keroさんの面白レッスン日記(週2更新)

コメント: 995
  • #995

    リハビリレッスン3回目を受けました。 (土曜日, 23 1月 2021 19:34)

    ケロの体調も一進一退。今晩降るらしい大雪のせいか?どんより全身が重くて、気持ちが前に進みません。(T . T)
    校長先生が言っていました。「前回は気の取り入れをしたけれど」「気の溜め方が出来ていないね〜」まぁああああああったく!その通りですぅ!
    身体の中に気が溜まらないから、フワフワ・・・・やる気が起きない。
    今日はその気の溜め方を教わりました。外からの気を溜める場所は「胸骨」。前回の肩甲骨や仙骨の内耳を使って気を取り入れて。その気を胸骨端左右に交差するように気を溜めて行きます。そのアクションが必要だなぁ。
    ルンバのベーシックステップのスポットターンは外の気と自分の内耳のやり取りで踊ります。そしてスゥイブルのステップ。耳から下の気の使いなら太ももまでが動きますが、耳から上の気を使うには足の爪先から膝に向けて踊る必要があります。
    小指側から足をひいてきて。親指側から足を出すなど細かい動きが必要です。
    先生と繋ぐ手も肩から動いて、手首から先の気の使い方になります。
    スゥイブルの動作だけですがとても難しく、細かい神経も使います。
    さらに今日1番のお題は「暗反応」でおどるということ。とかく日本人は「明反応」で踊り、ラジオ体操のようなダンス。
    暗反応とは、混沌とした暗闇の中に一筋の光を探そうとする。それは目から出なくて外耳から取り入れるようなダンス。それは宇宙を構成する闇の大部分。求心力の世界です。今のケロは身体をしっかりさせようと明反応で生活しているので逆に駄目だそうです。暗反応の中でこそ、身体のバランスが改善してくるそうです。
    そうやってリハビリレッスンを受けていくうちに、身体の中に気が溜まってきました。宇宙の気が溜まってきたのかな。自分というものを少し取り戻すことが出来たようです。嬉しいです。校長先生、今日も健康になるリハビリをありがとうございました。もっと、もっとダンスしたくなりました〜。
    来週もよろしくお願いいたします。ケロケロ〜( ^∀^)

  • #994

    リハビリレッスン2回目を受けました (金曜日, 22 1月 2021 19:13)

    術後14日目。本来なら今日が退院の日。
    ケロの担当看護師と理学療法士の人が「早い〜!」と驚いていました。普通はゆっくりリハビリを受けて帰るそうです。けれど、ケロはこれで良かったと思います。
    自宅の方が安眠できるし、校長先生のレッスンの方が回復が早いと思うからです。
    まだ少し動くと疲れてしまって、すぐに横になってしまいますがユラユラ風船の揺れ幅も小さくなってきています。そして今日のお題も、さっすが!先生だな〜!
    手術の合併症からの回復にと外耳と内耳を使って踊ることを教えていただきました。
    左右の外耳から内耳に向かって踊るということ。外耳発のダンス。ケロはそれを受け取って内耳で自分の意志で踊り、内耳で踊りきります。
    顎先の左右対象で結ばれることも理解できました。
    そして肩甲骨の内側は内耳。外側が外耳となり、その内耳を使ってそこを強調して踊る。仙骨の線も内耳。上下の内耳は無くさないように踊る。
    腰骨のサイドは外耳。そこからは外に放つようにする。
    この外耳と内耳のダンスは、天と地。太陽磁場と地球磁場。
    上下の内耳をしっかり使うことで、丹田に力が入るようになりました。病み上がりのフニャフニャケロの身体の中にパワーを溜めることもできました。
    そして詰まった左耳も通気され音がよく聞こえます。
    (おまけ:肩甲骨の右内耳でアレマーナ。左内耳でスポットターンが自然にできます。)先生がよく言っていましたが困難を乗り越えてのダンス。今がその時、ピンチをダンス上達のチャンスに変えて頑張ろうと思います。
    校長先生、今日もありがとうございました。明日もリハビリレッスンを
    よろしくお願いいたします。ケロケロ♪( ´θ`)

  • #993

    術後のリハビリレッスンを受けました (水曜日, 20 1月 2021 21:08)

    今年初めてのレッスンです。よろしくお願いいたします。
    三叉神経痛の手術を受けました。顔面の神経痛とおさらばです。
    今は事前に説明のあった左耳内耳骨へ液が流れてしまったので左耳閉塞感と目眩が残ります。(治らないと手術することもあるそうですがケロはもう嫌だ〜!)
    今日で術後12日目。このまま家で寝ていても良くならないな〜
    ということで予定変更し、今日からベッドから出て、ダンスでリハビリ受けることにしました。この目眩は身体の外とのバランスを治してもらおう。動くことで耳の中の水も流れていくかもしれないし・・・・そんなことを期待していったら、やはり先生は凄かったです。何も言わないケロの気持ちを察したようにリハビリルンバのお題がそのままでした。
    最初のお題は、自分の中に真っ直ぐを作らない。身体の外に、フリーアームを使って垂直の棒を掴むようにする。(リーダーは水平の棒を持っている。それに合わせてニューヨークのステップ)外の気は母趾球と恥骨の流れで。手術で切開した傷をコーテイングしていくようにすると・・・天にも地にもつかないユラユラ揺れる風船のようだったケロの身体、目眩も少し改善できてきました。
    手術前には詰まっていた左肩も流れが通るようになり左に右にと流すことができるようになりました。
    ウォークの膝の格好悪さは、膝を丸く外に流して、反対の膝に流すようにする。
    トゥ。フラットのこの間の広さを少しずつ小さくしていくことも。足の裏でスイブルをするのでなく踵から膝下で進めるということ
    こんな基本のウオークでも術後のケロには大変苦労な動作でした。
    そして抵抗感。恥骨と尾骶骨の間を拡張したり、収縮したり。
    ダンスで身体を動かすと霞のかかった視界もはっきり見えてくるようになりました。先生が体が健康であるダンスを踊るということの大切さも教えてくれました。
    仕事に復帰できるまで、あと少しリハビリレッスンを受けることにしました。
    校長先生、今日もありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
    ケロケロ *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

  • #992

    2020年のレッスンが終わりました、そして始まりますよ (土曜日, 26 12月 2020 23:19)

    レッスンを終えた後、マヤさんとお茶を飲みながら話していました。
    今年は新型コロナで始まり、新型コロナで終わってしまったけれど、KDSがなかったら虚無感でいっぱいだったね〜と。
    ケロは時々は疲れちゃって、顔も痛くってレッスンに行くのが負担にあることもあったけれど、いつも校長先生が引き上げてくれて、いつもレッスン受けると元気になって、そのうち、コロナの理由でレッスンに来たくても来られない生徒さんの分まで頑張ろうって思うようになって、そんなこんなで一年が終わってしまいました。そして今日の今年最後のレッスンも来年に向けての始まりです。( ´∀`)
    前回と同じ、徹底的に左脳です。パソのステップを左脳でやり直します。
    左脳のダンスをケロは口中真ん中下で溜めて、ボデイから漏れないようにします。
    右脳は鼻腔一番高いところで、先生の左脳部分と一緒にストレッチすることもします。両方を使いますがケロの右脳が強くて、何度も練習です。そして
    左脳はヒールです。左脳の視線でシャッセケープのステップをすると、先生のサイド、入りたかったポジションに行きます。左脳で踊ると自粛祭りでは見えなかったパソのステップになりました。同じステップでも全く違うものになって、ケロは感動です。
    タンゴも左脳です。左脳は消化器なので右脳の動きと違って遅れていきます。
    そのため、卵巣、バストの使い方も左脳仕様にして。
    視線も左脳にしてと。ちょい、ちょい難しいです。2年前にデモったタンゴとはまた違って難しいです。でも来年、頑張りますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

    今年のケロの目標は「自分の手足の先まで自分自身でコントロールできるようにすること」でした。病気も含めて自身でコントロールできるようにとしてきました。
    完全コントロールはできなかったけれど去年のように寝込んだり、落ち込んだりすることなく過ごせました。校長先生が「脳神経」が最適になるダンスを教えてくれてケロの病気をコントロールしてくれたからです。有り難いです。
    来年一月は、病気治療に専念するためひと月お休みしますが、すぐに戻ります。
    元気になってダンスを早く始めます。校長先生、はるえ先生、ジリン先生、今年一年おせわになりました。来年もまたよろしくお願いいたします。
    また破茶滅茶、ダンスしちゃいますからね〜♪( ´θ`) ケロケロ

  • #991

    左脳と右脳で来年も頑張るぞ〜ᕦ(ò_óˇ)ᕤ (木曜日, 24 12月 2020 23:30)

    正直、忙しすぎて自粛祭り前はプチパニック症状あったかもしれない・・・
    ダンスの振り付けは忘れないけれど、日常的に細かいミスが続いていて落ち込んでいて、動悸がしたりして・・・自粛祭りは楽しく終わって、ほっとしていますが
    この時期にきて、毎日仕事が忙しくて、追われていて、ちょっと辛いです。

    いつものように、こんな時こそKDSです。校長先生のレッスンで元気いただきました。来年に向けての基本を習います。今日のお題はパソドブレで左脳と右脳です。
    医療機関で看護師といえども、今の仕事は男性職員と一緒に仕事をする時間が多くなっていてケロの右脳が大活躍です。右脳は男性脳。だからケロの左脳が上手く働いていないようです。左脳は女性脳。残念(T . T)女性らしいラインが出ない。
    あえて左脳で身体のあちこちのラインを作ることからしました。女性らしいしなやかさが出てきました。
    また男性は左脳で女性をリードします。左脳は支配される脳。女性がつきやすいそうです。女性は右脳、支配する脳でフォローしていきます。自分の左脳は自分のために使います。競技ダンサーのマーカスとドニーだけが左脳で踊っていることも
    教本でわかりました。
    で、2時間目は来年、チャレンジするタンゴで左脳、右脳を勉強しました。
    種目によって使い方が違ってきます。タンゴの女性は右脳で進むことよりも左脳で置いていくものを魅せるようにしていく。それが左ボディの見せ方のような気がします。びっくりなのは、ホールドした先生の左手はケロの左脳と右脳を動かし、右手はケロの左脳と右脳を支えてフォローしているということ。
    ケロが先生のリードを感じることができるのもレッスンを長く続けてきたから・・・嬉しいです。でもまだまだ・・・左脳と右脳の感度を良くしなければ。
    校長先生、今日もありがとうございました。今年もあと一回。よろしくお願いします〜ケロケロ。左脳、左脳、左脳。右脳、右脳、右脳。٩( ᐛ )و

  • #990

    2020年冬の自粛祭り (日曜日, 20 12月 2020 20:22)

    新型コロナ感染症が拡がっています。
    昨夜の自粛祭りでは校長先生から呪詛の護符を新たに参加者に渡して頂けました。
    これからの生活にはとても必要で、大事です。先生に感謝!

    自粛祭りのダンス発表・・・
    スクールメイツ、当日のお客さんの検温しながらMOMOさんとはるえ先生の動画を見て何度も再確認。みんなも同じような・・・でもやはり本番に強い私たち
    大きな間違いもなく、終わりました〜ヤッタァ( ✌︎'ω')✌︎
    カワサキシスターズ、はるえ先生はポリスで私たちは脱獄したくても出来ない囚人たち。ブラック、ピンク、イエローのアフロヘアーを被り囚人ルックで踊りました。
    ケロの誕生日にケロの好きなアデルのrolling in the deepで踊れたことは、本当にうれしかったです。観客の笑いと喝采?も大いに頂けたしね。ヤッタァ
    校長先生とのパソドブレ、先日の口中の緊張。強さに表したいな〜と思い頑張りました。見ていた生徒さん二人に「良かったですよ。見入ってしまいました」と言われました。嬉しい!来年の今踊に繋げていきます。
    そして、石井明美のチャチャチャで踊るチャチャ。流行当時のジュリアナ扇子を持っての登場から、リーダーの先生にナンパされ拉致られる?そうです、このチャチャストーリーは臓器売買だそうです。物騒なチャチャですが、やはり見ている人たちが楽しかったと言ってくれました。3分30秒の長い発表でしたが、やはりケロの誕生日に先生からのプレゼントですかね〜。物凄くケロ自身も楽しんで踊りました。ケロのお客様「今回のダンスは、やってやるぞ!っていうのが見えました。」
    「その意気込みに、ずっと見入ってしまいました」って。
    そして「先生とのダンスを見て浄化されているようでした」とも言っていました。
    観客に何かを感じてもらって、今の世界の心配事に向かって生きていけるようなものを自粛祭りは提供できたんだと思うとケロは本当に嬉しい!!!
    校長先生、はるえ先生、ありがとうございました。
    来年もケロ自身の健康のために、周りの人たちの健康のために踊れるようにしたいです。自粛祭り、お疲れ様でした〜。ありがとうございました〜。ケロケロ

  • #989

    口中の梅干しおにぎりを握って踊る(*゚▽゚*) (木曜日, 17 12月 2020 23:21)

    自粛祭り前の最後のレッスンです。
    今年は新型コロナのこともあって2度のデモに向けて、1年間レッスンを休むことなく続けてきたことが感慨深い思いです。
    また来年も同じような状況だけれど、また同じように頑張って行くんだと思います。ダンスの発表の機会をいただいて校長先生に感謝です。

    パソレッスン。今日のお題は口中でした。口中の底とてっぺんとがあって、そこにおにぎりをぎゅっ、ぎゅっと握るようにします。中に入れる梅干しの位置も少しずつ変えていくことでボディバランスも変わってくる。
    口中を意識していくと横隔膜を通って臍に繋がります。臍の奥です。ボディの裏側になります。
    チャチャの時にこの臍の奥、裏側を見せるようにして踊ると、インパクトの強いダンスになりました。先生は「ダンスの知識ばかり増えてもダメ。自分のダンスを踊ることが必要。それが口中。自分を表現するところです」と。
    そしてこの臍の裏側と手首、足首を先生に合わせて踊ることでケロの広がりやすいダンスがまとまり絡みやすいようになると言うことです。
    KDSのフロアで踊るためにTVブラウン管の中で踊り表現することを忘れないようにします。
    19日はケロの誕生日♡二次会も自粛会場にセッテイングされていますが、楽しく踊って楽しく交流ができる日にしたいです。うふふのふ✌︎('ω'✌︎ )
    校長先生、ありがとうございました。冬祭り頑張ります〜ケロケロ

  • #988

    守り、守られのシャドウダンス (火曜日, 15 12月 2020 22:55)

    仕事中に数分違わず、次男の上司とMOMOさんから体調が悪いと続けて連絡がありました。急に真冬の寒さとなり体調を崩したようです。暖かくしてゆっくり休むようにと。すでに大人のこどもたち(?)・・・死ぬ時まで心配し続けるんだなぁ

    そうゆうわけで自粛祭り前ですが、カワサキシスターズはMOMOさん抜きのレッスンです。大丈夫。私たち、本番に強いですから〜失敗しませんから〜ᕦ(ò_óˇ)ᕤ
    最後の詰めをはるえ先生に細く治してもらいました。手のつなぎ方も、漫然と繋ぐのでなく、入ると出るのその拮抗する作用で繋ぐとチェーンのように綺麗になってステップをしてもバラバラにならないと言うことです。
    で、主役はケロのはずだったのに・・・面白すぎのマヤさんに主役を持っていかれそうです。それは当日のデモのお楽しみですが・・・ギャハハ〜こらえてもこらえても笑ってしまう〜!
    スクールメイツのお題は、シャドウで踊ると言うこと。最高のパートナーと一緒に、リーダーは女性を守るナイトのように力強く、どの方向から攻められてもガタつかない。女性は守られていることを認識して、けれどやはり肘で外からの攻めに強さを見せます。それがスタンダートダンスを踊ると言うこと。
    いよいよ、残すは自粛祭りでの発表となりました。中間発表でも見ている人達に思い出に残るプレゼンテーションができると良いです。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました。あと少しお願いします。
    ケロケロ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

  • #987

    今年最後のスリムチャンスは最高に良いチャンスだった〜 (日曜日, 13 12月 2020 16:26)

    ケロは知っている・・・参加者が少ない時ほど校長先生のお題がとても内容の濃い〜ことを。今日の今年最後のスリムチャンスも諸事情で参加者が少なくて寂しかったけれど・・・オ〜イエイ〜!!!!!最高に良いチャンスでした( ̄∇ ̄)
    内臓脂肪の取り方です。
    最初のサジェスチョン「人は何故?食べるのか」生きるため?いえいえ「排泄するため」だそうです。人が頑張るときに「kuso!」って言う。そのまんま。
    だから食べることは必要でダイエットで食べないと頑張れないそうです。しかし腸管いっぱいにKUSOを詰めるような食べ方をすると祐気を取り入れることができないので食べ方にも気をつけること。
    次に身体の使い方。今日はダンベル、ボールなどを使うナイキのトレーニングではなくて、終始、校長先生が直に生徒さんのボディを観察しながら、正しいボディの使い方、つまり綺麗な内臓ダンスを教えてくれました。
    口腔の上を使って走った後に心臓、肝臓、胃の上部を使ってまた走りました。
    上部を使った後はその下部をヨーヨーのようにして使うと内臓の間の余分な脂肪が燃焼されるようでした。
    そして左右の上肢を心臓、肝臓と襷掛けのようにしてみると・・・本当はもっと細かい調整が必要ですが、モダンのホールドがとても素敵にできるんです。
    へえ〜、ただ後ろにのけぞっているダンサーが多い中で本当のホールドの綺麗さが理解できました。それに脂肪が燃焼するんです。ウホホホ〜( ✌︎'ω')✌︎
    冬の自粛祭りデモが少しでも違って見えるように今日のお題を大事にします。
    校長先生、今日もありがとうございました。ケロケロ

  • #986

    綺麗な内臓で踊る (土曜日, 12 12月 2020 23:02)

    いよいよ1週間後が自粛祭りとなりました。9月の今踊から3ヶ月・・・出来栄えは・・・頑張りますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

    パソレッスン。ケロの肩こりが慢性化しているので自覚症状がありません。が先生はいつも見つけ出します。今日も詰まりがなく気がちゃんと通るようにとお題をいただきました。ケロはいつでも顎先で真ん中を決めてしまいます。顎先を抜いた左右の顎を両輪にして動かし、両肩の動きにつなげていきます。左右の顎を使うことで横をどう見せるか?そうそう、痩せて見えるようにするということです。
    チャチャチャ。内臓を綺麗に見せるように踊ること。心臓と肝臓を左右の肋骨にしまいこむようにする。ワキ肉も仕舞い込むようにする。最後はマスクと頭を一緒にしないでマスクで表情を作るということ。
    今日はスクールメイツでどうしても理解できないフレっカールとスローの振り付けについてマヤさんと補講を受けました。やはり上腹部の内臓、つまり心臓と肝臓と中央の胃でまとめて、肺を綺麗に見せるということです。なるほど、なるほど。
    どうしても外側のエクステリア部分を綺麗に見せようと努力するけれど、内臓、インテリアが綺麗になっていないので、身体の線も綺麗にならないよなぁ〜
    今日はそんなことも気づかせていただきました。
    校長先生、ありがとうございました。あと少し頑張ります。ケロケロ( ✌︎'ω')✌︎

  • #985

    幸せなダンスを踊りた〜い( ˊ̱˂˃ˋ̱ ) (木曜日, 10 12月 2020 23:32)

    昨日は長男と孫が来たので鶏肉大根を煮て
    今日はMOMOさんが来たのでおとーちゃんがコーンシチューを作りました。
    元気でいるから、ご飯が美味しい・・・結果、痩せません(T . T)
    冬の自粛祭りまで、あと10日・・・どうする?

    パソレッスン。今日のお題は臍の中まで緊張することができるか?ということ。
    そうすると痩せられるそうです。よっしゃ〜!トップバストの上下を横隔膜を借りて上から下から真ん中に向けて折り込むようにするということ。肋骨下は下半身を、トップバストは上半身を司ります。ケロは上半身を大きく広げてしまうそうです。頭脳は手首で止めます。(足は膝で止めます。)手首から先はもう一段階進めるようにする。そして脳に届けるようにするためには人差し指を使います。
    確かに人差し指は、脳に届き、脳のしなやかさを作ります。

    隣で踊るMOMOさんは病棟勤務の夜勤続きで疲労が見られます。白いモダンの衣装を着てクィックを踊る姿も元気がなくて本当に心配です。校長先生が人差し指の付け根に気を送り込むようにしたら・・・凄い!顔色も良くなって、枯れ木のようだったのが全身がふんわりと柔らかいボデイになりました。
    ケロは足の甲を手当てをしてもらい、あれ〜?おばさんの足がジリン先生、MOMOさん曰く「可愛い足!」になりました。その足でジュリアナチャチャを踊ると最高に楽しいダンスを踊ることができました。
    MOMOさんのクィックも、笑顔で踊る姿を見て「やっぱりダンスって幸せに踊流ことが大事だな^。観ている人もその幸せを感じて幸せになれるんだろうな〜」
    ましてや正気のない娘のダンスより、幸せそうに踊ってる娘のダンスを見て、ケロは泣きそうになった・・・校長先生のおかげです。凄いです。
    その後にケロをスリムだった時の記憶を呼び戻し、先生がまたケロの手の甲を押して手当てをしてくれました。太さは変わらなくても、本当に不思議!ぽてんとした膨らみがスッキリ!
    それを見ていたジリン先生が自分で自分の手の甲を押していた・・・ウヒャヒャ。
    先生は、どうしても身体の線が出てしまってはダンスは良くないからねと。
    幸せなダンスを作り、踊るのは自分自身。。。頑張ります。
    校長先生、今日は沢山のことありがとうございました〜。
    ダンス大好き。ケロは幸せです。

  • #984

    ラインの外は頭と股٩( ᐛ )و (火曜日, 08 12月 2020 23:19)

    寝ても覚めてもコロナ対策・・・めちゃくちゃ忙しいです。が、初めて昨夜の会議を自宅からWEB参加しました。ものすご〜い楽ちん。
    今まで仕事を終えてから高速道路で1時間移動して、3時間会議の後に30分かけて帰宅していたのでITの進歩に感激しました。

    今日はMOMOちんもシスターズのレッスンに参加できたので衣装を着て本番と同じように何度も練習しました。バッチリです。笑いを取るのが・・・いやいやダンスもいいと思うよ。格好よく踊ろう!
    スクールメイツは、まだまだステップの覚えができていないので周りを見よう見まねで踊っています。で、今日のお題はラインの内と外。その外は頭と股の行ったり来たりですが、頭から取り入れたものは下に降りて、股から取り入れたものは上に上がる。そのミーティングポイントがトップバスト、裏側は肩甲骨の真ん中。右バストは左肩甲骨に、左バストは右肩甲骨にと。ここより少しでも落ちたり、あげてもいけない。ここから手が出る。
    ウイナーワルツはここをスウエイをかける。スローは左右のトップバストを別々に上から下に圧縮することでスローの動きが出るということです。
    とかく私達は二本の足で背骨を支えていますがダンスは二本の足が別々にこのトップバストの上下の回転だったりする動きがあるようです。
    難しいです・・・まだまだ学習が必要です。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #983

    同側・反対側と同じ筋肉は使わないスリムチャンス (日曜日, 06 12月 2020 20:09)

    職場周辺に感染者が出てから、毎朝、職員からの相談が続きます。
    今朝もスリムチャンスに出かける寸前に「家族に疑いのある高齢者宅にヘルパーが訪問して良いかどうか?」という相談がありました。基本の考え方は、保健所の指導の有無です。それがなければきっちり予防策を講じていればOK。後々、自分が濃厚接触者にならないことが大事。これから現場はずっとこんな感じ。精神力と体力が必要です。今日もスリムチャンスに参加しました。

    今日のお題は同側と反対則。どうも私達は手首と足だけを使っている。
    ダンスは肘と膝を同側・反対側の運動をします。それも一緒に行う。
    さらに肩と臀部もそのように。さらにさらに頭と肩も交差して・・・
    頭の中も右脳が筋肉なら左が頭脳、その逆も・・・
    つまりは、左右の動きや身体の使い方を同じように使ってはいけないということです。チャチャの後退も全身と同じ筋肉を使って同じように後退すると身体が真正面にダラダラと下がるダンスになってしまうということ・・なるほどです。
    そしてレッスンで習ったことをひとつ持って、デモで踊ろうとするとその一つにこだわりすぎて同じ筋肉の使い方になって、最後は何を踊っていいのか分からなくなってしまう。これも注意が必要ということです。
    スリムチャンスは本当に勉強になるな〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #982

    フォーブロック オブ ウエイト (土曜日, 05 12月 2020 22:36)

    ひたひたと身近に新型コロナ感染症が増えてきました。
    来週の会議までに「事業継続計画」を作成しなくてはなりません。パソコンの前に一日、張り付いたままでした。
    先生が「はっ!はっ!はっ!おりゃっ!」と四つ切りしてくれました。
    頭の中だそうです。ボロボロだそうです。が元気になったぁ〜( ✌︎'ω')✌︎

    で今日のお題は、鼻腔の一番上、2番目、3番目、そして口腔の一番上の鼻腔4番目。これをフォーブロック オブ ウエイトと言って四つのブロックの一番上は動かさないで、2番目、3番目のブロックを左右前後に動かして踊ります。
    ケロは口腔で真ん中を決めようとしてしまいますがこの鼻腔一番で真ん中をとります。そして小指爪外側から親指爪外側の流れは鼻腔。親指爪外側から小指爪外側が口腔でこの真ん中を中指でとるということ。
    チャチャチャもこの鼻腔で踊ることを練習しました。鼻腔で踊る姿勢とは、背中の胸椎でなく胸郭、肋骨、寛骨、つまりフロントが緊張した姿勢です。
    鼻腔のダンスを習得していくことが必要ですね(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
    校長先生、今日もありがとうございました〜
    明日もスリムになるチャンスをお願いします!ケロケロ

  • #981

    リラックスの卵巣 (木曜日, 03 12月 2020 23:14)

    昨日からずっと感じている、「窮屈」
    毎日ころなの報道で、GOTO行くの行かないの、医療現場の逼迫するのしないのと
    政治とマスコミとで生活の全てが覆われているためなのかな・・・とにかく生活も仕事も頭の中までも窮屈さが抜けない・・・だからこそ、レッスンで解放しなくちゃです。今日のお題はいろいろ沢山あったけれどブログのテーマはリラックスにしました。( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    最初のパソのお題は、爪です。親指爪の外側と小指爪の外側。左右手足の四つの部分を同側に交差してと幾つもの繋ぎをしていきます。小指は外と親指は自分の中。
    先生のその爪も感じながら自分の通り道も理解していきました。そうこの爪は通り道だそうです。そして残された人差し指と中指、薬指は内臓を引っ掛けるように使う。腎臓は薬指、動かないところ。あ〜なるほど。ダンスで身体の中の通りを良くするってこうゆうことなんだなぁ(*^o^*)
    さらにケロの真ん中、女性器で緊張していることをやめて、左右の卵巣を八の字にしてその真ん中を理解します。左右の卵巣を同側にしたり、交差したりして踊りました。女性器真ん中でキュッとしているダンスの裏側のこと。リラックスで踊る、卵巣の丸みを使って踊る安定感とダンスの表現が豊かになる感じ。
    きっと観客はこれを観たいんだろうな〜って踊るケロ自身も分かります。
    そして大事なお題は、やはり角度。45度、135度の正確の大事さ。これが1度でもずれたら綺麗で端正なダンスは踊れないそうです。そして「向けて」踊ることと「向いて」踊ることを教わりました。表情にもステップにもメリハリがつきます。
    2時間のレッスンは窮屈の頭もリラックスできました。
    校長先生、ありがとうございました〜。また頑張りま〜す。ケロケロ

  • #980

    ラテンは指、スタンダートは爪が主人公⭐︎ (火曜日, 01 12月 2020 23:01)

    12月です。今年もあとひと月になりました。
    早いな、早いな。・:*+.\(( °ω° ))/.:+そして冬祭りもすぐです。

    はるえ先生のカワサキシスターズ。MOMOさんは今夜もお仕事で欠席ですが、マヤさんとはるえ先生と3人で頑張りました〜本番、しっかり完璧、踊りますよ〜
    お笑いシスターズにならないようにします。
    そして今日は、はるえ先生に特別なことをお願いしました。
    それは・・・スクールメイツのスローフォックストロットのパートがケロは全然、理解できていません。何度も動画を見て予習していますが、み〜んなが団子状態で足の部分が見えませんでした。そこで先生に囚人服のままスローを教えていただきました。
    2時間目のスクールメイツは、その甲斐もあって、途中で立ちすくむこともなく最後までみんなについていくことができました。はるえ先生〜ありがとうございま〜す。メイツのお題は、「爪」でした。足親指の爪には、5つの神経?に分かれていて小指側から使います。指で踊っていけません。手の爪も親指爪と合わせるように小指爪とアクリル板を運ぶようにスクエアを保ったまま踊ります。
    爪は動きを指はスタイルを作ります。爪だけで動くとお尻が引けて、綾小路きみまろのようになってしまうからです。٩( ᐛ )و
    はるえ先生の動画と今日の爪を使ったダンスで、やっとケロのスローも迷路から抜け出すことができそうです。今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #979

    スリムチャンス〜上腕三角筋を使う (日曜日, 29 11月 2020 15:04)

    今日のスリムチャンスは、とても内容の濃い有意義なお題をいただきました
    先生「解剖図通りの筋肉を使っていてはいけない。理想の身体にならない」そうです。そこで・・・
    上腕三角筋ᕦ(ò_óˇ)ᕤ の使い方。内側に向かって入れ込むようにする。
    ダンスのホールドもその三角筋を入れ込むようにする。タンゴなら向きを変えてもビシッと決まります。
    とかく私たちは脚力だけで歩いて踊ってしまいます。それも爪先側で歩いている。そうすると身体のバランスが悪くなってしまう。この三角筋を使う。使って大腿筋に繋げて膝までで止める。そうしないと膝や腰を痛めてしまうそうです。
    この三角筋を使うとヒール側のバランスになります。三角筋を使ってヒール側、前側とバランスを変えていくことも出来ます。
    生徒さんそれぞれの不具合を先生に見ていただきながらスリムチャンスで健康なバランスにしていただきました。目からポロポロ、ポロポロ、ウロコが落ちた〜
    今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #978

    脳と尾骶骨まわり (土曜日, 28 11月 2020 22:23)

    振り返って見ると11月はいろんなことがありました。内部監査、監事監査、組合との団交、行政と補助金アップの懇談、保健所の実地指導、次男の突然のアパート退去と県外への転居。そして2泊3日の検査入院・・・良くやったわ〜( ;∀;)
    そして今日は11月最後のレッスンを受けました。今日、退院してきたばかりで半分、病人のケロです。レッスンで身体を動かして「生きている」感覚を早く取り戻したい!!!。。。そんなことを校長先生に伝えなくても先生はケロの身体の不具合をちゃんと見抜いていくれていました。本当に有り難いです。涙が出そう・・・
    先生曰くケロの内側に「つまり」があって、通らないところがあるそうです。だから一緒に踊る先生も硬くなってしまうそうです。
    それはケロの尾骶骨、仙骨まわり。それが脳にも影響して頭蓋と脳がくっついて、隙間がない状態。だから左顔面に血の流れがいかず、鬱血して淀んでいるそうです。なるほどです。そこで尾骶骨、仙骨を動かすことから治療してもらいました。ダンスというより、ひとつひとつのステップを通して、整体治療を受けているようでした。尾骶骨、右肩など先生の指圧を受けながら、気を通してもらいます。
    仙骨の右左の高さを違えて歩くことで頭蓋から脳の間に空間ができるようにしていきます。尾骶骨、仙骨、脳が動き、解放されることで健康的なチャチャを目指すように踊ります。最後のアルゼンチンタンゴ。ここがめちゃ難しいけれど、頭と股の関連性。寛骨の左右を折り合わせるようにしていくことで、頭のカランコロンと動きを楽しむ。
    やっと、生きているケロの表情になってきました。勿論、身体もです。
    またダンスを楽しめるケロに戻ってきましたよ〜( ✌︎'ω')✌︎
    校長先生、今日も治していただきありがとうございます。明日スリムチャンスも
    頑張って、生きていること確認していきたいです。よろしくお願いいたします。
    ケロケロ〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

  • #977

    面取りのスリムチャンス (月曜日, 23 11月 2020 23:44)

    (日曜日, 22 11月 2020 20:35)
    冬祭りに向けて4回のスリムチャンスを先生が企画してくださいました。
    有り難いです。今日からスリムになります。
    今日のお題は頭脳でした。昨夜のレッスンでケロの脳が真ん中にバランスを取るように狭くなっていると言うこと。多くの人が床に真っ直ぐ立つと頭脳がそうなるそうです。頭脳が狭くなるので本来の左右前後の使わなくなるところから老化が・・・そこで今日は鼻腔の一番高いところから耳の穴の下あたりが頭脳ということ。ここを大根の「面取り」のようにして左右を小さく切り取り、そこでバランス取るようにします。前後は毛の生えているところ。
    この面取りを動かして、チャチャやサンバでもそこからステップが出る感じ。
    な〜るほど。この面取りで踊ると緊張してシェイプアップできるそうです。
    お〜い、今日一番大事なお題だよ〜。お休みのマヤさん残念!( ̄∀ ̄)
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #976

    一人では踊れない・一つでも踊れない (土曜日, 21 11月 2020 22:41)

    哲学好きの射手座のケロ・・・今日のレッスンもとても良かった〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    これからの人生もダンスもきっと良くなる!(と思うよ)
    神経の薬倍量飲んでいるのに、また発作が起きていました。先生がケロの肩凝りを手当てしてくれました。寝ている時の肩凝りだそうです。だから一緒に踊っていて岩石のように肩が硬くてリードが効かないそうです。で、先生のスライム施術?
    ってなやつを今日はしていただきました。肩が楽になりました。発作も今のところ落ち着いています。有り難いです。
    で、肩が楽になった分、横に広がる感じで前回のリラックスが無意識に出来ます。
    あと残りの硬さは、顎と脳だそうです。左右を交互にして踊りました。
    先生の脳とケロの顎、その逆も・・・一人で踊るときと進む道が違ってきます。
    シャッセケープも広がります。。。ケロは考えた。本番デモでこれができれば最高!でも、掴めないうちに終わったら、悲しい・・と。先生が言いました。「今日は出来た。出来なかった。は一人で頑張って踊っている時。これを理解したらシャドウで踊るなんて、到底出来ない」「仕事もそう、一人で頑張っても上手くいかない。相手や周りがあって一緒にやることで完成できる」と。本当、そうです。
    ジュリアナチャチャも脳と顎でやってみますが・・・あれ?何だかいつもより間違えてしまう・・・先生と二つの脳で踊ってしまったので、混乱したようです。
    そして大事なこと。チャチャのベーシックステップをきちんと理解していないのでバリエーションステップのイイ加減。ちゃんと勉強しなければ・・・
    そしてケロに足りないこと。それは内から外に出すことばかりなので体力も足りず途中でヘロヘロの表現不足。外に出したら、外から内に入れることもする。
    宇宙の内と外で行き来をすること。この二つが交錯しあってやはり完成できるのが舞踊だそうです。哲学だわ〜。素敵だわ〜。
    今日は体も心もメンテナンスされました。校長先生、ありがとうございます。
    明日、スリムになります。( ✌︎'ω')✌︎ ケロケロ

  • #975

    リラックスの洗礼 (木曜日, 19 11月 2020 23:28)

    レッスン後の帰路。
    家の近くの踏切が大変な騒ぎになっていました。人身事故、20歳代の女の子。
    なんの理由があるか分からないけれど「いのち」を大事にして欲しい。生きたくてもそう出来ない人もいるのをケロはたくさん見てきたから。
    で、いのちを踊ると言うお題もいただいている自分。かけがえのない幸せをいただいています。校長先生に改めて感謝。

    今日のお題は「リラックス」でした。日本人ダンサーが英国のレッスンを受けるときの多くが緊張いっぱいで踊るそうです。そのため最初の洗礼がこの「リラックス」して踊ると言うこと。だからと言ってダランと力を抜くと言うことではない。
    身体の中を緊張して、身体の外をリラックスする。リーダーのリラックスに合わせる。皮膚感もリラックス。リラックスすると横に広がるダンスになります。
    パソのツイストターン。LODと45度のステップで教えていただきました。けれどこれも足型でなく、リラックスで踊らなければ出来ません。

    ジュリアナチャチャは関節の継ぎ目から、リラックスできるように「抜く」と言うこと。前に抜く、後ろに抜く、ターンする方向と反対に抜く、股関節から抜くなどするとカチカチボデイから、しなやかなボディになって絡みやすいようです。
    そしてカチカチ緊張ダンスより、リラックスダンスの方が観ている人も感情が入りやすいようです。う〜〜〜ん、冬祭り、絶対にやって見せよう!
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ〜リラックス( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

  • #974

    カワサキシスターズはアクシデント、スクールメイツは規律 (火曜日, 17 11月 2020 23:15)

    今日のシスターズはやっと3人が揃ったので衣装をつけての練習です。
    はるえ先生、格好良いわ〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    私たち3人、ぷっ!笑えるわ〜( ̄∀ ̄)
    で、やっと揃ったので格好よく見えるダンスを追求です。
    MOMOさんが床に横になるスタイルは、一つ一つの動作を見せるように横になる。パソドブレの床に座るポーズだそうです。
    両手を広げてポーズを取るマヤさんは、その手の広げ方をもらいました。
    さあ、本番さながらやってみよう!となると、MOMOさんが転がってはるえ先生に引きずられて・・・(確か?先週はマヤさんが転がっていましたが・・・シスターズはアクシデントがつきものです。)
    スクールメイツ、スタンダートは徹底的にLODにそって角度を一緒にする規律を学びました。自分があー踊ろうとかは必要ない。全員が規律に従って踊る。頭の中が揃っていれば言いそうです。だからホイスクも壁に45度に向かって左足を出し、右足をサイド、左足を後ろ斜め45度に出す。ラテンは体重を乗せ変えるけれど、スタンダートは一歩一歩を出す。常にLODがあってどちらを向いているか、どちらに向かっているか、それと分度器。スタンダートは難しい・・・(T . T)
    校長先生、春江先生、きょうもありがとうございました。ケロケロ

  • #973

    あらゆる中心 (土曜日, 14 11月 2020 22:34)

    冬祭りまで頑張るという目標を持っていますが、薬の副作用でとにかく眠い!
    眠いのでレッスンの時にケロなりに努力していることがあります。
    それはいつでもテーブルに観客がいるというイメージを持って踊ることです。
    いつでも本番という気持ちで踊ることです。それが先生にも通じたかな?
    「舞台度胸はついてきた」(( ✌︎'ω')✌︎ヤッタァ!)
    「でも途中で体力が無くなるんだよね」((T . T)残念!) でも頑張るぞ
    パソのお題は中心です。ケロはドラム缶、ボディの中心を使って踊るそうです。そうすると先生と絡めない・・・あらゆるところの中心を使います。太腿。上腕。前腕は二本の骨の中心です。で先生の中心の線に絡むように、コイルのようにして行くっていうこと。ケロの指先から鋼線が出ます。細い針金で踊るといいようです。それも肩甲骨までそうして、手指を巻くようにすると次の動作に繋がりました。
    針金なのに、しなやかなケープパソになりました。次もやってみようっと。
    ジュリアナチャチャは上下左右前後、箱の中におさめて踊ることがお題。
    その箱は曲の小節のことでした。ケロは間延びしちゃう。小節の中で踊ることで音符のリズムがはっきりしてくるということです。次もやってみよっと。
    今日の午後は上半期の監事監査を受けました。役員さん二人が「ここの地域はコロナが出ないね〜不思議だね〜」と何度も首を傾げていました。
    神様、ありがとうございま〜す。ケロの心の中で感謝。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

  • #972

    内臓の内側ダイエット・絞れるxう〜! (木曜日, 12 11月 2020 23:17)

    相変わらず、一日座ってパチパチしています。頭と目を絞っているのでどうも内臓がドッカーンと拡張したままだそうです。あらら〜ご飯少なくしても痩せないわ〜

    パソレッスン。ケロは先生のケープになります。はためくケープの色々なスタイルが必要です。どうもケロは内臓が動いていないので、踊っていないように見える。。。?内臓の使い方を教わりました。腹膜や横隔膜を使うのでなく、胃腸肝臓腎臓の内臓です。え〜それってちゃんと収めておかなきゃいけなかったのでは?
    ラテンは違うそうです。腸がびょ〜んって飛び出していいそうです。そして戻る。の収縮も必要。そして内臓を絞るのでツイストターンなんか、本当に内臓の脂身が絞れるようでした。えらいこっちゃ( ;∀;)
    ジュリアナチャチャはその内臓が臓器売買で売れるようにしなくてはなりません(なんのこっちゃ?)そう、ケロがまたお腹ドーンとしていると先生がリズムが掴めず、先生の手で踊るしかなくなるそうです。ケロが内臓をキュッとしていると、それをリズムにして踊れるということ。わっかるぅ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    2時間のレッスンでだいぶ絞れてきました。本当です。またやります。
    内臓ダイエットは健康にも良いようです。仕事疲れのだるさも解消されました。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #971

    鎖骨のショルダーリードと膝のステップ (火曜日, 10 11月 2020 23:11)

    今日はマヤさんと二人でシスターズのレッスンです。
    ウィッグをつけて踊ります。校長先生が「おっ!新宿の大道芸人!」と言います。
    いえいえ、私たちはイケてるシスターズを目指しています。
    今日は強弱のあるダンスを教わりました。・・・というのも全体的にぼやけているそうです。だからメリハリのあるダンスを。だって、このデモ曲はケロの好きな格好いい音楽なんだから。ではるえ先生曰く「ラテンはボディ全体を使って見せるのではくパーツを見せて踊る」「手の先」「鼠蹊部」などなどです。
    来週はMOMOさんも登場して本番さながらに踊るぞ〜!ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

    スクールメイツは、この間の動画を見てステップを覚えようとしますが、なかなか頭に入りません。どうしてなんだろう????
    今日の校長先生のお題で理解できました。動画で先生のステップを真似しようとしてスマホを持ってクルクル回っても身につかないわけです。
    今日のお題「鎖骨を使ってショルダーリードで踊らなければならない」「足型で踊っていたらわからない」からです。そしてそのステップも足の裏ではなくて、膝でステップするということ。だから常に膝が曲がっている状態。それにクローズドの時に止めた左足が5のカウントなら、それに閉じるようにする右足が6カウントではなくて合わせた両足の間が6のカウントなんだよ〜。そして膝と脳が繋がって踊るということ。頭がボケているとできません。
    難しいこんがらがった糸を解くように覚える感覚から、スマートなダンス理論になってきました。校長先生、はるえ先生ありがとうございました。ケロケロ

  • #970

    今日も頑張りま〜〜〜すぅ!( ✌︎'ω')✌︎� (土曜日, 07 11月 2020 22:23)

    前回のレッスンの後、校長先生が素敵な飲み物を出してくれました。
    ソレにアレを入れている間、、、「待て」と言われたワンコのように下を向いて。
    「はい、いいよ」「ワンっ!」なんて言いませんが・・・それでもって、今日も
    「頑張ります〜ぅ!!!」下心見え見え( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    パソレッスン。ケロのパソは潰れているそうです。そこで両足で立って喉仏の高さで足を出したりすることしました。ステップを進める時も両足イーブンです。
    片足上げるとしても両足イーブンです。そしてシャッセケープの時にシャッセ・ターン、ロック、ターンと床から上がってきた気を腰で止めて踊ってしまいますが。
    違う!喉仏から背骨を通って仙骨に行くまでの時間を使って、足を出すということ。そ〜なんだ〜。だから、足を進めるだけの硬い踊りではなくて、あのケープのような、しなやかさが表現できるんだ〜と思いました。そして大事なことは気を抜かないということ。前回と同じですが「気を抜かない」特にパソは気を抜くと牛にやられてしまうので、ケープ役としても気を抜かない。足も太腿も全てです。

    チャチャも気を抜かないことを練習してから次の時間に進みました。
    気を抜かないということは喉仏の範囲だけです。ここの狭いようだけれども、ここだけで踊った方がやはりしなやかで、二人のダンスが拡がりました。へえ〜すご!
    どうしてもケロは右足後退の時にズンと床に乗ってしまう。それは体重を載せるということ。載せる手前です。そうでないと「お腹もお尻もポッコリ出るよ」と。
    OH! NO〜!。隣で踊っている人にも教えてあげなくては・・・
    で、この喉仏で踊る。気を抜かない。手首から抜く。手先からは取り入れて手首から抜く。足首まで気を抜かないで足首先は出していいそうですが、こんな風に踊っているとアレ〜床の上をスリスリ進んでいます。
    鎖骨屏風5枚のこともきちんと理解して踊ると、アレ〜不思議。スリスリからスイスイ・・・床の上を滑るように踊れるようになりました。不思議、満載。
    ロケットを地上近くで常に噴射している状態だそうです。(ちなみにワルツは大気圏を超えるそうですが)噴射、噴射、噴射でマジ今日も頑張り、ご褒美いただきました〜校長先生、ありがとうございます。次も頑張りま〜す!ケロケロ

  • #969

    止まっている時もなんかせいや〜!ってゆうてた (木曜日, 05 11月 2020 23:01)

    残業をしたくないのでお昼ご飯を食べながらパソコンのキーを打っています。
    それでも毎日、仕事が山積み。(T . T)
    パソコンを打っている手指の先から気が抜けないので足から気を抜いているでしょと先生に言われました。あ〜納得です。

    パソレッスン。デスクワークの為か?左坐骨神経痛。先生が手当てをしてくれました。仙骨が詰まっているということです。人は上顎と下顎の下を使って歩行しますがダンスは上顎を使って歩き踊ります。だからとても高い位置。上顎は目や鼻や耳に繋がり呼吸をします。先生は気を取り入れると言っていました。
    だから上顎、目の下辺りの表現が豊かになり、ここを見せて踊ります。
    気が抜けていくのは手首。足から気を抜けてはいけません。
    「やった気がする」というのは気を外にめいいっぱい抜いてしまうということ
    これでは駄目です。高い上顎で踊り、手首から気を抜けて踊るとパソがまた違った表現になりました。へぇ〜へぇ〜すごいです。
    チャチャも相変わらずケロは足で踊ってしまう。つまり足から気が抜けているということ。手首から気を抜けるように踊ることをチャチャでもしました。
    逆に足から気を抜けないようにするということは足のスタイルが綺麗に見えるということです。気をつけます。
    あ〜そうそう、今日のブログテーマはどうしてもケロは足で踊って、足で止まってポーズを取ろうとしてしまいます。先生は「止まらないよ」と言っていました。
    そして鳥居先生の奥様が「止まっている時もなんかせいや〜!」と怒っていたそうです。そう、静止しているようでも踊っていることが大事ということですね。
    校長先生、今日も最後まで( ˊ̱˂˃ˋ̱ )ありがとうございました〜ケロケロ

  • #968

    鎖骨を運動させる ポキポキ٩( ᐛ )و (火曜日, 03 11月 2020 23:22)

    カワサキシスターズのレッスン。MOMOさんが仕事を終えて急遽、参加してくれました。お疲れ様〜。3人が揃うのは貴重なレッスンです。
    はるえ先生が「ボン!ボン!って音が出るように踊らないと駄目!」と。
    ステップ、振り付けの意味、表現も確認しながら細かいところも教えていただきました。

    スクールメイツは前回休みのケロはヴェニーズワルツからスローフォックストロットまで振り付けが進んでいて困りましたが。。。なんだ。みんなも団子状態です。
    ( ̄∀ ̄) 校長先生がスタンダートの素養ができていないと。
    それもスローの基礎が出来ていない。理解できていないというわけです
    そこで左右の目の上と下の流れの線と左右のショルダーの向き
    さらに肩甲骨で踊るのでなく置いておいて、左右の鎖骨を動かして踊ることを教わりました。鎖骨で踊らないとダンスにならないそうです。
    左右の鎖骨の端と胸骨丙に繋がっているところの右左。合わせて5箇所の屏風を
    動かすそうです。そしてこの鎖骨を鉄棒の逆上がりにしたり、前廻りにしたりしてとにかく鎖骨を運動させることが必要だそうです。
    レッスン後にダンベルを片手に持って挙げる姿勢。鎖骨、上腕でそして大腿、寛骨あたりまで使って上げ下げする。下腹部も使って。。。表情が出てきました。
    めちゃ、面白い!鎖骨を意識して踊ること。練習していきます。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #967

    両目の8の字 (土曜日, 31 10月 2020 22:37)

    一発目のパソ。。。「今日はデレデレじゃなかったね〜」と先生に言われました。
    薬の副作用で本当に一つ一つの動作が、とても疲れます。
    そこで先生が神経麻痺の薬が届いているところを有効に使えるようにとレッスンを進めてくれました。有り難いです〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    一つ目は、両足でのアペル。ケロは全身で飛び跳ねるのでカエルのまま
    上腕、肩、臀部、大腿の4箇所をバラバラにして上腕肩が下に臀部大腿が上に床の二つの圧を圧縮するようにしていきます。練習、練習
    そして肩を回すというとケロは腕まで一緒に回してしまいますが、肘を動かさないで肩だけ回す、また膝を動かさないで両寛骨を回す。これだけでダンスの動きになります。で、、、またとても疲れる。集中すると疲れる。
    先生が集中するところを左右の眼窩に沿っての8の字。眉間で交わる8の字
    ここに集中すること。外国人ダンサーはここの強さながありますが、日本人の顔はのっぺり。この8の字で踊ることを教わりました。この8の字はダンスのボディも作ってくれます。先生の8の字の高さにも合わせて踊りました。そしてこの8の字に下顎、口部分を横から合わせていきます。背骨にも通るようにしました。
    パソが力強くなってきます。デレデレではありません。
    スパイラルターンはこの8の字を左右捻れるようにしていくことだそうです。そうしないとスポットターンになってしまう。
    チャチャチャになると、またまた8の字大事にすることと前回の無意識で踊ることをそして頸椎を置いていきながら顎先で踊ることを練習しました。
    やはり外国人ダンサーは顎先がしっかり離れています。日本人は顎先がくっついているのがわかりました。
    とても勉強になります。まだまだ練習が必要です。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #966

    意識を仕舞い込んで、無意識で踊る٩( ᐛ )و (木曜日, 29 10月 2020 23:33)

    一昨日の夕方、研修会の講師を依頼されて90分話をしてきました。ケロの看護人生を織り交ぜながら聞いている人が飽きないように・・・感想を沢山頂きました。「感動して涙が出た」「スピーチの表現が良かった」と。有り難いです。
    で、考えました。同じシナリオでも表現者によって違うよな〜
    ダンスもそう。。。観客にどう届けるか。。。ってなことを考えていました。

    今日のお題は「無意識で踊るということ」すっごい難しいよ〜٩( ᐛ )و
    でもケロなりに理解できたこと。やはり自分がどう踊るかではなくて、観客にどう届けるか、魅せるか。これが「意識的」
    だからリーダーとは「無意識」で踊るということになる。
    感覚的には自分の身体がしなやかになるし、軽く踊るようになって、先生曰く「ナチュラル」と言っていました。
    そして、それだけだと柔らかいというより弱々しい。で意識を自分の中に仕舞い込むことが必要です。パソなら出した手の意識を下腹部、内臓に。チャチャなら胃の真ん中チョイ下ということです。
    今のダンサーは意識の強さを身体の外に見せているので、一度見たらリピートしてみたいと思わない。けれどマーカスやドニーは無意識で踊っているので、どうやって踊っているのだろうと何度でも観たくなると言っていました。
    うんうん、わかるう〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    そして無意識はターンの時に床に足を置いて、点にして回ろうなんて考えない。
    苦手だったキューバンブレイクステップも無意識なら速く回るし、ぐらつかない。
    ケロは神経を麻痺させる薬を飲んでいるので、反射神経が全く駄目になってしまっていますが、この無意識で踊ることでまた今までと違ったダンスを魅せることができる!左頭部から右頭部に、その逆をすることでチョイワルツの軽さも体験!
    校長先生、今日も大事なこと教わりました。ありがとうございました。ケロケロ

  • #965

    上下を合わせる (日曜日, 25 10月 2020 21:33)

    赤いパソドレスがやっと届きました。
    ん?ん?う〜ん?袋を開けても開けて、黒い生地しか見えません。
    赤はどこ行ったぁ〜!?オーダーを間違えたようです。とほほ、、、(T . T)
    まっいっか。校長先生もイイよと言ってくれたので、今回は✂︎も入れるところもありません。小物を少し足します。赤いダルマ、ちゃう、ちゃう。

    ケロの体調の悪さを先生が見つけてくれました。お産の後の「膣」の正しい戻し方が悪いそうです。下腹部の「肛門。膣。尿道」(男性もそれと同じ器官。)
    この器官の内圧と外圧のバランスが悪いから、肛門よりになっている。だからオケツの方に抜けてしまうようです。格好悪いわ〜
    それだけでなくこの外圧とバランスが悪いので、顔の方に歪みが来てしまうそうです。観客は踊り手が健康で楽しく踊っているのを観て自分も楽しむ、踊り手が苦しみながら踊るのは観たくない・・・当たり前のことですが。日本人ダンサーの苦しそうな顔。。。観たくないですね。
    そこでお題は、肛門よりの膣を、逆に膣よりの肛門のバランスに正して。パソの場合はこの膣の横壁を沿わせるように足を出します。男性の精管の横にまとわりつくように踊るそうです。チャチャは真っ直ぐにします。種目によって変えます。
    だから、尿道。膣。肛門をいつもフレキシブルに動かせるようにしておくことが必要と言っていました。
    そして先生は内圧でケロの外圧をリードするのでケロも外圧を意識して踊るようにと言われました。確かに今まで自分の中ばかり動かすことをしていました。

    このレッスンをした後にマヤさんと一緒に正しいボディバランスを教わりました。それは座った状態で肛門の下からの圧と、食道からの上からの圧を上下を合わせて
    喉仏まで気を巡らせるようにしますがそれは両手をホールドを組むように輪にして前で指を組みます。それが正しいボディバランスでダンスにも必要
    これが健康なバランス。。。ケロはこれができていないから歪みが出るそうです。
    先週から顔面神経痛を治療を痛み止めから神経麻痺の薬に変更しました。
    神経が麻痺されるのでなかなか辛いです。一日中眠い、だるい、脳みそがバカになって魂と肉体がバラバラになった状態。でもこうやって、正しいボディバランスを教わり、健康でいられるようにして、乗り越えよう!冬祭りの発表が悔いなく踊れますように頑張ります。校長先生、ありがとうございました。ケロケロ

  • #964

    高貴な下腹部 (火曜日, 20 10月 2020 23:24)

    はるえ先生の囚人ダンス。今日はMOMOさんは夜勤で休み
    マヤさんと二人で特訓です。最後までの振り付け、ステップを覚えました。
    完璧です( ✌︎'ω')✌︎
    あとはMOMOさんを入れて4人でちゃんと踊ることが出来るか?
    漫才にならないように格好良いダンスを目指します!

    スクールメイツも振り付け、ステップが増えました。
    クルクル、クルクル回るので目を回す生徒さんもいます。
    リバースターンにナチュラルターン、フラっカールステップ・・・
    う〜ん確かに目が回るわ〜
    今日のお題は下腹部で高貴に踊るということ。どうしても横隔膜で格好を作ろうとしますが下腹部で踊った方が自然にステップができました。
    そして女性はスカートの裾を持って踊りますが、西欧の高貴な女性というイメージが必要です。
    男性は燕尾服の襟を持ってカッコつけて。
    そして最初のウォークも下腹部から肛門の方に向けて、腸も全て高貴に見せて歩くということ。な〜る、な〜る。今日は校長先生のステップを動画に撮らせていただきお休みの生徒さんにも理解できるようにしました。
    ってか、自分も覚えるためですが。。。( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #963

    どっぷり治療していただきました〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ ) (日曜日, 18 10月 2020 15:05)

    ケロ診療所の土曜日のお昼すぎ。「一人分余りました〜お願いしま〜す!」とナースが言いました。インフルワクチンの1バイアルには二人分入っています。それを週明けまでに残してません。余りワクチン第1号で注射しました。不調ついで。「痛くないようにしてね・・・オネガイ」( ;∀;)

    今日のお題は校長先生に言われました、ダンスのベースが出来ていない。
    初心者のうちにやっておくべきことをしなかったからなぁ・・・と。
    (なんじゃ???それは???)
    足に乗ることだそうです。へっ?乗ったらいけんのじゃなかったすか?
    ケロは進行方向にスタスタ行ってしまうそうです。基本の足に乗るが出来てないそうです。先生曰く、体重を乗せるのでなく、反射を乗せるということ。
    それは右頭の反射を左頭に伝えて左頭から左胸、左足に下に伝える。その時に右がなくなってしまうということです。だから右も左もなく身体の真ん中でスタスタ・・・「あ〜わかる・わかる」だから右も左も在るが大事なんだな。
    食堂の洗って使う箸って言っていました。同側だそうです。
    ケロ、左と右の手と足を使って同側で歩いてみた。新種のロボットやぁ〜!
    ちょっと違うらしい。「できる・できる」にまだならない。
    絶不調のケロには反射が無いらしい。特に左顔がやられているので駄目です。回路が繋がっていないようです。う〜泣きたいっす(T . T)
    そこで2時間目のジュリアナチャチャ・・・レッスンの殆どがどっぷり治療していただくことになりました。特に自分でも無感覚になってしまった強度の肩こり。
    岩石か鉄鍋か・・・先生もう〜んう〜んと唸りながら押します。有り難いです。
    パソコン病だわ。一日中、パチパチ、パチパチと画面とにらめっこ。
    冬祭りまで、元気に過ごしたい。踊りたい。自分自身でもイイ生き方できるように
    していきます。校長先生、大変お世話になりました。ありがとうございました〜
    ケロケロ╰(*´︶`*)╯♡

  • #962

    ケロの三段活用法( ✌︎'ω')✌︎ (木曜日, 15 10月 2020 23:14)

    「わかる・わかる」「できる・できる」「私やります!」
    これがケロの三段活用法です。校長先生のレッスン内容はとても深くて、時にとても難しいことを言われます。そのお題がわかったり、出来たり、そしてデモ本番で「やる」ことを求められる時に活用します。が、今日、先生に言われました。
    「自分で発見することも大事ですよ」と。そこんとこまでの過程・・・( ✌︎'ω')✌︎
    パソのお題は、足で吸う、手で吐く。そしておち合うところは顎。
    手は恥骨から左右対象にしますが、両足は左耳にコンパスのようにして動く。
    だから身体の真ん中で立たない。動かない。左耳が大事ということが分かりました。この左耳で踊るとあれ〜!?今までこんなポーズ、とったことないですよ〜
    先生曰く「何度もパソに挑戦するということは、その上のスキルを上積みしていくということ」「同じものを見せない」って・・・その通りです。
    前回と同じものを見せるなんて嫌だぁ〜っていうのがケロのポリシーっす。
    ジュリアナチャチャは、振り付けステップが増えてきます。
    臓器売買からやはりギャングに追われるそうです。ギャハハは〜
    で、ソロではなくて、カップルで見せるアイソレーションのステップに挑戦。
    先生とケロが左右、入れ替わる。それも速い動きで・・・でも、オバサンケロが遅い。そこでお題は先生が両肺を広くする。逆にケロの両肺をキュと小さくする。内臓もさらに小さく。求心力。それとケロの発見は「左耳で動くとブレずに速く移動できる」ことが分かったことです。先生はケロの発見と言ってくれました。
    イエ〜い✌︎('ω'✌︎ ) 
    そしてさらに速くするには、母趾球を使って、先生の母趾球にひっかけるようにして、そして左耳から右耳を平行にして移動するということでした。
    ねっねっ!先生のレッスンは深くて難しいです。が、こうゆう時に「わかる」「できる」「私、やります」ってケロは自分自身を奮起させて頑張っているんです。ᕦ(ò_óˇ)ᕤ 出来るとホント楽しいですよ。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #961

    徹底的に紳士淑女に!d( ̄  ̄) (火曜日, 13 10月 2020 23:23)

    カワサキシスターズのレッスン日です。夜勤の予定だったMOMOさんが日勤に変更になり出てきてくれました。ありがとう〜!
    ケロのバースディーダンスを盛り上げようとマヤさんが小道具を手作りしてくれました。ありがとう〜!
    担当教師のはるえ先生が昼夜、振り付け作成に集中してくれて、ケロがこの曲で踊りたい!とワガママ言ったことに応えてくれて、最後までステップを作り上げてくれました。ありがとうございます〜!
    こうやって、みんなで創り上げていくシスターズは大盛り上がり!
    今は未だ格好悪いけれど、コスプレの似合う格好良いダンスになる(ハズです)

    スクールメイツの紳士淑女ダンスは最初のお題が小節で踊るということ。それも2小説で。だから6カウントと。
    そして紳士の歩き方。ただの歩行ではないこと。この6カウントと「リレードウォーク」女性をエスコートしてウォークする際、男性は女性より後方で歩くということ。歩行はスカスカとエスコートなしで歩いてしまうということ。スタンダートの歩き方です。
    そしてナチュラルターンの右足後退の時。左バストを下げて右バストを上げるボデイスタイルですが視線が大事です。顎先と後頭部の立体の下に目を下げる。床を舐めるようにしてバストを交差してということ。(ちなみにラテンは立体の上に目を上げる)バストを使うと目の表情も豊かになります。
    また、このバストの交差する使い方を交差した肩甲骨で動かすとサイドに伸ばした手がしなやかになりました。
    バストを使おう!大きくても小さくても関係ないそうです。
    それならケロにも出来る!校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました。〜ケロケロ〜

  • #960

    ケロ探しを始めるぞぉ〜� (土曜日, 10 10月 2020 22:33)

    ケロの子供3人がそれぞれ巣立って、ほっとしているのと寂しいのとが混じり合って複雑です。でも子供たちのためにも子離れしなくちゃ。ケロ自身の人生を楽しみ、豊かにしなくちゃ。と思っていました。
    でも何か力が湧いてこない・・・先生がそのカラクリを説明してくれました。
    実は、二日前のレッスンの時にケロの両親の求心力と遠心力を切り離したそうです。だからケロのなかはエネルギーが空っぽ状態。どうりでスカスカです。
    両親を切り離したケロはこれからケロ自身で卵巣、卵子にエネルギーを充満させることが必要ということでした。初期化されたコンピューターならどんなアプリをインストールするのか?これからのダンス人生でケロ探しを始めます。
    それで120歳になった時にケロばぁが、周りの人を愛し、また愛される人でいられるように。そのようにダンスを踊りたいです。

    パソドブレでは、肩甲骨と鎖骨、前後のズレを見せること。このズレこそがケロ自身だそうです。とかく日本人はボディのバックで踊る。そうではなくてフロントで踊る。フロントとは左右の顔が交差して左右の胸にバッテンとなるところです。身体あちこちにバッテンがあります。ラテンはそのバッテンを上から下へのテンションで、スタンダートは下から上にします。どちらのできるようにすることが大事です。そしてそのバッテンをリーダーのバッテンと組み合わせるようにします。
    スカスカのケロの中に少しづつエネルギーが足されてきました。
    ジュリアナチャチャ。衣装を先生に見てもらいました。新種のキャバ嬢( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    そして、やはり先生が前後と横からみたボディバランスを整えるために、糸と針を持って修正してくれました。ホント有り難いです。
    で、衣装を着たら、さらにノリノリで楽しいです。ケロが先生から逃げ出すステップは臓器売買のギャングから?それともナンパ男から?逃げるの?
    な〜んて言いながら踊っています。
    自粛突破ダンス、ぶっ飛びが必要です。これもホントのケロ自身。
    だから楽しい!校長先生、今日もありがとうございました〜人生哲学、勉強になりました。ケロケロd( ̄  ̄)

  • #959

    卵子とニューハーフダンス( ͡° ͜ʖ ͡°) (木曜日, 08 10月 2020 23:28)

    「人は歳を重ねて老いていくのではない。理想を捨てた時から老いていく」
    ・・・てなことが、今日、訪問した高齢者住宅の玄関に掲げてありました。
    なるほど、確かにです。今日もケロの理想のダンスをKDSで追求していきます。
    幸せです。*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
    パソレッスンのお題は、老化防止のダンスということでケロの卵子だけでなく、思春期の頃に何処かに行ってしまった精子のこと。卵子は求心力、精子は遠心力。この遠心力で踊ることが老化防止ということ。自分の中で卵子と精子を持って、ぎゅーっと凝縮させていきます。
    え〜っと、ケロは大人になるにつれて卵子の女らしさだけになってしまいましたが、いわゆるオ○マ、ニューハーフは女らしいところを選りすぐって身につけているのでそれを模倣すること、そして、女らしさはもっとここに有るのよって踊ることだそうです。うんうん、何故か分かる。
    そして肉体と遠心力で踊るということ。遠心力とは広がった先で、はかなく消えていくということだそうです。上に挙げた手の先から遠心力の表現です。

    チャチャでは、この卵子で踊るということ。ニューハーフになったつもりでジュリアナ扇子を持って歩きます。そして遠心力で踊る。卵子を使って踊る。
    ものすごく楽しいよ〜身体の中の気の流れが今まで以上にしなやかになりました。
    先生は、女性は月の求心力、男性は地球の遠心力、二人で踊ることで太陽までの動きが見えるようなることが理想と言っていました。ダンスの理想が明確になりました。だからケロはKDSで歳をとらない気がするのです。
    久しぶりにMOMOさんと二人でレッスンを受けましたが、MOMOさんも先生に治療を受けて元気に帰っていきました。
    校長先生、今日も元気と若返りをいただきました。ありがとうございました〜
    うん、チャチャチャ〜♪ケロケロ

  • #958

    この冬は自粛突破祭り(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ (火曜日, 06 10月 2020 23:15)

    いよいよ今日は衣装合わせの日です。
    カワサキシスターズは、たぶん、今、最高に、盛り上がってるゼィ〜!
    衣装をつけて、ノリノリ?オリオリ?
    横ではブラザーズのレッスンですがジリン先生が横目で見て、笑いを堪えているのが分かります。
    校長先生も「ダンスというより、衣装で盛り上がるな」と言っていました。
    いやいやダンスがあってのコスプレなので頑張りますᕦ(ò_óˇ)ᕤ
    でもマヤさんとケロ、お互いの格好を見て大笑い〜きゃははははははっ〜

    スクールメイツは真面目。品よく優雅に紳士淑女の社交界デビュー。
    今日のお題はウィンナーワルツのこと。そう今回、ワルツと思っていたら、ズンちゃっちゃっ♪っていうやつですが、先生がイメージができるようにとウインナーワルツについて教えてくれました。
    ウインナーワルツは、左右のスウエイを鎖骨でかけていく。それも6拍子でナチュラルターン、リバースターン。それもとても速いので上下の動きもなくほとんどフラットの足で進めていくそうです。なるほどです。従って、今回のスクールメイツのデモはナチュラルターンとリバースターンを綺麗に品よく見せていくことが大事ということでした。フレッカールというターンはこの二つのステップを部屋の角から、究極に小さくしたステップですよと言っていました。これもまたな〜るほどです。
    海賊から、囚人コスプレにジュリアナチャチャに、今年の冬祭りは「自粛突破祭り」です。すっごく観客を盛り上げて、自分たちも楽しみたいです。
    頑張りま〜す。校長先生、はるえ先生ありがとうございました。ケロケロ

  • #957

    左の開放と右の緊張 (土曜日, 03 10月 2020 22:24)

    土曜日のレッスンはマヤさんのレッスンと同じ時間帯です。
    マヤさんも左首肩が詰まるようです。校長先生が払ってくださいますが、「ひん曲がっている」と。で、「ケロケロノリノリダンスを教えてあげて」いうので、ケロの母指を使って左右の鎖骨端に向かって踊る。これは横の気の流れですが。マヤさんもやってみたら「あっ!良くなった」と言っていました。このケロノリダンスは縦ばかりで踊る私たちに必要なダンスのようです。

    1時間目のパソのお題は「頸椎は天に吊られるように」「腰椎は地に近くなるように」ストレッチすることです。先生の吊っている頸椎にケロの頸椎をケープが回るようにして踊ります。また先生は「男は魚半身、女は魚一匹」と言います。それは男性は真ん中ではなく、外れたところに位置していますが女性は後頭部と下顎を繋げた真ん中に位置するからだそうです。例えばフロアにエスコートされて歩くときに男性が真ん中で歩かれると女性はとても歩けません。そーゆーことだそうです。いつも女性は真ん中にいるようにします。
    2時間目のチャチャは・・・六本木ジュリアナから、キャバ嬢です。
    で、チャチャの魅せるところは、開放です。真面目なチャチャは観客もみたくないそうです。左もみあげで開放し、右もみあげでボディを緊張させていきます。
    これが根の真面目なケロにはホントムズカシイ。Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
    頭をホイップクリームのように軽く甘く、フワフワと・・・先生にロックステップであちら、こちらに連れて行かれます。ケロ「こりゃ、ナンパされたと思ったら、外国に売られそうですね」校長「うん、臓器売買だね」
    お〜い、お〜い、先生、ちゃうでしょう(T ^ T) 
    とにかくダンスはストーリーと言われる先生なので、今回のチャチャもめちゃ、面白いダンスになりそうです。ケロノリノリ頑張りま〜す( ✌︎'ω')✌︎
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ。

  • #956

    非常灯を使って、丸くして、踊ってみるd( ̄  ̄) (土曜日, 03 10月 2020 16:15)

    このグログも数日遅れてアップします。
    顔の発作が酷くて泣いていました。先生に治療してもらいながらレッスンを受けました。先生〜ありぎゃとお〜ごじゃいますぅ〜(ToT)(泣きながら言っている)

    どうしてもケロは超肩こり症で首から肩、肩甲骨にかけての緊張が半端ないです。性格?職業病?今日は下顎とフロントの胸骨を緊張させるけれど、背面を緩めることを教わりました。
    この下顎ですが、通常の日本人ダンサーは床に立った頸椎を踏ん張って踊っています。これだと身体のあちこちに支障がきます。ケロは顔に出てしまいました。
    頸椎ではなく、下顎だそうです。そしてこの下顎を強く意識するためには後頭突起とその下、下顎あたりにダイヤルが2個あってこのダイヤルを右に左に回しながら踊ることをしました。ケロが右に向こうとすると左肩、左鎖骨端全てがくっついて右に向いてしまうということです。左鎖骨端は置いて置くことだそうです。難しいけれど気をつけます。また足のステップを進めるときにどうしてもインサイドにしてしまうのがよくない。
    特にケロの背部全体がパンパンに張って硬くなっているのを先生が左右の母指を中心にして踊ると自然に足の小指側のアウトサイドにステップできることを教わりました。
    2時間目のチャチャでも母指を左右対象の鎖骨端に合わせて踊ることで背部の緊張感が緩まり、気の流れが良くなることがわかりました。
    先生がリハビリだと思ってやりなさいというので、ケロは家でも踊っていると、おとーちゃんが面白そうに見ています。ケロ、ノリノリ〜( ✌︎'ω')✌︎
    そしてパソでは頭にダイヤル二つつけましたが、チャチャでは「非常ベルの非常灯を頭につけて〜」それを点灯して踊る。さらに半球の非常灯を先生の頭の半球と合わせて球体にして踊るということしました。球体なので頭の上で転がすようでした。ナンジャ〜こりゃ〜って感じで体全体が柔らかくなります。
    2時間踊って、先生の治療を受けてケロの身体の中の気の流れ、血流も良くなって、昨日からず〜〜〜っと寝てしまいしました。先生が「脱ぎ捨てたくなる感覚になる」と言っていましたが、ホント、その晩は掛け布団をはいで、はいで、はいで暴れてました。何もかも凄い先生です。
    先生ありがとうございました。またダンス頑張ります。よろしくお願いします
    ケロケロ

  • #955

    脳神経をぶつけないようにΣ( ̄。 ̄ノ)ノ (土曜日, 03 10月 2020 15:56)

    数日過ぎてブログをアップしますm(_ _)m
    9月29日の火曜日のシスターズレッスン。本来であればケロは理事会のため欠席でしたが、この日はマヤさんもMOMOさんも初めて揃ってのレッスンになるということでだいぶ遅れての途中参加になりました。
    フロアで踊る二人を見て。「やってる、やってる」とニコニコ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    その後、はるえ先生の指導でケロも入って最初から3人で踊るところまで振り付けの確認ができました。来週はコスプレしてさらに今回のダンスのイメージが出来上がるようです。振り付けとダンス指導ははるえ先生、衣装係はケロ、盛り上げ役はマヤさんとMOMOさんです。冬祭りを沸かせるために頑張ろう!!!
    スクールメイツは真面目。。。なんて言ったって社交の基本ですから、優雅に品よくスタンダートの基本を学びます。
    この日のお題は脳神経でした。左右の上顎関節と下顎との間で脳神経のバランスを上品に保って左右、上下の関節にぶつからないように踊ることだそうです。
    な〜るほど( ̄∀ ̄) 確かにみんなの顔が違ってきます。ケロのパートナーのキヨさんの美しいこと・・・(*^o^*)
    校長先生は、ホイスクの動作とか、まだまだ出来ていないと言います。でもきっと良くなると思います。スクールメイツもみんなで頑張ります。ケロケロ

  • #954

    ナルトのトウチョウチョウ??? (土曜日, 26 9月 2020 22:38)

    「ゼントウチョウとコウトウチョウ、トウチョウチョウ」・・・
     蝶々のことでも、東京都庁の変換でもありません。間違えました
    「前頭頂・後頭頂・そして頭頂部(百会)」です。そして「尾骶骨、恥骨、会陰」校長先生がこの漢字熟語をペラペラ、ペラペラ、ペラペラ、ペラペラ、ペラペラと淀みなく説明するのでケロの頭の中が・・・・

    それはパソレッスンのお題でした。身体の横から見た頭部・胸部・腹部・そして四つ目の湾曲があって先述の頭と股のところに気が通る管のようなものがあって、その前後の湾曲が波打つようになるのですが。女性は背部、バックの方が強いそうです。男性は前面、フロントが強い。そこで女性はリードを前頭頂で受けて尾骶骨で動く。後頭頂は恥骨の方にとなりますが、それもまた単純なことでなく、「渦巻=ナルト」が頭と股のそこに三つあって複雑に渦巻いているので、歩く姿と表現する姿、そして百会と会陰の管のような箇所の3つの姿で踊るそうです。
    難しいので前頭頂と尾骶骨のこの2箇所を踊ってみてと言われ、「あ〜鶏の鶏冠と尾っぽですね」(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎ まあ、それでも良いそうです。まずはイメージだから。このナルトが大事。
    ジュリアナ チャチャ。今度は数字の理論で頭の中が崩壊しました。
    いや崩壊した方が良いのだろうけど、めちゃ真面目なケロにはチャチャの乾燥カラッと馬鹿になって踊ることができません。つまりはこうです
    昔またはケロがチャチャをパーティ〜で踊った時は、ツー・スリー・チャチャチャで踊っていましたが、今はワン・ツー・スリー・チャチャのツーとチャチャでアクセントをつけてワンとスリーは固まって動かないそうです。
    先生はコロナ時代に昔は良かったね〜と思う人たちに向けてリメイクのダンスを提供するのだけれど、昔のままのダンスではいけなくて、今風にリメイクすることが大事と言っていました。コロナ時代の新たなダンス様式ですね。
    それにしても漢字に数学に、ケロのトウチョウチョウから煙が出てきそうでした。
    楽しく弾ける。楽しく踊る。自粛冬祭りも絶対、何か起きるぞ〜╰(*´︶`*)╯♡
    校長先生、今日も良い汗かきました。ありがとうございました〜ケロケロ

  • #953

    オケツ4:6で分ける (木曜日, 24 9月 2020 23:26)

    早朝4時に緊急電話が鳴って飛び起きました。受け持ち患者さんが自宅で旅立たれたと言うこと。息子さんが「ありがとう、ありがとう」とほっとしたようでした。ケロの在宅看護の信条は「介護者に残酷な介護体験をさせない」ことです。
    ケロ自身も責任を終えてホッとしました。
    今日の校長先生のレッスンでは新型コロナウィルスで元気をなくしている社会に「いのち」を見せると言うこと。観客がそれを欲しているということです。
    どんなことにも目的がある。頑張ろう・・・ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

    パソレッスン。ケロはどうしても身体を左右半分、五分五分にして踊っているということ。舞踊の力強さを見せるには肛門ちょい左を境にオケツを左4:右6に分けることが必要です。それを頭までボディを分ける。ダンスのカタチが変わってきました。そして頸椎7番目。この頸椎から進めるということ。7番目から左右の上腕を見せて、この頸椎から顔を向ける。
    ついこの間までワルツを踊っていたので、どうも先生の高い位置についてしまいます。この7番目から肋骨下についてグランドサークルステップも踊っていきます。
    う〜ん、パソは何度か踊っているので、蘇ってきたぞ〜( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    2時間目はジュリアナ チャチャです。冬の自粛祭りはこちらの方にウエイトを置くそうです。ステップもどんどん進んでいきます。
    「はい、最初から」「はい最初から」・・・映画ロケでいえば、テイク20くらい
    踊ったかも。汗びっしょり。顔の痛みも良くなりました。寝ぼけた頭もスッキリです。だからダンスは楽しいんだよなぁ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
    先生が、「4:6で踊って」「五分五分だから、次の手が取れない」と言っていました。オケツ4:6を忘れません。また頸椎7番目から肋骨下を意識して踊ること。チャチャもパソも同じです。ダブルで勉強しています。
    校長先生、今日も沢山踊れました〜ありがとうございました〜ケロケロ

  • #952

    社交の基本 (火曜日, 22 9月 2020 23:24)

    4連休も終わり。明日からまた忙しい毎日と考えると憂鬱になります。
    少しでも楽しいことを・・・レッスンに行きました。

    カワサキシスターズは、連勤続きのMOMOさんがダウンしてしまいました。
    冬祭りに向けて、4人で踊るのが一番の目標です。MOMOさんが負担にならないように、はるえ先生がアレコレと考えてくだり、ストーリーも変更です。
    面白くて格好良いダンスになりますよ。
    スクールメイツは、MOMOさん、マヤさん、KANさんがお休みでした。
    静かなレッスンになりました。な〜んちゃって。
    今日も校長先生が社交の基本を教えてくれました。なんせ、ついこの間まで海賊だった私たちですから・・・良い姿勢とは頸椎7番から反ると言うこと。
    普通は5番から体を反ったり、横を向いたりしてしまいますが。この頸椎7番から上を向き、手を横に出してとしていきます。この時肋骨は下に下ろします。
    肩甲骨の上と下を区別します。身体の横に落ちている物を優雅に拾うこともしました。社交の基本だそうですが、、、大変です。明日筋肉痛の予感です。
    でもこれが出来るようになると普段の姿勢も変わってくると言っていました。
    頑張りますᕦ(ò_óˇ)ᕤ
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました。ケロケロ

  • #951

    銀河の求心力 (土曜日, 19 9月 2020 23:17)

    4連休をとるために1日頑張ったケロは昨夜9時に布団に入って目が醒めたのが12時間後でした。今日1日も絶不調。校長先生のレッスンを受けてやっと自分の身体に戻りました。KDSはケロの治療院です。╰(*´︶`*)╯♡

    校長先生がケロの冬祭りから来年への戦略を練ってくれました。
    冬祭りパソは通過点として今踊に向けて仕上げていくと言うことです。
    そのパソで(チャチャもそうですが)二人で踊るダンスの引き合い、銀河の求心力で踊ることを教わりました。小指の引き合いです。そしてパソはアンダーバストから肋骨下の狭い間で踊ります。自分の外は求心力、自分の中、内臓は遠心力。だから反対方向に内臓を見せていきます。
    昔のダンサーは遠心力で踊っていましたが少し前のダンサーは求心力。今では遠心力も求心力もどちらも必要だと言うことを理解しました。
    チャチャチャの方は小道具を持って、辛口セクシーガールになるように求められるチャチャダンスです。どんどん振り付けが増えていきます。めちゃ楽しい!
    おまけのレッスン
    冬祭りパソの衣装写真を先生に見てもらいました。
    ケロ「ここに黒の・・・」先生「みっともない!」超辛口先生です・・・ケロはもうなれてしまったので思わず「ケッケッケッ!」と大笑い。
    その衣装を見て先生はバランスを考えています。肋骨下の部分に目がいくように片手にリボンのような30cmつけること。耳飾りをつけると視線が上にいってしまうので不要と言うことです。な〜るほどです。衣装もアクセサリーもダンスの邪魔にならないように、ダンスを生かすように考えることが必要です。
    ダンスの奥深さをまた知りました。先生について勉強しています。
    校長先生、今日もありがとうございました〜ケロケロ

  • #950

    冬祭りは宇宙空間のパソとチャチャチャ (木曜日, 17 9月 2020 23:27)

    午後の3時間。ぎゅーぎゅー議題詰めの会議が終わった途端に全身疲労。
    車の中で泣きそうになりながら帰りました。その様子を見ておとーちゃんが大丈夫か?と心配してくれましたが・・・ダンスに行って復活です。

    出来るだけ表に出さないようにしますが校長先生はケロの不具合をすぐに見つけます。男は痛みを精子の外に、女は卵子の中に痛みをためてしまうそうです。
    だから痛みを外に出すようにすることが必要だそうです。
    冬祭りのパソ・・・曲が「狂宴・乱舞・・・なんちゃら」って言う曲名だそうです。ケロがクレイジーではなくて今の世の中が狂っているそうです。
    そしてこの曲はピアノをヒトが座って弾くのですが、頭の中は熱情で一杯だけれど指のタッチは座っていない、乗っていないところで弾いている。だからパソを乗っていないところで踊って見せると言うことです。

    冬祭りのチャチャチャは誰でも聞いたことがある曲です。ジュリアナの世界です。
    イントロ部分から観客も盛り上がるに間違いないダンスです。
    先生がチャチャチャを踊って見せるのでなく、ストーリーを観客が欲していると言っていました。だから小道具を持って見せて踊ります。
    何度も何度もイントロ部分を練習して汗びっしょり。身体に溜まっていた疲れも
    悪いものも出ていった。先生が言うように痛みが外に出されていったようです。
    冬祭りも弾けて踊れそうです。頑張ります。
    校長先生、今日jもありがとうございました〜ケロケロ

  • #949

    2020今踊追記 (水曜日, 16 9月 2020 19:24)

    2020今踊の自粛発表会は観客にもとても良い影響を与えていたんだなぁと思うことがありました。追記します

    「イロぽかったよ〜」とか、「50過ぎてどうしてあんなに踊れる」とか、
    色々なお褒めの言葉をいただきましたが、ここ数年夏と冬に必ずKDSパーティーに来てくれる介護スタッフがケロにこう言ってくれました。
    「毎日、毎日、仕事に追われて。いっぱい、いっぱいで呼吸をすること忘れていて苦しかったけれど」「ケロさんのダンスを観て、ピンクの衣装がフワッと呼吸をしているのを観て、あ〜呼吸ってこうやってするんだ〜って思い出して。それから呼吸するのが楽になりました」「体が楽になって元気もらいました」と。

    ケロも同じ、いつもいっぱいいっぱいで医療現場は感染防止のために無意識のうちに浅い呼吸です。さらに新型コロナのためにソーシャルディタンス、マスク着用、不要な接触禁止。肺呼吸も皮膚呼吸も不完全な状態です。

    校長先生がケロに選んでくれたケニーGの「シャドウ オブ ユア スマイル」はこの自粛世界の中で良い空気を沢山吸って、元気になれるアンチ自粛のダンス。
    練習期間、この曲を聴くと自然に元気になれました。楽しく聞けました。
    先生はいつもその時の世相と、その時に大切にしなくてはならないことをダンスで表現をしようとしてくれます。
    今回、ケロも頑張って表現できたこと。周りの人の健康まで良い影響がダンスを通じて感じてもらえたこと。どんな褒め言葉よりも嬉しい!!!
    ダンス休まず、辞めず、続けてきて良かったぁって心から思いました。
    彼女はまた次も健康になりたくて、KDS発表会に来てくれます。だからケロも頑張りたいです。発表会の会場、雰囲気も良い空気を沢山吸って元気になれる環境にあったからこそと改めて思いました。先生方、皆様に感謝しながらブログアップします。ありがとうございました。ケロケロ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

  • #948

    冬祭理に向けて始まりました (火曜日, 15 9月 2020 23:16)

    今日から早速、冬祭りに向けてのレッスンが始まりました。
    カワサキシスターズも結成されて、ケロのリクエスト曲ではるえ先生が振り付けをしてくれました。
    今日はMOMOさんは仕事で欠席。マヤさんとケロでイントロの登場部分から教わります。
    12月に向けて頑張ります。
    スクールメイツはパイレーツの雰囲気からガラリと変わってスタンダートです。
    コロナの苦難からいよいよ復興する様を見せていくと言うことです。
    最初の登場から女性役が男性役の周りをターンして周ります。
    ラテンは別々に周りますが、スタンダートは二人が一つになって回る。
    右に左にホイスクのステップは優雅にですが・・・ラテンどっぷりのためにスタンダートの優雅さに欠けているようです。これから、これから。
    校長先生、はるえ先生、今日もありがとうございました。ケロケロ

  • #947

    2020年今踊 (月曜日, 14 9月 2020 17:08)

    桃BOX観客がケロルンバを観て
    「うわぁ、色っぽいダンス〜」「母です」「えええ~っ!?」
    「5*歳です」「えええ〜っ!?」と2度驚いたそうです。
    ケロBOX観客は普段と違うケロダンス4種目を観て
    「全ての演技が、表情が、女優だった〜」と驚いていました。
    ヤッタァ!ケロの今踊は大成功です( ✌︎'ω')✌︎( ✌︎'ω')✌︎( ✌︎'ω')✌︎( ✌︎'ω')✌︎( ✌︎'ω')✌︎

    はるえ先生とのタンゴは、二人の間の緊迫した空気感と男、女の役割交代を綺麗にチェンジするダンスを。
    校長先生とのルンバは、コロナ自粛世界の中でも生きているうちには大事にしていたい男女の駆け引き、遊びのある健康的な生殖器フルのラテンダンスを。
    そしてワルツは何を見せるか難しかったけれど、前夜に先生にいただいた生きている喜びと歳をとっても若い祐気を見せるダンスを。
    最後のパイレーツオブカリビアンは、海賊女船長に扮して最後までその非現実的な世界のダンスを。お客様みんなが大いに喜んでくれた・・・だから最初に書いた感想をいただけたと思います。嬉しい!

    当日のケロは朝から顔の痛みで床に足をつけることも出来ず、時間をおいて痛み止めを2度飲んで会場に向かいました。休日なのに職場の同僚とその家族が玄関前で検温チェックに協力してくれました。この人たちのためにも頑張ろうと思いました。自分の身体のコントロールは上手くいかなかったけれど、痛み止めの副作用に負けないように自分をコントロールして踊りきろうと・・・それが功を奏してか最後まで集中力を切らさず出来ました。終わってからのビールも沢山いただきましたし・・・╰(*´︶`*)╯♡
    人生はいつもいい時ばかりではないし、けれどこうやって皆様に助けていただき、
    2020今踊の思い出はまたケロ人生に大事な宝物になりました。
    校長先生、はるえ先生、ジリン先生、スクールメイツの皆さん、MOMOさん
    み〜んなに感謝!!!!!
    そしてまた明日から始まるよ〜また頑張りま〜すケロケロ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

  • #946

    生きる祐気を取り入れて出す。 (土曜日, 12 9月 2020 21:27)

    満身創痍・・・朝から顔面神経痛が頻繁に出てしまい、3ヶ月ぶりに薬を飲み、半年ぶりにマッサージ治療を受けてきました。
    明日は、今踊なのに、今年は自分の身体をコントロールすることが目標だったのに
    本当に悔しいです。泣けるぜぇ(T . T)

    KDSに行くと、どうもケロだけでなく、体調不良の人が多いと言うこと
    校長先生がここか?どこか?と何度も宝剣で切ってくれました。
    先生曰く「いつも肉体の悪いところを切っていたけれど」「心技体の感情の部分。奥の方を切ってみた」「ここは普通は手を入れないところだけれど皆ここをやられている」と言っていました。
    奥を切ってもらったケロの調子のいいこと。痛みは残りますが自分の芯がはっきり自分でも掴めます。
    ワルツの衣装に着替えたら、またその衣装をつけたケロの悪いところを切ってもらいました。「年齢の限界が出てきていると言うこと」「それも仙骨」
    仙骨の詰まりを通してもらうと、あれ〜そこからウォークが出来る。
    それも若い時みたいに・・・( ˊ̱˂˃ˋ̱ )なんか気持ちイイ〜
    そこから勇気を取り入れて、そこからまた出す。明日の今踊は「上手なダンスは皆、見たくない」「生きている力を見て、持って帰ってもらうように踊ることが大事」と先生が言っていました。
    やってみよ〜、失敗したり、上手くいかなかったら、また先生のレッスンで修行をやり直せばいい。まだまだ沢山の目標がある
    明日は、コロナウィルスでおかしくなった人間世界を嘆き悲しんでいる神様のために、いつも生徒を大事にしてくださる校長先生のために、自分も痛くて大変なのに生徒のために一生懸命努力されているはるえ先生のために、生徒の身近な存在で励ましてくれるジリン先生のために、コロナ禍の中、応援に来てくれる職場のみんなのために。。。そして自分自身のためにどんなことがあっても最後まで躍りきります。皆さんの力を貸してください。校長先生、ありがとうございました。
    明日、よろしくお願いします。ケロケロ  人生の勝負だぁᕦ(ò_óˇ)ᕤ