつも自分自身の宝物にしています。校長先生のおかげです。
    だから今度の冬まつりも破茶滅茶、反射神経全開でやってみようって思います。

    で、明日は「ダンスの夢を語る会」に参加します。
    先生方や生徒さんが何を語るのかな? 美味しい食事も一緒に今から楽しみです。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

  • #1196

    冬至カボチャ二つに、飲み会には行ってはならないケロです (木曜日, 04 8月 2022 22:46)

    五黄の寅年「破壊と再生」の年。何をやっても上手くいかない。だから時期が来るのをじ〜っと待っていた・・・ところが今朝、感じましたぁ!そうだ、今日からちょっと動いていいかも!? 仕事のことですが、後半に向けてプラン作成を始めてみます。来年のために再生していこうって思いました。あ〜ケロの人生はいつも看護の仕事ばかり・・・でも、ダンスがあるから幸せです。校長先生のレッスンはとても素敵です。今日も生きる上での大事なことをた〜くさん教わりました。
    1時間目の限界突破ジャイブです。校長先生曰く「今日のお題はおチリだよ」「おチリ???( ・∇・)」そう、ケロの膝から下がはじけていなからお尻がひとつだそうです。
    アキレス腱の上の腓腹筋ふたつを左右の足、別々に使う。だから4通り、先生のそこと合わせて16通りの使い方。ケロの腓腹筋、外と内の体外と体内の使い方だそうです。これを使って2人で弾けるジャイブを見せるんだそうです・・・やれやれʅ(◞‿◟)ʃ
    また大変な年の暮れになりそうです・・・サバイバーです。
    2時間目のワルツはやはり腓腹筋で踊りますがケロの膝下がステップを踏んでいるだけ
    腓腹筋を使って一年周期の未来を見せることが必要と言っていました。シャッセは冬至から冬至。「カボチャ二つですね〜!」間違えてはいないようです。うしし(^^)
    そしてやりすぎてもいけない。膝上を越してもいけない。膝上を越えるようで超えない自分って「飲み会に行きたいのに、行けないケロですね」ϵ( 'Θ' )϶
    載っている足は飲み会に行かないことでカップル2人で床に踏み込まない造る幸せ。けれど載っていない足で「飲み会に行っちゃおうかなぁ」って思うケロ。
    ジャイブもワルツのケロの尾骶骨のバネがないそうです。それに日あり頭で仕事しているので右頭と臍と左頭のバランスが悪いということ。けれど今日、知ってしまいました!
    この3点のバランスが健全なバランスだということ。知ったら強いですよ〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    頑張ろう、また明日から・・・校長先生、今日もありがとうございました〜�ケロケロ

  • #1195

    パンツの交換 (火曜日, 02 8月 2022 22:54)

    1時間目は、今日からシスターズが開始です・・・が好例のコスプレが決まらない。
    デビルじゃ嫌や〜(T . T) 可愛いモコモコするにゃん。来週まで継続課題となりました。
    そしてはるえ先生が頑張って、入場からイントロステップをもう考えていて、早速、星のステイックを使って練習です。あ〜ケロは星形スティックですが。マヤさんは猫じゃらし。
    MOMOさんは突っ張り棒。はるえ先生は、スポンジブラシでした〜♪( ´θ`)
    オモチロイです。
    2時間目はスクールメイツのマンボ。今日はステップを覚えるための大事なことを覚えようと校長先生が言いました。。。それは手を横に広げた時に私たちは指先まで力を入れて広げます。それは床から立って手を出した姿勢。ダンスではそれではいけない。手首と膝上までは体の外の世界だそうです。特にマンボで踊る足は膝上で区別する。床から遠心力をもらって、体重を乗せない。だからヒップが少し横に動くウォークになります。
    手首から先もそのように別にします。頭と股も体の末端と考えて・・・それは観客と一緒に使うということ。手拍子をしながら観客にも盛り上がってもらうためには、頭のキャップを交換するくらいのやりとりが必要です。そしてサンバステップでは、観客とパンツの交換をするということ。それも物凄く小さくてタイトなパンティーサイズだそうです。
    それくらいやらないとマンボはつまらないそうです。キャップとパンティーの交換なら、きっと観客も大盛り上がりですね〜。(*´◒`*) マンボ、楽しいです。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1194

    ケロ人生の新たな修行の第一歩 (土曜日, 30 7月 2022 22:28)

    これまでのケロは常に新たな事業所開設に向かって進めていく責任を負っていました。
    組織で決定はしていたけれど、ケロが実務を負っていました。だから常に個人完結型のやり方だったと思います。還暦前にしてケロの人生は変えないといけない。周りの人間と一緒に幸せにならなくちゃいけない。。。前回は冬祭りに向けての一歩でしたが、今日は校長先生に還暦前の新たな修行の第一歩、そんなレッスンを2時間びっちりいただきました。
    この歳になってケロの人生に真剣に応えていただける校長先生に感謝の気持ちで一杯です。
    ダンス修行でしか修正のきかないお題です。ケロも真剣に取り組みます。
    お題の一つ目はワルツによる十一面観音でした。ケロはひとつ集中型で一つの顔しか持っていないということ。そうすると周りの人が声をかけにく、ケロも周りの声を拾いにくい。
    最初は前と左右横の顔の3面です。それを外に出すのが胸郭突起ということ。ここから光を出すようにします。そして左右前後の間にある斜めです。スタンダードは顔の横を使います。そして後ろです。これで十面です。最後の一つは自分の中を見つめる顔です。スタンダートは自分の中を2人で見つめます。そう、1人完結型ではなくて、相手に完結してもらう部分を残すということです。
    ジャイブのラテンは、2人で握った手の中で「2人で楽しく踊ろうね〜」ということ。そしてリーダーが放った光を受け取ってとめるのが大事です。そして「ジャズ方式」手首から足首から先は外の世界に任せる。だから床に載せた足は床に任せて「ありがとう〜」っていう思いで踊るということ。これも1人完結型ではないですね。2人で踊ることと手首・足首から先の世界に任せるということ。
    ケロの今までの生き方には無かったことです、なんでも自分人で頑張って、結局は周りを信用していなかった。これが出来ている人間なら周りともっと豊かに生きてこれたかもしれない。ガッツだけじゃ駄目なんだ。。。(T . T)でもケロは幸せです。なぜならケロ人生の半分で校長先生に教えていただけたから。ものすごくラッキ〜( ✌︎'ω')✌︎ 
    校長先生、手強くて(だけど素直で可愛いと思うよ!)生徒だと思いますがこれからもよろしくお願いいたします〜今日も大変ありがとうございました〜ケロケロ〜

  • #1193

    冬祭りへ・・・はじめの一歩 (木曜日, 28 7月 2022 23:07)

    先日の理事会で新介護施設の土木工事の業者を入札選定を行いました。
    いよいよ建築工事に向けて動き出そうとしています。ケロの気持ちも引き締まります。

    ケロの生きがいのダンスも今踊を終えたばかりですが、今日のレッスンがはじめの一歩。
    また新たなダンス世界の扉が開く感覚・・・そう先生にいただいたデモ曲「人生の扉」
    いつかこの曲で踊りたいなぁと思っていたのでと思っていたので嬉しいです。
    ワルツで踊ります。。。お題は胸骨突起の横で踊るということ。そして時には前後で味付けをする。さらに下腹部の太陽軸と上腹部の地球軸。この二つの動きを創り出すということです。それは人生とはこんなものとか割り切って踊れる。生きるものではないということ。
    ケロにはそう感じました。奥が深いです。
    で、ジャイブですが。。。校長先生がまたやってくれました〜(๑>◡<๑)
    限界突破です。。。
    ジャイブあり〜の、チャールストンあり〜の、クイックステップあり〜の。破茶滅茶です。
    ケロらしい、ジャイブになりそうです。もう衣装のイメージも決まりました。( ✌︎'ω')✌︎
    楽しいです。頑張ります。校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #1192

    冬祭りのスクールメイツは緩んで弾けるマンボ♪ (火曜日, 26 7月 2022 23:00)

    今踊を終えたばかりですが、生徒さんのダンスの情熱はさらに高まり冬祭りの種目がそれぞれ決まっているようです。そしてスクールメイツの種目はマンボです。
    校長先生曰く「向上門ばかりでは、上手くならない」「向下門も学習することが必要」と。
    で、冬まつりでは見ている人達が「私もあんなふうに踊ってみたい」とか、コロナ感染でピリピリ、キュッキュッと締め続けられている人たちが緩めて弾けるようなダンスを!!!
    うえ〜い、弾けよ〜♪( ´θ`) と言ったら自分1人が弾けてはダメだそうです。反省です。

    で、今日はイントロからステップを覚えました。ここで絶滅危惧種が2人いるとはるえ先生・・・床から真っ直ぐ立っていると。そのように見えるようです。危険です。
    今日のお題は床から立たない。椅子に座った姿で立って、真っ直ぐ見えるように踊る。
    膝は曲がったようでも真っ直ぐ立っているように踊るということ。そしてこれには横振れが
    必要です。床真っ直ぐはまっすぐに進みますが、座った姿勢では前に進みません。横に動きます。そして注意すること。坐骨で座った姿勢では固まったままです。膝で座った姿勢のまま立って歩くということ。その際に腰から下が自由に動くようにするけれど、上半身は真っ直ぐを崩さないようにするということ。
    これがこのあと、サンバにもルンバにも繋がるそうです。冬まつり、来年の今踊に向けて
    「ラテンとはこのように踊る」と獲得するのが目標のようです。頑張ります。ワクワク
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ